FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

【  2013年07月  】 更新履歴 

  07.27.  【 第82章 B 】  第1492回   さわりを読む▼
  07.27.  【 第82章 】  第1492回   さわりを読む▼


第1492回

第82章 B

  ヴィトールドは、シャルロットにその事実を伝えるべきか悩んだ。祖父は、今も変わらずシャルロットを愛している。その思いを伝え、かの女の気持ちを少しでも楽にしてあげるべきだろうか。いや、祖父の弁護はしたくない。たとえシャルロットのためだとしても、祖父が優しい人だということを認める気にはなれなかった。 それならば、シャルロットの前で、祖父を罵倒するしかない。「おじいさまの気持ちはよくわかった」ヴィトール...全文を読む


第1492回

第82章

 全文を読む

 更新履歴カレンダー