FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

【  2010年05月  】 更新履歴 

  05.14.  【 第19章 】  第355回   さわりを読む▼


第355回

第19章

  初めは渋っていたステファンスキーだったが、結局ピアノトリオ結成に賛成した。そういう教育法があることを知らせることで、才能ある子どもたちを発掘できるかも知れない・・・というクルピンスキーの言い分を認めたのである。子どもたちの可能性を探るには、早いほうがいい。しかし、このシステムは、まださほど有名なわけでもない。才能ある子どもたちがワルシャワにしか存在しないわけはない。ほかの地域に知られることで、も...全文を読む

 更新履歴カレンダー