FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

【  2010年05月  】 更新履歴 

  05.15.  【 第20章 】  第356回   さわりを読む▼


第356回

第20章

  その日は寒い一日で、細かい雪が降っていた。 初めて<クラコヴィアク>のメンバーがそろうことになっていて、シャルロットは馬車でステファンスキー家に向かっていた。かの女は、ほかの二人を全く知らなかった。心細く思ったが、不安を顔には出さなかった。自分が不安なのを隠すため、かの女は窓の外を見つめていた。 墓地の方に向かって歩いている一団がいた。シャルロットよりほんの少し年上に見える黒い髪の少年が泣いてい...全文を読む

 更新履歴カレンダー