FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記 SIDE-B」
第82章 B

第1495回

 その翌日は、前の日よりもさらに不思議な一日となった。
 その日は、ロジェが朝食の準備をしていた。リビングで、シャルロットは手紙の分類をしていた。たいてい、一番たくさん手紙を受け取るのはロジェだ。そのほとんどが仕事の手紙である。新人作家の原稿か、ファンレターが中心だ。シャルロットに手紙が来ることはそう多くはないが、ほとんどが私信だ。ヴィトールドには、ロジェ同様スイス経由でファンレターの山が届くが、私信はほとんどない。
 ところが、その日、ヴィトールドにポーランドからの手紙が届いた。差出人は、ライモンド=コヴァルスキー。
 シャルロットからその手紙を手渡されたとき、ヴィトールドの顔に浮かんだ表情は当惑だった。前日、祖父のアファナーシイの手紙を読んだばかりだったので、ライモンドが何を書いてきているかだいたい想像がついたからである。だから、彼はその手紙の封をその場では開けなかった。
 その日、ヴィトールドは昼食に現われなかった。
 シャルロットは、前日の彼のように、3時に彼の部屋を訪ねた。
 ドアを開けたとき、ヴィトールドは書斎にいた。机に肘をついて、ぼんやりとしていた。机の上には何ものっていなかった。彼は原稿を書いていたのではなかった。
「トールディ・・・?」シャルロットはそっと声をかけた。
 顔を上げたときのヴィトールドの表情に浮かんでいたのは、苦痛だった。
 かの女は口を開こうとした。そのとき、ノックの音がした。
「・・・どうぞ」ヴィトールドは生気のこもらない声で言った。
 顔を出したのは、執事のシュミットだった。彼は、手に電報を持っていた。
「ポーランドからです」彼はそう言うと、ヴィトールドに電報を手渡し、そそくさと部屋を出て行った。
 ヴィトールドは物憂げに電報を開いた。そのとたん、彼はまるで雷に打たれたように立ちあがった。手には電報を握りしめたまま、彼はあらぬ方向を見つめた。その体は小刻みに震えていた。
 シャルロットは声もかけられずにその様子を眺めていた。かの女の頭の中に、警報が鳴り響いていた。何か、悪いことが起こった。だが、それを聞きたいとは思わない。その電報の中味を知ってしまったら、取り返しがつかないことになるかも知れない。かの女は、電報の中味が想像できた。だから、それを知りたくはなかった。
 かの女は、黙って部屋から出ようとした。
「行かないでくれ」ヴィトールドは、まるで小さな子どものような心細い声を出した。「頼む、今は・・・一人にしないでくれ」
 警報は、最大の音量で鳴り響いている。だが、かの女の足は動かなかった。
 ヴィトールドはゆっくりとかの女に近づいた。そして、まるで体を投げ出すようにかの女に抱きついた。その唇から嗚咽が漏れ、小さな子どもが母親にするようにすがりついてきた。
 シャルロットは黙って彼を抱きしめた。聞かなくてもわかっている。アファナーシイ=ザレスキーの身に何かが起こったのだ。
 シャルロットはゆっくりとソファの方に移動した。そして、彼を抱いたままソファに腰掛けた。かの女は泣いている彼の背中を優しくさすり続けた。やがて、彼の呼吸が穏やかになり、かの女は彼の重みを感じた。彼は、かの女にもたれかかったまま眠ってしまったのである。
 シャルロットは彼をソファに横たえ、立ちあがった。電報は彼の手に握られたままで、読むことはできない。
 かの女は、彼を残したまま部屋を出ようと思った。
 そのとき、かの女は、暖炉の上に手紙が一通あることに気がついた。便箋は、封筒の外に出ていた。かの女は、読むべきではないとは思ったが、中味を見たいという誘惑に負けた。


親愛なヴィテック
 大変なことが起こった。ザレスキー氏が倒れたのだ。生死を争う状態だ。急いで帰ってきて欲しい。



 最初の一行を読んだとたん、シャルロットは事態を悟った。
 間違いない。アファナーシイ=ザレスキーが亡くなったのだ!
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ