FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第三部」
第71章

第1271回

 三日後、ドニ=フェリーの葬儀ミサがサント=ヴェロニック教会で行われた。わずか十数人だけの寂しい葬式だった。参列者のほとんどが彼の恩師たちだった。同級生のほとんどが戦争のため、この地を離れていたからである。
 棺は、教会を出たあと、サント=ヴェロニック病院の前を通り---ヴィトールドとウラディーミル、そして病院関係者が窓から最後の別れができるように願ったためのルート変更である---パトリック=ド=メディシス通りをまっすぐに町営墓地へと向かった。
 棺をのせた車はゆっくりと道路を走り、その両側にコルネリウスとイジドール=アルノーの二人がついていた。この二人は、ドニ=フェリーの数少ない親友たちだった。ドニにとって親友といえるのは、通称<ドニ=フェリー=カルテット>と呼ばれた残りの三人と、幼なじみのコルネリウスとオーギュスト兄弟くらいのものだ。そして、カルテットのチェリストだったイジドール以外の二人はこの場に居合わせなかった。
「ねえ、本当にヴィオラも一緒に埋めてしまうつもりなの?」イジドールが言った。「彼の形見として、ぼくがもらっちゃいけない?」
 ドニのヴィオラを持って歩いていたシャルロットは、イジドールに言った。「もし、あなたが亡くなったとしたら、チェロを一緒に持っていきたいとは思わないの?」
 イジドールは一瞬言葉を失った。
 その彼に、シャルロットはそのヴィオラの歴史を語った。研究所で最初に作られた弦楽四重奏団のヴィオラ奏者だったルネ=フェリーの話。ドクトゥールは、彼の<功績>に感謝を込めてヴィオラをプレゼントしたこと。小さい頃から秀才だった彼の息子が、幼なじみのコルネリウスと一緒にサント=ヴェロニック校の入試を受けようと思いつき、父親に激しく反対されたこと。その父親の目を盗んで、彼のヴィオラをこっそり借りて練習したこと・・・。父親が亡くなり、ドニはそのヴィオラを相続した。父親の形見でもあるそのヴィオラを演奏し、<ドニ=フェリー=カルテット>の事実上のリーダーだったこと・・・。
 親友であるイジドールは、その話の半分はすでに知っていた。そのエピソードを聞くと、彼はそれでもヴィオラが欲しいとは言わなかった。
「・・・そうか。そうだな。彼は、このヴィオラで、天国でみんなを楽しませるべきだろう」イジドールはそう答え、まっすぐ前を向いた。
 コルネリウスは、その話を聞いていなかった。彼にとって初めて聞く話ではなかったからだが、そのとき彼には別の声が聞こえていたのだ。
『ドンニィ?』
 コルネリウスはあたりを見回した。
『ドンニィ、ぼくだよ』それは、元気だった頃のドニ=フェリーの声だった。
 コルネリウスは、車の中の棺を見た。棺の中が動いた気配はない。
『ドンニィ、いいかい、シュリーを幸せにしてくれ。ぼくが願っているのはそれだけだ。いいね?』
「わかったよ」コルネリウスが言った。
 コルネリウスの声が聞こえる範囲にいた全員が、その声に反応して彼を見つめた。彼は赤くなった。
 コルネリウスは、もう一度棺を見た。確かに声が聞こえた。だが・・・。彼はドニの声がかすれてしまったことを覚えていた。彼が聞いたのはあの声ではなかった。小さい頃からよく知っている声だ。たぶん、錯覚だろう。しかし・・・。
 コルネリウスは、ヴィトールドから、ドニの最期の様子を聞いていた。コルネリウスがドニの臨終に間に合わなかったことをドニは知らずに亡くなった。その場に居合わせたウラディーミルを、ドニは最後までコルネリウスだと思っていた。少なくても、ヴィトールドはそう思っていた。ドニは、ウラディーミルに---偽りのコルネリウスに対して、シャルロットを幸せにするように誓わせた。そして、ウラディーミルの誓いの言葉を聞き、コルネリウスとシャルロットを祝福しながら安らかに旅立っていった。
 偽りの誓い。ウラディーミルはコルネリウスではなかった。ウラディーミルは、本当にコルネリウスのかわりに誓いの言葉を口にしたのか、それとも自分自身の思いを語ったのか? シャルロットは、コルネリウスに対して愛を誓ったのか、それとも、目の前にいた男性に対して・・・?
 コルネリウスは、シャルロットの横顔を見た。かの女にそれを確認するのが恐かった。
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ