FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第三部」
第71章

第1274回

 コルネリウスははじかれたように立ちあがった。「ぼくは、ベアトリスを愛してはいない。ぼくが愛しているのはきみだけだ。だが、ぼくは、きみに手紙を書いた。冷却期間が欲しいと思ったからだ。戦争に行った。この足を失い、ぼくにはわかった。必要なのはきみだったと」
 シャルロットは黙っていた。
「皮肉なことだよね。今度はきみがぼくを拒んだ。きみはあの男のものになった。きみの意志がどうあろうと、その事実にはかわりはない。彼はきみを愛している。きみのために命を捨てられるほどに。そして、今度は、きみが彼のために尽くさなければならない・・・」コルネリウスは普段の彼には考えられないほど饒舌に話し続けた。「そして、ドクトゥール=アンドレはぼくの恩師を使って、なんとかして自分の娘との結婚話を進めようとしている。そうなんだ、きっとそれが正しいんだ。きみには、ぼくなんかよりあのアメリカ人の方がふさわしいし、ぼくは医者になるために、ドクトゥール=アンドレに従うべきなんだ」
「それで、わたしに謝ろうと?」シャルロットは苦いものを口に含んだような表情で言った。「あなたは、好きなようにすればいいんだわ。はっきり言いなさい。ふしだらな婚約者などいらないと。自分にはもっとふさわしい女性がいるのだと。ベアトリスさんと結婚したいのだと。わたしは、あなたを止めないわ。そんな権利もない」
「ロッティ!」コルネリウスは大声を上げた。「違う!」
「違うのなら、ちゃんと説明して。わたしにわかるように、もっと簡単に」シャルロットは冷たい口調で言った。
「・・・わかった」コルネリウスは冷静さを取り戻そうと、大きく息を吸ってからゆっくりと言った。「要点だけを言おう。ぼくは、きみなしでは生きられない。きみを幸せにする自信はないが、きみを愛している。きみはどうなんだ?」
 シャルロットは目を丸くした。その表情がゆるみ、かの女はくすくすと笑い出した。「・・・それって、愛の告白なの?」
 彼はむっとした顔でうなずいた。
 シャルロットの顔にぱっと喜びの色が浮かび、ほほえみが顔中に広がった。
「わたしがどんなにあなたを愛しているか、あなたにわからないはずはないのに・・・」シャルロットは立ちあがりながら言った。そして、コートの一番上のボタンをはずし、ゆっくりとネックレスをとりだした。「・・・これ、何だかわからない?」
 コルネリウスはネックレスを見た。もちろん、彼はそれをよく知っている。彼自身がかの女の首にかけたものだったから。5年前、彼はドイツに留学する前に、かの女にそれをプレゼントした。父親から譲られた銀の指輪だ。あのとき、指輪はかの女の指には大きすぎた。だから、彼はネックレスにつけて首にかけたのだ。
 彼は一歩前進した。そして、ネックレスの鎖を手で引きちぎった。指輪は彼の手の上で転がった。彼は指輪を見つめた。D.コルネリウス=ド=ヴェルクルーズと彫られた小さな指輪。彼の指には小さすぎるが、かの女の手にはどうだろう?
 彼はかの女の左手をとった。
「・・・薬指にはめるのは、まだ早いよな?」彼はそうつぶやいた。
「わたしが、それを望んでも・・・?」シャルロットは彼を見上げた。
 何ということだろう。ここにも天国が広がっている。その青い目を見て、彼はそう思った。
「許してくれ。ぼくが悪かった」コルネリウスはもう一度そう言った。
「あなたは、ちっとも悪くない」シャルロットはつぶやいた。
 コルネリウスは、指輪を小指にはめた。あの歌のように。そして、かの女をきつく抱きしめた。
「愛している。きみを誰にも渡さない」彼はそうささやいた。
「許してくれるの?」シャルロットもささやき返した。「すべて許すと言って、ドンニィ」
 シャルロットは涙があふれるのを止めることはできなかった。
「きみはちっとも悪くない」コルネリウスはそう言い、かの女を押しつぶしそうになるくらい抱きしめた。「ああ、そうだとも。きみは、ぼくだけのものなんだ」
 そして、その力を緩め、空を見上げた。
「聞いているか、ドニ? ぼくは誓いを守る」コルネリウスは空に向かって言った。「この命に替えても」
 シャルロットは、彼の胸に顔を埋め、コートのえりを握りしめて泣きじゃくった。
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ