FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第三部」
第77章

第1402回

 翌日、朝10時頃、リオネル=デルカッセが訪ねてきた。そのとき、シャルロットは玄関ホールのいつものソファに座り、刺繍の続きをしていた。
「おはよう、シュミットさん」リオネルは執事ににっこり笑いかけて手を振った。「今日は、案内が必要なんで頼むよ。ギュスターヴ=フェランの部屋がどこかわからないんでね」
 執事のエルネスト=シュミットはにっこり笑って答えた。「ここをまっすぐ行った突き当たりのお部屋です」
 そして、びっくりした顔をしていたリオネルに言った。「少しお待ち下さい」
 執事は、彼をホールに残したまま姿を消した。
「おはようございます、ドクトゥール=デルカッセ」シャルロットが茫然としていた彼に声をかけた。
「・・・おはよう、シュリー」リオネルははっとして返事を返した。
「今日は、ロジェに用があるのではなさそうね」シャルロットはそう言った。これまで、執事がリオネルをロジェに取り次いだことはない。二人はそういう仲だった。執事が彼を玄関で待たせているということは、ロジェに用があるというわけではないことを意味する。
「ああ、ギュスターヴに会いに来た」リオネルが答えた。「しかし、あの部屋なのか? あそこは、確か・・・」
 シャルロットはうなずいた。
「・・・ドクトゥール=ド=ラ=ブリュショルリーの書斎だった部屋だ」リオネルはそう続けた。「代々のルージュヴィル家の家長が使ったという、由緒ある書斎だそうだね」
「ええ」シャルロットは答えた。
「なぜそこを彼に・・・?」
「ほかに、小説家の書斎として使える部屋がないからです」シャルロットが答えた。
「きみがそこを使うべきだった」リオネルが言った。「そして、きみの部屋を彼に使わせるべきだった」
 シャルロットは赤くなって彼を見つめた。そうだ、この人は、ドクトゥール=ド=ラ=ブリュショルリーに仕えていたことがあるんだった。彼にとってあの部屋は、神聖な部屋だったはずだ。
「そうかも知れないわね。でも、あなたにとってドクトゥールが大切な人だったように、わたしにとってヴィトールドは大切な人なのよ。彼は、わたしたちザレスキー一族の当主なんですもの」シャルロットはそう言った。そして、かの女は刺繍の方に目を落とした。
 リオネルはかの女の視線を追った。かの女の手にあったのは、大きな白い布だった。見たところ、その作品は手がけたばかりのようだ。彼は、その作品がヴィトールドのためのものだと直感した。彼は顔を上げ、もう一度シャルロットを見つめた。そして、彼は奇妙なことに気がついた。
 そのとき、執事が戻ってきて彼に言った。「ご案内します」
 リオネルは黙ってうなずき、シャルロットに軽く手を振った。シャルロットも黙ってうなずき返した。
 リオネルは案内された部屋に入った。そこは、日当たりのよい部屋だった。古風な机が一つ、そしてテーブルセットが置かれていた。そのどれもが、最高級の質のものだった。ヴィトールドは、その部屋に違和感なくおさまっていた。彼は、この部屋の主にふさわしい何かを持っていた。生まれながらの気品。昨日初めてこの部屋に来た人とは思えないような、ずっとこの部屋を使っていた人のような雰囲気を漂わせ、彼は机の上の地図から顔を上げた。そして、ゆっくりとリオネルに歩み寄り、手を差し出した。
「はじめまして、ドクトゥール=デルカッセ」ヴィトールドは、よどみのないフランス語で挨拶した。
「お会いするのは初めてでしたね」リオネルはその手を取った。「リヴィエールとお呼び下さい」
 リオネルは、思わず丁寧な口調で話したことに自分でも驚いた。
「ぼくが、ギュスターヴ=フェランです」ヴィトールドはそういい、彼に椅子を勧めた。そして、リオネルが座ってから自分も座った。「どうか、普通にお話しください。それから、ぼくのことはギュスターヴと呼んで下さい」
 リオネルはうなずいた。
「本来なら、ぼくのほうが伺うべきでしたのに」ヴィトールドは続けた。「昨日はお会いできなくて残念でした。ですが・・・」
 リオネルは小さくため息をつき、こう言った。「とんでもない洗礼を受けてしまったようで、申し訳なく思っています」
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ