FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第三部」
第77章

第1389回

 1919年の年が明けてまもなく、オーギュストとレヴィン教授はパリへ戻っていった。
 T城にも、静かに日常が戻ってきた。明るさを取り戻しつつあったシャルロットは、デルカッセ医師の二つ目の処方に従い、新しい小説を書き始めていた。タイトルは<マルティール街の人々>といい、短編小説集として企画されていた。フランスのある小さな町にあるマルティール街という通りにある小さな住宅にすむ8つの家族の物語だった。シャルロットがリオネル=デルカッセに出した企画書によると、新約聖書の「8つの幸い」を下敷きにした8編からなる物語だった。そして、最初に企画されたのが《平和を実現する人々は幸いである》をテーマにした話だった。建物の一番上の階、屋根裏部屋にすんでいた一人暮らしの学生の話である。主人公の名はセバスティアン=ドレ。反戦運動に身を投じ、暗殺される若者の話だった。モデルになったオスカール=フランショームのために黙祷を捧げたあと、シャルロットは一気にその短編を書き上げた。
 かの女は、できあがった小説を机の上に置いたまま、落ち着きなく部屋を歩き回っていた。何か不思議な感じがする。その感情の正体がわからない。それは、不安ではなかった。何か悪いことが起こるだろうというのとも少し違う。何か、新しいことが起こりそうな予感。そのできごとは、自分にとって大きな変化らしい。でも、それが何かよくわからない・・・。
 そのとき、フェリシアーヌ=ブーレーズがノックをし、ドアから顔を出した。
 シャルロットは、思わずかの女をにらみつけた。小説を書いているときと何かを演奏しているときに邪魔をしてはいけないときつく言い渡してある。たとえフィアンセのコルネリウスの訃報が入ったとしても、決してドアを開けてはいけないとまで言っているはずだ。
「あら、天地が滅びたのかしら、フェリシアーヌ?」シャルロットは皮肉を言った。
 フェリシアーヌはシャルロットの皮肉に動じなかった。「お客さまです」
 シャルロットはかの女をにらみつけ、不機嫌に言った。「あなたが案内するからには、神さまと同じくらい重要な方なのかしらね?」
 フェリシアーヌは言葉を返さなかった。
「今は、誰とも会いたくありません」シャルロットはにべもなく言った。
「でも、ぼくが会いたいと言ったら・・・?」フェリシアーヌの後ろで男性の声がした。
「だめと言ったらだめよ、ヴィトールド」シャルロットは、その声の主に返事をした。「わたしは、仕事中は、たとえコルネリウスであっても入れるなと言ってあるのよ」
 フェリシアーヌは一歩横に動いた。シャルロットにも軍服を身につけた男性の姿が見えた。
 シャルロットは、彼を見るとくるりと背を向けた。その後ろ姿に向かって、ヴィトールド=ザレスキーはフランス語で声をかけた。
「戦場からせっかく生きて戻ってきたというのに、おあずけなの?」
「あきれた人ね」シャルロットはため息混じりにそう言い、振り返った。「わたしは、軍人は嫌いよ」
 ヴィトールドはゆっくりと机の方に向かって歩き、机の上に出ていた原稿の最初の行を読み上げた。「『平和を実現する人々は幸いである。その人は神の子と呼ばれる』」
 そして、彼は顔を上げた。「ぼくは、それを成し遂げた。命をかけて」
 シャルロットはびくっとしたように彼を見つめた。
 彼は、落ち着き払った動作で元の位置---ドアのところに立っていたフェリシアーヌの隣---に移動した。正式に部屋に入る許しをもらっていなかったからだ。
「わたしは、そんな格好は嫌いよ」シャルロットはきつい口調で言った。「勲章なんて、人殺しの証拠でしかないわ。そんなもので着飾るなんて、恥ずかしくないの?」
 ヴィトールドはにやりとした。「そんなことを言われたのは初めてだ。だいたい、この格好は、パスポート以上の威力がある。この女性も、ぼくの階級章と勲章を見て、ここまで連れてきてくれたのだし」
 それを聞くと、シャルロットはフェリシアーヌに視線を移し、軽蔑したように見つめた。
 フェリシアーヌは『このわたくしが、こんな勲章などに影響されるものですか!』と言いたげに見つめ返した。そして、不満そうに鼻を鳴らした。「この方は、自分がザレスキー家の当主だとおっしゃいました」
 その呪文を唱えられたら、この屋敷の人間だったら誰でも、シャルロットの元に連れてくるしかなかっただろう。シャルロットは諦めたようにため息をついた。
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ