FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

【  2009年07月  】 更新履歴 

  07.24.  【 第6章 】  第105回   さわりを読む▼


第105回

第6章

  その晩、ステラの部屋から遅くまでヴァイオリンの音色が聞こえていた。 フレデリック=ダルベールは、ずっとステラを独占していた。彼は、かの女に伴奏させて何曲も何曲も演奏した。客たちのほとんどが帰った後になって、彼はやっと演奏をやめた。 彼をよく知る人たちは、彼に忠告し続けていた。彼の片思いは、何があっても報われることはない。いいかげん目を覚ましなさい・・・と。何があっても、ステラが彼の方を向くことは...全文を読む

 更新履歴カレンダー