FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第一部」
第8章

第145回

 次の日、クラリスはシモン家を訪ねた。
 ちょうどそのとき、彼の家には若い弟子が一人来ていた。かの女と同じくらいか少し年上に見えるその青年は、自分の書いた作品を師がピアノで弾くのをじっと聞いていた。
「・・・マドモワゼル、ヴァイオリンは弾けるかね?」シモンは急に振り返り、クラリスに訊ねた。
「・・・ええ、少しなら・・・」クラリスは答えた。
 シモンは、自分のヴァイオリンをクラリスに渡した。そして、クラリスが調弦しているのを見ながら弟子に言った。
「アンベール君、きみは聞いていてくれないか? 自分が書いたものの響きを聞いてみて欲しいんでね」
 アンベールと呼ばれた青年は、クラリスの方を見ながらうなずいた。
 クラリスは、目の前の譜面を初見で演奏した。かの女は、夢中になってヴァイオリンを弾いていることに気づいた。そして、ふと考えた。この青年は、かの女がこれまでに会った同じ世代の作曲を志す若者の中でもっとも優れた人物である。もし、ヴィルフォールにこの人がいたら、いい刺激になっていただろう・・・。
 アンベール青年の作品は、煉瓦を一つ一つ積み重ねていくような、あるいは一本の直線を定規を使って丁寧に書くような・・・そういうたとえがぴったりするような音楽であった。頑丈であり、知的でありながら、繊細さを失っていない・・・しかも、時計の振り子が規則正しく左右に動くように、彼の音楽には規律があった。バローが感情と情感を持って新しさを音楽に吹き込もうとしているとすれば、アンベールは理性で新しい音楽を築こうとしているかのようであった。
 演奏が終わると、シモンは若い弟子に譜面を指し示しながら説明を始めた。
 クラリスは、ぼんやりとその様子を眺めていた。
「・・・ぼくは、満足していません。書きたいように書けないんです」青年が言った。「いや、書きたいと思うような音がないんです」
「いや、ないんじゃなく、見つからないだけだ」シモンが言った。
「そうかもしれません。ぼくは、自分の音を探しているんです」青年が言い返した。「でも、音を並べると、それは、必ず、誰かの音なんです」
《・・・いいえ、ならんだ音はアンベールの音だわ。でも、これは、シモンの音楽だわ・・・》クラリスはそう思った。
「近い将来、きみは、作曲家の肩書きをつけて歩くことになるだろう。大勢の作曲家の中でテオドール=アンベールがひときわ輝くためには、自分らしさを作っていかなければならない。たとえ、50年、60年かかろうと、努力を怠ってはいけない。若いきみには、つらいことかも知れないけどね・・・」シモンが言った。「メランベルジェを見たまえ。彼が認められたのは、もう70歳近くだった。彼がメランベルジェという作曲家になったのは、65を過ぎてからだった・・・。それに比べれば、きみはずっと幸運だ。きみには、自分が見え始めている」
 クラリスは、青年を見ていた。この人は、きっと大作曲家といわれるような人になる・・・かの女はそう思った。彼が自分のスタイルを確立するのは、時間の問題に思われた。そして、かの女はそれがうらやましく思えた。
 テオドール=アンベールが帰った後、クラリスは持ってきた作品をシモンに見せようとした。書きかけていた45番目の交響曲だった。
 表紙を見て、シモンが言った。
「・・・それじゃ、きみは少なくとも44曲の交響曲を書いているんだね? 失礼だが、何歳かしら?」
「19です」クラリスが答えた。
「アンベール君と同じだな・・・」シモンが考え込んだ。「きみは、45も交響曲を書いているのに、どうしてわたしのところに来たのかね? これだけ作品を書いていて、まさか、書きたいものが見つからない、なんて言うんじゃないだろうね?」
 クラリスは答えられなかった。
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ