FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

【  2012年12月  】 更新履歴 

  12.22.  【 第71章 】  第1275回   さわりを読む▼
  12.22.  【 備忘記録的なもの 】  12月21日の次の日の日記   さわりを読む▼


第1275回

第71章

 「おはよう、ウラディーミル」イーリスは、窓から葬列を見送っているウラディーミルに英語で声をかけた。「おはよう」彼は振り返ったものの、かの女には興味を示さなかった。 彼が前を見ようとしたとき、イーリスは言葉を継いだ。「具合はどう?」『しつこいね。あっちへ行ってくれ』のかわりに、彼はこう答えた。「元気だったら、こんなところにいるものか」 あまりにも早口だったので、イーリスには聞き取れなかった。しかし、...全文を読む


12月21日の次の日の日記

備忘記録的なもの

 こんな状態ではありますが、とりあえず12月21日を生き延びることができたようですので・・・。12月7日夕方の地震(当地では震度4でしたが)のとき、会社の駐車場におりました。より正確に言えば、車のエンジンをかけようとしていたときでした。つまり、あの長い揺れの間、車の中にいたわけです。緊急地震速報の音を聞きながら。揺れがおさまったとき、最初に考えたのが携帯電話のことでしたから、ちっとも進歩していないこと...全文を読む

 更新履歴カレンダー