FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第三部」
第55章

第981回

 シャルロットがオーケストラの控え室に入ったとき、団員たちは休憩中だった。かの女が一番驚いたのは、コンサートマスターの席にヴァイオリンが置いてあったことだった。テオドール=フランクは、人一倍ヴァイオリンを大切にする人だ。彼はどこに行くにもヴァイオリンを手放したことはない。その彼が、ヴァイオリンを椅子の上に置きっぱなしでどこかへ行くとは、かの女には信じられないことだった。
 シャルロットはふといたずら心を起こした。かの女は、松葉杖をコンサートマスターの席に立てかけると、ヴァイオリンを手に取った。フルサイズのヴァイオリンはあまり弾いた経験がないので、調弦しながら手応えを確かめ、ヴィエニャフスキーのヴァイオリンコンチェルトを弾き始めた。途中で、誰かがピアノで伴奏を始めた。シャルロットはピアノの音がする方へ頭を動かし、演奏しているのがヴァーク=ブーランジェ氏であることに気づいた。かの女は演奏しながら彼に会釈した。彼は、会釈を返し、首を反対方向にねじった。それを見て、シャルロットは頭を180度回転させた。そして、そこにフランク氏が立っていることに気づいた。かの女は、はっとして演奏を中断した。
 フランク氏は優しい表情でほほえんでいた。
 シャルロットは反対に、彼を少し悲しそうな表情で見上げた。「あなたらしくないですね、ムッシュー=フランク。どうして、最愛の息子をこんなところに置き去りにするんですか?」
 フランク氏は真面目な顔で答えた。「子どもというのは、いずれ、親の手から離れていくものなんだよ」
 シャルロットは首をかしげた。
「どんなに愛していても、親は子どもを天国まで連れて行くことはできない」
 シャルロットははっとして彼を見つめた。
「この子を頼む、シャルロット」フランク氏は優しく言った。
 シャルロットは青ざめ、首を横に振った。「ヴァイオリニストは、生きている限りヴァイオリンと一緒のはずです」
「そうだね、生きている限りは、わたしはこれを手放さない」フランク氏が言った。「でも、わたしは、もうすぐ死ぬ。生きられないことは悲しいことじゃない。心残りなのは、ヴァイオリンを残していくことだけだった・・・。だけど、きみがもらってくれるというのなら、安心して死ねる」
 シャルロットは怒ったように言った。「そんな悪い冗談を言うなんて、あなたらしくありません」
「わたしは、あと3ヶ月後には、この世にいないんだよ」フランク氏は真剣に言った。「このヴァイオリンを頼む、シャルロット」
 シャルロットは、急に、彼が本気だということに気がついた。
「あと3ヶ月だなんて・・・」シャルロットはそうつぶやくように言った。目の前が急にぼやけだし、何も考えられなくなった。
「・・・シャルロット」ヴァーク=ブーランジェ氏がかの女に声をかけたとき、かの女の前にフランク氏はもういなかった。
「ムッシュー=ブーランジェ・・・」シャルロットは涙声で言った。
 ブーランジェ氏は、シャルロットの方に歩いてきた。そして、かの女の耳元でこう言った。「きみは、彼にとって孫娘のようなものだ。だから、本当のことを話しておこうね。彼は、癌にかかっている。もう末期だ」
「じゃ、彼があと3ヶ月の命だと言ったのは、本当だったんですか?」
「残念だけど、本当のことだ。ムッシュー=フランクは、今、この世で一人きりだから、医者も彼に本当のことを話したんだろうね」
「一人って・・・?」シャルロットは首をかしげた。「ヴェルネ夫妻が一緒じゃないですか?」
 ブーランジェ氏はうなずいた。「彼らは、彼の家族の一員だ。だが、本当の家族ではない」
 シャルロットはポケットからハンカチを出し、そっと目をふいた。しかし、涙は止まらなかった。
「きみも、彼にとってはただ一人の孫娘みたいなものだ」ブーランジェ氏が言った。「だが、やはり、本当の家族ではない」
「わたしは、祖父を知りません」シャルロットが言った。「だから、初めて会ったときからずっと、彼の中に祖父を見ていたのかも知れません。本当の家族ではないかも知れません。ですが、彼は、やはり祖父であることにはかわりはありません・・・」
 シャルロットはもう一度涙を拭いた。「彼のようないい人でも、やはり死ぬんですね。死ぬひとも確かにつらいでしょう。でも、残されるひとは、もっとつらいんです」
「わかるよ・・・」ブーランジェ氏が言った。「残されるひとにとっては、苦しみが一つ増えるわけだからね」
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ