FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第三部」
第67章

第1208回

 シャルロットは、ウラディーミルと一緒にショパンの2番のコンチェルトの練習をしていた。手応えが感じられる。このまま何もハプニングがなければ、彼は一位になれるはずだ。シャルロットはそう思い、ウラディーミルにもそう告げた。
 これで自分のこの家での仕事は終わったと思ったシャルロットは、シュトックマン=スクロヴァチェフスキー氏と話し合うことにした。
 コンクールが終わったらこの屋敷を出て行きたいという希望をシャルロットが初めて口にしたとき、彼はそれを静かに受け入れた。
「・・・いつか、こんな日が来ると思っていたよ・・・」ヴィンツェンティは穏やかな口調で言った。「きみのほうが言い出さなかったら、わたしが言おうと思っていたんだ。きみを追い出すようで心苦しいので、今まで黙っていたんだけどね」
 言い出したシャルロットの方が驚いた。
「ここに来てから、きみは急に大人になった」彼は続けた。「このままここにいることは、きみのためにならないと考え始めていたところだったんだ」
「どうしてですか?」シャルロットが訊ねた。
「本当は、よくわかっているだろう・・・?」彼は言葉を選んだ。「だから、ここを出て行くと言ったんだろう?」
 シャルロットはうなずいた。
「予測しておくべきだったんだ」彼はかの女から目をそらした。「わたしの息子たちは、二人ともきみに夢中だ」
「二人とも?」シャルロットは驚いた。
「ああ、二人ともだ」彼は答えた。「一人は、すでに追放処分にしている。もう一人は、幸いなことに、今は取り組むものがあるようだがね・・・」
 そして、彼は軽くテーブルに指を走らせた。ピアノを弾くようなタッチで。
「さっき、コンチェルトを聴いた。絶望的な状況だね、あれは」
 シャルロットは意外そうに彼を見つめた。「あのままいけば、彼は優勝できると思いますよ」
「そういう意味じゃない」彼はふうっとため息をついた。「・・・あのコンチェルトを聴いて、わからない? あれは、相当思いつめた演奏だ。彼は、きみに愛の告白をしている」
「・・・そうだと思いました」シャルロットもため息混じりに答えた。「そして、残念ながら、その想いに応えることはできません」
「そうだろうね」彼はもう一度ため息をついた。「本当なら、きみに娘になって欲しいと頼むべきところだと思う。ウラディと結婚して欲しいと、彼の父親としては切に願うところだ。だが、そうすべきではないことはよく知っているよ。アファナーシイさんからも、釘を刺されているしね」
「でも、今すぐにわたしが出て行くことはできません。コンクールが心配だからです」シャルロットが言った。
 彼の手が止まった。「冷たいようだが、それは彼の問題だ。失恋するなら、一刻も早いほうがいいんだよ。出て行くつもりなら、一日でも早いほうがいいんだ」
「でも、わたしは、彼に希望を持たせているつもりはありません」シャルロットは反論するように言った。
「きみにフィアンセがいることは、おりこみ済みの問題だ」彼が言った。「ジーグは、絶望のあまり他の女性に手を出した。相手の女性には気の毒なことをしたが、彼はその女性を愛していなかった。もっとも、相手の女性の方も本気で彼を愛していたかどうかはわからない。もしかすると、かの女が愛していたのはジーグではなく、次期社長夫人の地位だった可能性もある」
 シャルロットは唖然とした。ブリッジ夫人---いや、今はスミス夫人だが---が言うとおりだった。どこまでも、女性は悪者にされてしまうものなのだ。まさか、ヴィンツェンティの口からこんな言葉を聞こうとは思わなかった。
「しかし、ウラディは違う。彼にとって、好きな女性にフィアンセがいるとかいないとかは、たいした問題じゃない。本当に好きな相手なら、本気で奪い取る。彼ならきっとそうするだろう」
 シャルロットはびくっとした。
「彼は、本当に彼の祖父に似ている」彼は言った。「わたしの父のウラディーミルは、恋愛結婚で母と結ばれた。あの当時としては珍しくね。母方の祖父母は、彼にロシア人の血が混じっているという理由で結婚に反対し続けていたんだが---ウラディーミルという名前は、ポーランド人には珍しいだろう?---結局は、彼の熱意に負けて結婚を許したんだ。その一途さが、孫にも遺伝したようだ。名前負けしなかったんだな」
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ