FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第三部」
第75章

第1368回

 車が見えなくなってから、ゴーティエはシャルロットに声をかけた。
「きみたちも出発してしまうんだね・・・急に寂しくなってしまうな・・・」
 シャルロットは、彼に優しくほほえんだ。「ローザンヌは遠くないわ。またいつでも会いに来られるわ。それに・・・」シャルロットは一瞬言葉を切ってから、赤くなった。「あなたには、長生きしてもらわなくてはならないの。だって、あなたはわたしの父親代わりの存在として、わたしを祭壇に連れて行ってくれる唯一の人物なんですもの」
 ゴーティエは一瞬びくっとしてから、ほほえみを取り戻した。「それなら、一つお願いがある」
 首をかしげるシャルロットに、彼は言った。「どうか、結婚式前に、実は別の男が好きだったという告白だけはしないで欲しい。わたしは、今度こそ、本当に幸せな女性を祭壇に連れて行きたいんでね」
 ぎょっとして彼を見つめるシャルロットに向かって、ロジェが言った。「もし、祭壇の前で待っている男性がぼくなら、大歓迎なんだが。たとえ、ほんとうは別の男性が好きだとしてもね」
「ジョークになってないぞ、ロジェ」オーギュストはいつもの調子でたしなめた。
 そして、全員が大笑いした。
「ぼくは、ガルディアンなんだ」ロジェは言った。「シャルロットを守るようにと、アンブロワーズがつけてくれたペンネームだ。ぼくは、かの女の守護天使なんだよ。だから、命がつきるまでかの女のそばを離れない」
「それにしては、憎たらしい天使だな」オーギュストはそう言って笑った。
 シャルロットは娘が父親にするようにゴーティエに抱きついた。「さようならは言わないわ。また会いましょう」
「またね」ゴーティエもそう返事した。そして、男性たちに言った。「わたしの娘のことは、頼んだよ」
「もちろんですとも」スティーヴンはうれしそうにそう返事した。その表情は、ゴーティエに、亡くなった父親を思い出させた。
「ぼくは、学校に戻らなくてはならない」オーギュストは残念そうに言った。「夏休みには、きみたちのところに行くよ。アレックと一緒にね」
「ぼくも、一度はスイスに行ってみたいと思っていた」スティーヴンが言った。「だが、今は、期末試験が先だからね。学生はつらいよ」
 それを聞き、オーギュストは笑った。
「リオネル=デルカッセによろしく」スティーヴンが言った。「彼は、さぞ立派な医者になったことでしょうね」
「いや、まだ<小説を書く医者>だよ」ロジェは言った。「それに、彼はまだ戦場から戻っていないのではないだろうか?」
「ぼくがアレクサンドル=ド=ルージュヴィルを名乗っていると聞いたら、彼はさぞ驚くことだろうな」スティーヴンはにやりとした。
「いや、たぶん納得すると思うよ」そう言うと、ロジェはスティーヴンを軽く抱きしめた。「・・・それじゃ、また夏にね」
 そのあとで、シャルロットはスティーヴンに握手するために手を差し出した。「裁判のことは、頼んだわ」
「まかせて」スティーヴンはその手を握りかえし、ほほえんだ。シャルロットは、ドクトゥール=ド=ラ=ブリュショルリーがそこに立っているように思え、胸がつまった。
 そして、彼らは二手に分かれた。リヨン駅に向かう二人と、ローザンヌ行きの馬車に乗る二人に。
 シャルロットはロジェの手を借りて馬車に乗った。そのあと、ロジェは、片足がない人間にしては身軽な動作で馬車に飛び乗った。
 それは、彼が以前に書いた小説の中に出てくるシーンに酷似していた。その小説の主人公は、本当は主人公の弟を愛している少女を騙して馬車に乗せ、誘拐同然に駆け落ちしてしまうのだ。
「・・・このシーンに心当たり、ない?」ロジェはにやりとして訊ねた。
 シャルロットもにやりとした。「あなたの<新たな旅立ち>という小説の中に出てくるシーンに似ているわ。主人公のエルネストが、エルネストに騙されたローラを馬車に乗せるシーンよ。まさか、彼が駆け落ちしようとしているとは夢にも思わず、かの女は馬車に乗るのよね」
 ロジェはほほえんだ。「そう。主人公がこう言うんだ。『さあ、出かけよう。忘れ物はないか?』」
「ローラはこう答えるのよね。『わたしは、何も持っていないのよ。あなたの弟に対する愛情以外はね』」
 二人はふきだした。
「『後悔しないか?』」ロジェはエルネストのせりふを口にした。
 ロジェが、本当は小説の主人公と同じ気持ちでいることを知らないシャルロットは、冗談の続きだと信じてにっこりとほほえんだ。「なんだか、わくわくするわ」
 それは、ローラのせりふではなかったが、ロジェはうなずいた。
 そして、彼は御者に出発の合図を送った。
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ