FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第三部」
第87章

第1590回

 オーギュストは振り返り、こちらを見ていたザレスキー夫妻に言った。
「筆記用具しか入っていない」オーギュストは不思議そうに言った。「どうして、彼は、一番上の引き出し、なんて言ったんだろう?」
 それを聞き、二人も首をひねった。
 そのすきに、オーギュストはその封筒をこっそり机から抜き取った。そして、何食わぬ顔で引き出しを閉め、兄の枕元に戻ってきた。「きみも中を確認するか、シュリー?」
「いいえ、今はいいわ」シャルロットは答えた。
 オーギュストはロジェの枕元のそばにあった椅子に座った。そして、心の中でロジェに呼びかけた。
《これでいいんだよね? もし、シュリーがあの手紙に気づいたとしても、たぶんドンニィに渡さないで焼いてしまうだろう。きみはかの女にそうして欲しいと言ったんだものね。だけど、ぼくはドンニィにこれを渡す。きみは、本当はそれを望んでいるんだろう、ロジェ?》
 オーギュストは、自分の決断が間違っていないと信じた。ほんの一時間前だったら、一時間後にこんなことを考えることになるとは夢にも思っていなかったはずだ。自分が一時間後、ヴィトールドと和解して、さらにコルネリウスとシャルロットが和解する手助けをすることになる、と誰かが彼に告げたら、『正気か?』と言ったはずだ。
 そのとき、突然ロジェは目を開けた。彼の目はオーギュストをとらえた。そして、シャルロット、ヴィトールドと視線を移し、もう一度シャルロットを見つめ、うれしそうにほほえんだ。
「シュリー」ロジェは苦しそうにそう言うなり、目を見開いた。
 驚いたシャルロットがロジェのそばにかけより、その手を取ったとき、ロジェの魂はすでにこの世を去ってしまっていた。
「ロジェ!」シャルロットはそう叫び、わっと泣き出した。
 オーギュストとヴィトールドがロジェの死に気づいたのは、その一瞬後のことだった。
 オーギュストはロジェの手を握りしめ、声を上げて泣いた。ヴィトールドはうつむいたまま身動き一つしなかった。
 やがて、オーギュストは涙を拳でふき、出し抜けに立ちあがった。
 しかし、最初に口を開いたのはヴィトールドだった。「リオネルに知らせなくては」
 ヴィトールドが部屋を出ようとしたとき、オーギュストが言った。
「トト」オーギュストは昔のように彼に呼びかけた。「ドンニィに知らせるのは、ぼくに任せてくれないか? 彼にはきちんと事情を知らせる手紙を書く。ロジェの葬儀は、その返事が届くまで待って欲しい。頼む」
 ヴィトールドはうなずき、部屋から出て行った。
 シャルロットはロジェと二人きりで部屋に残された。かの女はぼんやりと彼を見つめ、彼が笑みを浮かべて横たわっているのに気づいた。ほんの少し前まで、あんなに苦しそうな表情をしていた彼が笑っている。なんという穏やかな表情だろう。もう、この世に心残りはないのだろうか?
 心残り・・・?
 シャルロットは、ついさっき---に思えた---書きかけていた原稿を置いた机の方に視線を戻した。彼の<愛の死>は完成していなかった。だが、彼は、自分にかんするものを一つも残すなと言い残した。かの女は、彼が息を引き取ってまだ間もないというのに、最初のジレンマに立たされていた。あの小説の運命はどうなるの?
 そのとき、シャルロットは、ロジェのほかの<遺言>のことを忘れていた。コルネリウスと仲直りするよりも、目の前にある小説の運命を思った。
『ロジェ、あなたは、ほんとうに<全部>処分して欲しいの? あの小説も? ほんの数時間前まで一緒に書いていたあの小説をも、あなたは処分しろというの?』シャルロットはロジェに呼びかけた。
 もちろん、ロジェが返事をするわけはない。シャルロットは彼の穏やかな表情を見つめたあと、涙をふいた。
『いいえ。わたしには、そんなことはできない。たとえあなたの望みであっても・・・』シャルロットは彼に向かって心の中でそう言った。『この小説を処分することだけは許してちょうだい、ロジェ』
 そのとき、廊下で人の声がした。続いてノックの音がして、オーギュストが部屋に戻ってきた。彼は黙ったまま兄の枕元にある椅子に戻り、冷たくなった手を取った。それを見て、シャルロットももう一度座り直した。
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ