FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第三部」
第77章

第1401回

「ちょっとだけ?」ヴィトールドが訊ねた。
「まあ、欲張りなのね。ちょっとじゃいけない?」
「だめだ。ぼくの心は傷だらけなんだ」そう言うと、彼はため息をついた。「・・・まあ、自業自得だと言われればそれまでだが」
「自業自得?」シャルロットは首をかしげた。「何があったの?」
 ヴィトールドはシャルロットから視線をはずし、ドアの方を見た。それを見て、シャルロットもいったんはドアの方に視線を向けたが、そこに誰かがいたわけではなかった。かの女はヴィトールドに視線を戻さず、持っていた刺繍に目を落とした。
「・・・カフェで、人殺しだと言われた」ヴィトールドは重い口を開いた。
 シャルロットは顔を上げ、ヴィトールドのこわばった顔を見つめた。
「軍人として平気で人を殺したんだろうと言われた」ヴィトールドは続けた。「自分の手を汚さず、人の手で・・・」
「あなたは軍人だったのだから、仕方がないわ」シャルロットはわざとつれない返事をした。
 ヴィトールドはため息をついた。
「でも、ヴァンドルディのメンバーも、いずれはわかってくれるはずよ」シャルロットは慰めるように言った。
 ヴィトールドはもう一度大きなため息をつき、言った。「今、どんなことをしたとしても、死んだ人は帰ってこない。彼らにはすまないことをしたと思っている。そんなぼくに、もう一度人殺しをしろと上層部は言う。もっと血を流す権限を与えようと言う。ぼくが、本気でそんな提案を受け入れるとでも思うのか?」
 ヴィトールドは立ちあがった。「ぼくは、戦場を去るとき、こう誓った。『ぼくたちは、二度と武器を取らない。戦争をやろうという連中が現われたら、命をかけてでもその企てをやめさせる。ぼくたち生き残ったものは、殺されたきみたちに約束する。二度とこんな殺し合いはしない』と・・・」
 シャルロットはうなずいた。
「ギュスターヴ=フェランは、ペンによって、彼らの苦しみを伝えたい。平和は武力によって支えるものではなく、愛によって支えるものなんだ」
「ええ、その通りだわ」シャルロットが言った。
「それに気づくのが、あまりに遅すぎた。だが、これから、何年かけてでも、彼らに償いをするつもりだ」ヴィトールドはきっぱりと言った。
 シャルロットも立ちあがった。「今の言葉、二度と忘れないで」
 ヴィトールドはうなずいた。
「わたしは、あなたの言葉を忘れない。生まれ変わったギュスターヴ=フェランを、わたしは心から祝福します」シャルロットはそう続け、彼の左手を取り、右手を上げた。「・・・そして、わたしは、あなたがこの誓いを忘れない限り、いつまでもあなたの味方であることを誓います」
 ヴィトールドの表情が和らいだ。「何があっても、忘れるものか」
 シャルロットはにっこり笑った。いつの間にか、ヴィトールドもほほえみかえしていた。
 そのとき、玄関で小さな物音がした。鍵を開けている音だ。そして、静かにドアが開き、ロジェが入ってきた。彼は、ホールでシャルロットとヴィトールドが手を握りあっている姿を見て驚いた。
 その表情を見て、シャルロットはぱっと赤くなり、慌てて手を引っ込めた。かの女は、ヴィトールドの手を握りしめたままだということを忘れていたのである。
 逆にヴィトールドは余裕たっぷりににやりとして見せた。「遅かったですね、ロジェ」
 ロジェは酔いが覚めたという顔つきで、ヴィトールドを見つめた。しかし、何も言わなかった。
「あら、早かったのね」シャルロットはさりげなく玄関の大時計を見ながら言った。
「連れが、いつの間にか姿を消していたからね」ロジェはひきつった笑みを浮かべた。
「早く帰ってきてよかったわ。今日は、一人で部屋に帰れるくらいに見えるわ」シャルロットがほほえんだ。
「・・・そうだな」ロジェは少し残念そうに言い、ヴィトールドに声をかけた。「明日の朝、話がある」
 ヴィトールドはうなずいた。
「今日は、ヴィトールドを部屋まで案内するわ。彼に寝室の場所を教えていなかったから」シャルロットはロジェに声をかけ、「おやすみなさい」と付け加えた。
「おやすみ」ロジェが返事した。
 ヴィトールドは、去り際にロジェに耳打ちした。「・・・今日は、酔っ払う演技を忘れましたね」
 ロジェは赤くなり、二人の後ろ姿を見送った。
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ