FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第三部」
第71章

第1280回

 その晩も翌日の朝も、シャルロットは姿を見せなかった。夜勤担当の看護師は、ウラディーミルと口もきこうとしなかった。そんなわけで、ウラディーミルは不安な夜を過ごし、ベアトリスがやってくるまで食事ものどを通らない状態だった。
 ベアトリスは沈んだ顔で部屋にやってきたが、ウラディーミルの顔を見ると、無理に笑みを浮かべた。
「シャルロットは?」ウラディーミルは不安そうに訊ねた。
「出かけたわ」ベアトリスが答えた。「行き先は、お父さまのところよ。サン=ジェルマン=アン=レー。少し遠いから、5日くらいは帰ってこない予定だわ」
 ウラディーミルはまだ不安そうだった。「帰ってくると言っていた?」
 ベアトリスはほほえんだ。「わたしには、そう言ったわ。ただ---そう、不安そうだった。わたしに、くれぐれもあなたから目を離さないように誓わせたのよ、かの女。自分の恋人だと思って世話をして欲しいと言ったわ」
 ウラディーミルはほんの少しだけほほえんだ。「・・・じゃ、あなたは、今日は恋人のそばには行けないの?」
「ちゃんと会ったわ。心配しないで」ベアトリスはそう答えた。「それより、わたしじゃ物足りないでしょうね」
 ウラディーミルは真顔で答えた。「シャルロットはかわいいよ。でも、あなただって、とてもきれいだ」
 ベアトリスは真っ赤になった。お世辞だとわかっていても、彼に言われるとうれしかった。
「今日は、あなたのことを、もっと聞かせて欲しい」ウラディーミルは言った。「恋人は、担当の患者だと言ったよね。受け持ちの患者は、何人なの?」
「あなたを含めて7人よ」ベアトリスは反射的に答え、目をそらした。「・・・これ以上のことは言わないわ」
「ほとんど若い男性なの?」ウラディーミルはほほえんで訊ねた。
「若い男性は・・・」ベアトリスはうっかりそう口にして、怒ったふりをした。「・・・言わないと言ったでしょう?」
 しかし、ベアトリスは、ウラディーミルの目が初めて生き生きとしたのに気づいていた。こうなったら、話さないわけにはいかない。
「・・・あなたには、かなわないわね」ベアトリスは、やれやれ、と言わんばかりの口調で言った。「そうね、未婚の男性は全部で4人いるわ。そのうち、歩行練習をしているのはあなたともう一人よ。近いうちに、ヴィトールドもその仲間入りをしそうなの。そうすると、一日に3人ね。これ以上担当を増やすことは無理だわ」
「もう一人、歩行練習をしている人がいるの?」
「ええ。その人、義足なの。戦争で足を失ったのよ」
 ウラディーミルは言葉を失った。
「これまで、何人かの歩行練習を手伝ったことがあるわ」ベアトリスが言った。「わたしは、歩行練習の時間が一番好き。患者さんが、いつか歩けるようになるという希望を持つのを助けるのが楽しいの。そういうときの、あのきれいな目の輝きが、わたしは好きなの」
「ぼくも、そんな目をしている?」
「ええ。あなたは、いつも前を向こうとしているわ。あなたからは、いつも、強いエネルギーを感じるの。あなたは、生きたいのよ」
 ウラディーミルは反感を顔に表した。
「あなたは、それに気づいていないのね」ベアトリスが言った。「あなたは、正直な患者さんよ。自分が思っていることを隠すことができない・・・。あなたは、いつも、何かを訴えている・・・」
 ウラディーミルは目をそらした。「本当は、シャルロットは出ていったんじゃないの?」
「あなたを置いて?」ベアトリスは目を丸くした。
「ぼくたちは、夕べ、喧嘩をした」
 ベアトリスはほほえんだ。「そのようね。あなたの顔にそう書かれているわ」
 ウラディーミルは顔に手をあてた。
 ベアトリスは笑い出すまいとして、咳払いをした。「でもね、かの女は戻ってくるつもりでいるわ。そうでなかったら、わたしにあんな伝言はしないわ」
 ウラディーミルは真面目な顔をした。「それじゃ、かの女が戻ってくるまで、ぼくの恋人でいてくれるの?」
「あなたが、そう望むのならね」ベアトリスも真面目に答えた。
「あなたの恋人が、それを許してくれるのなら、喜んで」ウラディーミルは言った。
「・・・彼は、わたしの気持ちには、全然気づいていないのよ」ベアトリスは小さくため息をついた。「許すも許さないもないと思うわ」
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ