FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記 SIDE-B」
第82章 B

第1488回

 ウラディーミルが話し終えたとき、シャルロットは窓の外の鳥たちに視線を向けていた。
 ウラディーミルは、シャルロットに小説のあらすじを説明した。なぜ作者がヴィトールドだと思ったのかも付け加えた。
「どうして、コルネリウスと別れたのかは知らない。でも、本当にヴィトールドでいいの?」最後にウラディーミルはこう訊ねた。
 シャルロットはしばらく黙って考えていた。
 やがて、シャルロットはぽつりと言った。「・・・彼だけは信じられると思っていたの」
 その答えを聞くと、ウラディーミルは驚いたように言った。「思っていた? なぜ過去形なんだ? 彼は本気だ」
 シャルロットはうなだれた。
「ファンタジー」ウラディーミルも外に視線を移した。「わたしには、彼の気持ちがわかる。彼があの小説を書き始めたとき、きみたちは何らかの理由で喧嘩していたんだろう? もしかすると、しばらく顔を見ることさえしなかったのでは?」
 シャルロットは驚いてウラディーミルの方を見た。
 しかし、ウラディーミルはぼんやりと外を見ていた。「彼は、虚構の世界の中で恋人への愛を書いた。はじめは3人の子どもたちの幼い愛だった。だが、作者がヒロインを愛しているのはよくわかった。あんなに愛情あふれるタッチだったからね。もしかすると、ヒロインは彼を選ぶのではないか・・・そう思えるような個所さえあった。が、途中で雰囲気が変わった。オルシャンスキーがヒロインを求める気持ちがだんだん切実になっていったからね。オルシャンスキーの気持ちはよくわかった。かつてのわたしがそうだったから・・・」
 シャルロットは青ざめ、下を向いた。
「そして、オルシャンスキーは、かつてのわたしと同じ行動に出た」その言葉を聞き、シャルロットは身を震わせた。
 ウラディーミルは優しく言った。「・・・だが、実際のヴィトールドは、きみに何もしなかったんだろう?」
 シャルロットはちいさくうなずいた。
「だが、小説の方は、あくまでも虚構として幕を閉じなければならなかった。ヴィトールドが選んだのは、ステレオタイプな幕引きだった」ウラディーミルが言った。「ファンタジーのヒロインは、悲劇的な死を迎える必要がある。だから、彼はヒロインを自殺させなければならなかった。そうすることで、虚構の世界が終わるんだよ」
 そして、彼は優しく言った。「あれは、彼の人生観を書いたものじゃない。愛する女性に、自分を裏切るくらいなら死ねと本気で言える男性がいるだろうか? わたしだったら、どんなことがあっても、愛するひとにはずっとそばにいて欲しいと思う。わたしだったら、愛する女性がどんな過去をもっていたとしても、すべてを受け入れる。それが、愛というものじゃないのだろうか?」
 シャルロットは涙をこぼした。
「ヴィトールドだってきっとそうだ」ウラディーミルが言った。「彼は、きみを愛している。あの小説は、そう読むべきなんだ」
 シャルロットは涙声で言った。「どうして彼を弁護しようとするの?」
 ウラディーミルはふっとため息をついた。
「なぜだろうね。そうだな、今でもきみが好きだから・・・かな?」
 シャルロットは驚いて彼の手をはなした。今までずっと彼の手を握りしめていたことを忘れていた。
 彼は小さな笑い声を立てた。「・・・今の言葉、聞かなかったことにしてくれるかな?」
 シャルロットはそっぽを向いた。そして、涙を拭いた。
「彼を信じている。きみのためなら死んでもいいと言った彼の言葉を、今でも信じている」ウラディーミルは優しい口調で言った。「彼になら、きみを任せられる。それが、理由だ」
 シャルロットは肩をすくめた。
「最後に、どうしてもきみに言っておきたいことがあるんだ。つらい話になるが、聞いて欲しい」ウラディーミルは真面目な顔でそう言うと、真剣みを帯びた口調で言った。「あの夜のことなんだ」
 シャルロットは脅えたように彼を見た。
「わたしは、きみに対して乱暴な行いに出た。つらいことだが、一つだけ思いだしてほしい。きみは、あのとき、痛みを感じたか?」
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ