FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第三部」
第88章

第1603回

 ヴィトールドとロジェ、二人が急に去ったこの家が以前の状態に戻るのには時間がかかりそうだった。
 シャルロットは、子どもたちを一週間だけ甘やかすことに決めていた。彼らを自室にいれ、一日中一緒にいた。まず子どもたちを落ち着かせるのが先だと思ったからである。シャルロットは、子どもたちが理解できる程度にヴィトールドの思い出話を聞かせた。子ども時代の話。学生時代の話。結婚して、子どもたちとどんな風に過ごしたか。4歳のスタニスラスは、将来、父親のことを少しは思い出せるかもしれないが、下の3人には難しいだろう。だからこそ、シャルロットはヴィトールドのことを話した。この後も、彼らが成長するまで、何度も思い出話をすることだろう。そのときの子どもたちの年齢に応じて・・・。
 シャルロットは子どもたちの寝顔を見ながら思った。
 もし再婚するつもりなら、子どもたちが小さいうちの方がいいのではないだろうか? 父親のことをよく覚えていない今だったら、新しい父親になじんでくれるのではないだろうか・・・?
 シャルロットと子どもたちの団らんに、二人の男性が入っていた。顔ぶれは違うが、子どもたちは大人の男性が二人いる生活に違和感を抱いていない。アレクサンドル=ド=ルージュヴィルは、3日後には愛称で呼ばれるようにまでなった。<ミューおじちゃま>のほうは問題なかったが、この屋敷にはアレクサンドルが二人になってしまっていた。年長者を優先に、アレクサンドル=ド=ルージュヴィルが<アレックおじちゃま>となり、アレクサンドル=ザレスキーはポーランド風に<オーレック>と呼ばれることに決まった。呼び名が変わったのは彼らだけで、残りの人間はこれまで通りの呼び名を使うことになった。スタニスラスは<スターシェック>、ヴィクトールは<ジュスティー>、フェリックスは<フェリシー>である。
 双子は、すぐにアレックおじちゃまになじんだ。もともと勉強好きだった二人は、何でも知っているスティーヴンに興味を持ち、彼に物理の話などをさせたがった。
 ヴィトールドが亡くなってから10日後、シャルロットの診察をかねてT城を訪れたリオネル=デルカッセは、屋敷内の雰囲気が微妙に変わっているのに気づいた。
 リオネルは、いつもそうしたように、真っ先にバルコニーへと向かった。そこには、彼が予想もしていない情景があった。
 ロジェが大好きだったバルコニーのあの椅子に座っていたスティーヴンは、双子にいろいろな病気の説明をしているところだった。
 リオネルは、そこでロジェと何度も仕事の打ち合わせをした。バルコニーに行けばロジェに会える・・・彼は無意識にバルコニーへ向かった自分を戒めた。そう、彼はもういないのだ・・・。
「やあ、スティーヴ」リオネルはそう声をかけてから、にやりとして言い直した。「いや、今はアレックだったね」
「スティーヴでいいですよ、ドクトゥール=デルカッセ」スティーヴンは立ち上がろうとしながら言った。
「つい、習慣でね」リオネルは頭をかいた。「でも、きみは自分の家に戻ったのだから、アレックと呼ばせてもらわなくちゃ」
 スティーヴンは真顔で答えた。「ここは、わたしの家ではありません。わたしが生まれた家だというだけです」
「せめて、ここだけでも、自分の権利を主張したら良かったのに。ここは自分の家です、って」リオネルはそう言ってみた。
 スティーヴンはにっこり笑って否定した。「ですが、シャルロットも、ここで生まれたんですよ。この子たちもね」
 それを聞くと、双子はそろってうなずいた。
「だけど、誰も、自分が生まれたときのことは覚えていないものさ」スティーヴンはさらりと言った。「ここは、シャルロットの家だ。わたしは、ここで新しい思い出を作っているんだよ、この子たちとね」
 リオネルは黙って頭を下げ、その場を離れた。
 オーギュストはピアノを弾いていた。スタニスラスはフェリシアンのゆりかごを揺すりながらその音楽をじっと聴いていた。少し離れたところで、シャルロットは紅茶の入ったカップをぼんやりと見つめていた。その表情は、リオネルの姿を認めると同時にさっと消え、かの女は優しい笑みを浮かべてリオネルを見て立ち上がった。
「いらっしゃい、ドクトゥール=デルカッセ」
 リオネルは、一瞬、時間が反対に流れたような気がした。目の前に立っている黒服の女性が、7年前、この屋敷にやってきたばかりの頃のあの少女を思わせたからである。しかし、あのときよりもずっと大人になったあの女性は、気丈にも笑みを浮かべて彼を迎え入れた。
 あのときの少女は、もう存在しなかった。彼はほんの少し悲しみを感じた。
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ