FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

【  2013年05月  】 更新履歴 

  05.02.  【 第77章 】  第1406回   さわりを読む▼


第1406回

第77章

  その晩も、ヴィトールドは<ヴァンドルディ>に出かけた。彼は、前日同様カウンター席に座り、コーヒーを注文した。彼はぼんやりしていて、コーヒーが目の前に置かれても気がつかないくらいだった。マスターはわざと音を立てながらミルクの壷を置いた。 食器がかちゃっと音を立てたとき、ヴィトールドは反射的にカップに目を移した。ほとんど習慣的な動作だった。食器の音を立ててはいけないと小さい頃から教育されていた彼は、...全文を読む

 更新履歴カレンダー