FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第三部」
第67章

第1197回

 ジグマンドは弱々しい声で言った。「ミセス=ブリッジ、あなたも、スミスさんの背中の傷を見せてもらったことがあるんですか?」
 そのとたん、ブリッジ夫人は真っ赤になった。そして、口ごもりながら言った。「・・・この人は、若い頃は、酔っぱらうと自慢げに背中の傷を見せて回ったものです」
「そして、あなたは、そんな彼をかっこいいと思った・・・?」ジグマンドは冷やかすように言った。
「いいえ」ブリッジ夫人はぴしゃりと言った。「本物のおばかさんだと思ったわ」
 シャルロットはスミスが真っ赤になっているのを見て驚いた。
「若気の至り、というのでしょうかね」ブリッジ夫人は軽蔑を込めた口調になった。「若い男性って、どうしてあんなにおばかさんになれるんでしょうね?」
 そして、威嚇するような口調で言った。「さあ、みんな、解散!」
 男性たちがすごすごと部屋の方に向かうのを見て、シャルロットは小さな声で訊ねた。
「・・・あなたは、ユーレックさんが好きなんじゃなかったの?」
「結婚なんて、一度でこりごりだわ」ブリッジ夫人は笑いながら言った。そして、立ち止まって聞き耳を立てていたスミスの背中に向かって言った。「・・・足が止まっているわよ、ミスター=スミス」
 かの女は、早足になって去っていったスミスの後ろ姿を見て、若い女性のようにくすくす笑った。
 シャルロットは真顔でブリッジ夫人を見た。
「やっぱりあなたは、今でも彼が好きなんですね、ミセス=ブリッジ」
「あら、代名詞の主格と対格が逆ですよ、シャルロットお嬢さま」ブリッジ夫人は笑った。「・・・さあ、片付けなくては」
 シャルロットは去っていこうとしたブリッジ夫人に優しい口調で言った。「ミセス=ブリッジ、わたし、英文法は得意科目でしたわ」
 そして、真っ赤になってうつむいたブリッジ夫人を一人残し、シャルロットは居間に向かって歩き出した。
 ウラディーミルはピアノの前でうなだれていた。彼は、シャルロットが入ってきても顔を上げようともしなかった。
 シャルロットは彼のほおに冷たいタオルを当てた。彼はびっくりしてその手を振り払った。
「・・・ごめんなさい」シャルロットは謝った。
「どうしてここに来たんだ? ジーグと一緒に笑いものにしていたんじゃなかったのか?」ウラディーミルはうなるように言った。
「助けてくれてありがとう」シャルロットが言った。
 彼は立ち上がった。「ふん。さっきはそう思っていなかったくせに。どうしてそうやって意地悪するんだ?」
「思っていたわ」シャルロットが言った。「あなたが助けに来てくれて、とてもうれしかった。わたし、ただ・・・びっくりしただけなの。まさか、あなたたちが、あんな風に喧嘩するとは思わなかったから。そして、彼が血を流して倒れていたから・・・」
 ウラディーミルは顔をしかめた。「どうして、みんな、あんなに簡単に彼の芝居に引っかかるのかわからない。あの大柄な彼が、ぼくに痛めつけられるわけないって、なぜ気づかないんだ?」
 シャルロットはびっくりして彼を見つめた。
「ジーグは、あれでもフットボールの選手なんだぞ」ウラディーミルはシャルロットの方を見ないまま続けていた。「鼻血が出たくらいで、死ぬような男じゃない」
 シャルロットは目を丸くしたあと、笑い出した。「・・・まあ!」
「小さいときからずっとそうだった。彼は、両親に取り入るこつを身につけていた。喧嘩をしても、叱られるのはいつもぼくだった。よく観察してみればわかる。けががひどいのは、たいていぼくのほうだ。だが、彼が痛そうにしていると、ぼくが叱られた。暴力はいけない。確かにその通り。だけど、いつだってひどく殴られるのはぼくだ。彼は、見えないところを攻撃するからだ」そして、彼はため息をついた。「・・・これ以上話すと悪口になるから、やめておくよ」
 彼は床に落ちたタオルを取り、洗面器の水で洗った。
「ありがとう。これがないと、明日の朝、目の周りにあざが残るところだったよ。ミセス=ブリッジが持たせてくれたんでしょう?」
 シャルロットはうなずいた。
「あのひとがママだったらどんなに良かったことか」ウラディーミルはぼやいた。「かの女がいなかったら、ぼくはこの家で無事にやってこられなかったに違いない」
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ