FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第三部」
第81章

第1470回

「これは、ダージリンだね?」ヴァークが言った。「それも、最上級の」
 ロジェはうなずいた。ほぼ同時に二人もうなずいていた。
「ヴィンテージものです」ロジェは言葉少なく答えた。
「きみたちは、贅沢に暮らしているんだね」ヴァークはため息をつきながら言った。「やはり、われわれとは育ちが違う」
 シャルロットはヴァークに言った。「彼は、コックの修行をしたことがあるんです。今は、小説を書いていますが・・・」
 ヴァークは驚いたように言った。「・・・そう。進路を間違えたのかも知れないね。あなたは、コックになるべきだった」
 ロジェは笑った。「わたしがシェフの元を去ろうとしたとき、彼もそう言いました」
 それを聞き、シャルロットの表情はくもった。さっき、ヴァークとサヴェルネ教授の話をしたばかりである。ロジェとその師との間で、自分とサヴェルネ教授と同じような口論が起こったに違いないと考えると、かの女の心は沈んだ。彼の師がどんなに彼を手放したくなかったのか、想像がついたからだ。
 ロジェはシャルロットの表情を見て、明るく言った。「おや、きみも同じ意見だったのか、シュリー?」
 シャルロットは顔を上げ、無理にロジェにほほえみかけた。「わたしは、あなたが選んだ道について意見できる立場じゃないわ」
「シャルが考えたのは、恐らく自分のことだと思うよ」ヴァークがロジェに言った。「この子も、ヴァイオリニストにならないと言って師匠の元を飛び出した。そのときのことを思い出したんだと思う」
 ロジェは眉を上げ、《そんなことがあったのか?》という表情を浮かべた。しかし、何も言わなかった。この場でシャルロットの気持ちが一番わかるのは、ロジェ自身だったかも知れない。だからあえて何も言わなかった。
「わたしは、自分の選択を後悔していません。だから、サヴェルネ教授には会いません。彼に謝ることは何もありません」シャルロットはそう言い、自分の紅茶を口にした。
 そのとき、ヴァークはシャルロットが思いもかけないことを言い始めた。
「たぶん、ジョゼフはきみに会いたがっている」
 それを聞くと、シャルロットは意外そうな顔をした。
「今のきみを見れば、間違っていたのは自分の方だったと彼も気づくに違いない」ヴァークは続けた。「きみは、自分の選択に自信があるのなら、彼に会うべきだ。会って、『わたしは間違っていませんでした』と言いなさい。彼はきっとわかってくれるはずだ」
 シャルロットは首を横に振った。
「ジョゼフは、自分からは動かない。たとえ、どんなにきみに会いたかったとしても、だ」ヴァークはそういい、また紅茶を口にした。「だからこそ、きみが彼に会うべきなんだ。謝れとは言わない。確かに、きみには彼に謝ることは何もないかもしれない。だから、会いに行くだけでいいんだ。ジョゼフもきみに謝罪の言葉は言わないだろう。だが、きみたちは和解できるはずだ」
 そして、ヴァークはロジェに言った。「あなたの師匠も、相当苦しんだと思いますよ、これだけの弟子を手放したんですから・・・」
 ロジェはほほえみを引っ込めた。
「あなたは、先生にはお会いしましたか?」
「いいえ」ロジェが答えた。「彼は、未だに手紙をよこしますけどね。小説をやめる決心がついたらいつでも帰ってこい、と」
 それを聞くと、シャルロットの口元がゆるんだ。「それも、頻繁に」
「彼は、未だにわたしを手放したとは思っていませんよ」ロジェはそういうと、物思いにふけるような表情になった。
 ヴァークはロジェからシャルロットに視線を移した。
「・・・いや、ジョゼフは間違っていない」ヴァークがぽつりと言った。「きみは、音楽を捨てることはできないんだ。何があっても。その意味では、彼は正しかった」
 シャルロットはうなだれた。
「きみは、ザレスキー一族だ。何があっても、その事実は一生きみについてくる」ヴァークが言った。「きみは呼吸するように自然に音楽を身につけてしまった。きみが呼吸を続ける限り、音楽はきみについて回るだろう。その意味では、きみは生まれながらの音楽家なんだよ。だからこそ、きみは、自分の言葉ではなく、自分の音楽によって、大切な人間を助けようとしたんじゃないのか? もしきみが本当の小説家だったら、ヴァイオリンではなく、ペンを取ろうとしたのではないだろうか?」
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ