FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第三部」
第87章

第1595回

「・・・これまで、あの子の気持ちをあまり理解してあげていなかったのかも・・・」シャルロットがつぶやいた。「聞き分けが良すぎる子だと思っていたけど、本当は、彼ももっと甘えたかったのね・・・」
「今からでも、まだ遅くはないさ。いっぱい甘えさせてあげればいいんだ。その機会はたくさんある」ヴィトールドが言った。
 オーギュストは無表情になった。「・・・この場で言うと、冗談には聞こえないぞ」
 二人は、その言葉を聞くとはっとして黙った。
「これからは、あなたの分も甘やかしてあげるわ」シャルロットは横たわっているロジェに向かって言った。「あなたがいなくなっても寂しいと思わないくらい、いっぱい・・・」
 それを聞いたオーギュストの目が潤んだ。
 シャルロットはさりげなくこう続けた。「・・・でも、今は、スターシェックは勉強の時間だわ。それに、わたしも出かけなくてはならないわ。ロジェのそばについていて、ミュー。そして、留守番、お願いね」
 オーギュストは何度かまばたきしてから答えた。「頼んだよ」
「・・・ぼくも行ってくる」ヴィトールドが言った。
 オーギュストはウィンクした。「ゆっくりして来いよ、たまには二人きりで」
 ザレスキー夫妻は目をぱちくりさせた。
「さあ、早く行って」オーギュストはそう言いながらシャルロットの背中を軽く押した。そして、ヴィトールドに聞こえないくらいの声でそっとささやいた。「・・・気づいているか、今日が何の日か?」
 シャルロットは振り返り、にっこりほほえんだ。「ええ、もちろん」
「それならば、いい」
 オーギュストはもう一度ウィンクし、ロジェのそばの椅子に戻った。
「支度をしてくるわ。15分後に、玄関で」シャルロットはそう言って部屋から出て行った。
「それでは」ヴィトールドも軽く頭を下げ、シャルロットに続いて出て行った。
 支度をするといっても、外出用の黒い服に着替えるだけである。ただ、シャルロットは、きれいに包装されている小さな箱をバッグに入れるのを忘れなかった。その箱の中身は、ヴィトールドのために買ったネクタイピンだった。この日は、ヴィトールドの30歳の誕生日だった。シャルロットは、もちろん、それを忘れてはいなかった。ただ、『おめでとう』という言葉を口にするのにふさわしいタイミングを考えていただけだ。オーギュストも、さりげなくそれを察してくれた。だから、彼は、わざと昼間の時間帯に訪問したのだ。シャルロットは、オーギュストのさりげない思いやりに気づき、そのチャンスを生かそうと考えた。せっかく夫と二人きりになれるのだから、そのときプレゼントを渡そうと考えていた。
 二人は教会の前で別れた。シャルロットはひとりで葬儀のための打ち合わせに、ヴィトールドはその先にある<ヴァンドルディ>に行き、イシュトヴァーン=ヤールダーニに原稿を渡す予定だった。ヴィトールドの用事の方が早く終わるだろうから、彼がシャルロットを教会まで迎えに来るという手はずになっていた。
 シャルロットが教会から出てきたとき、広場にはちょっとした人だかりができていた。小学校の生徒たちがうれしそうな歓声を上げながら何かを見学しているようだった。何人か見覚えのある顔がある。アンセル博士の小学校の生徒たちだ。そして、その一団の中にヴィトールドの姿もあった。ヴィトールドは、シャルロットが出てきたのを見ると手を振った。その周りにいた何人かも、歓声を上げて手を振った。
「ザレスカ先生!」子どもたちの何人かがそう叫んだ。それで、シャルロットも子どもたちに手を振り返した。
 突然、広場に何かがぶつかった大きな音とブレーキの音が響いた。子どもたちの歓声があっという間に悲鳴に変わった。
 教会の入り口の階段から見下ろしていたシャルロットには、一部始終が見えた。
 集まっている子どもたちの真ん中にあった車が急発進し、何人かの子どもたちの方に向かって動き出した。ヴィトールドは、近くにいた子どもたちをとっさに突き飛ばした。その直後、車はまっすぐにヴィトールドの方に突っ込んだ。突き飛ばされた子どもたちが転んで泣き声を上げ、一部始終を見ていた子どもたちが泣き叫んだ。車はブレーキをかけて止まり、助手席に乗っていた男が慌ててヴィトールドの方に駆け寄った。運転席にいた男性は、震えながらハンドルにつかまっている状態だった。
 シャルロットは一目散に階段を駆け下り、ヴィトールドに駆け寄った。
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ