FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

【  2014年10月  】 更新履歴 

  10.27.  【 第103章 】  第1894回   さわりを読む▼


第1894回

第103章

  その言葉を聞き、マウゴジャータとギュンターは考え込んだ。 ずっと黙っていたモジェレフスキーが口を開いた。「カロル氏に必要なのは、孫のブレインであって、ナンバーツーになるような人材ではないと思う。まあ、どちらにしても、タデックにそれが務まるかどうかは怪しいものだが」 マウゴジャータは頷いた。「確かに。タデックがそれほどの人物だとは思えないわ。そもそも、彼はそんなものとは無縁の人物だし」 ギュンター...全文を読む

 更新履歴カレンダー