FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第三部」
第89章

第1620回

 フェリシアーヌは子ども部屋を出て、オーギュストたちを探しに行った。しかし、誰も二人を見かけてはいなかった。フェリシアーヌはシャルロットの部屋まで探したが、二人は来ていなかった。
 フェリシアーヌの話を聞くと、シャルロットはほほえんだ。
「そうね、あの子たちも寂しかったのね。じゃ、今晩はわたしがあの子たちに絵本を読んであげましょう」
 フェリシアーヌは眉をひそめた。「あまり甘やかすのもどうかと思いますが・・・?」
 シャルロットは「いつものことじゃないわ」と笑った。そして、ゆりかごのそばにいた看護師に声をかけた。
「マドモワゼル=デュラス、ちいさな子どもたちに会ってくるわ。30分くらい、ここをお願いしていいかしら?」
 看護師はにっこり笑った。「お任せください、奥方さま」
 シャルロットはにらむまねをした。「その言い方、おやめなさいと言ったはずよ」
 そして、シャルロットは部屋を出て行った。
「わたしも、だんなさま方を探しに行きます。お嬢さまをお願いします」フェリシアーヌもそう言って部屋を出た。
 母親の姿が消えたことを察したのか、赤ん坊がぐずり始めた。看護師は、ベッドから子どもを抱き上げた。
 再びノックの音がして、マリー=ベニエがシャルロットの部屋に入ってきた。
「・・・あら、奥さまは?」マリーは部屋に入るなり看護師にそう訊ねた。
「ぼっちゃまがたのところへ行かれました。人手が足りなくて、ぼっちゃまがたを寝かせる役目が果たせないんだとか」
 マリーは眉をそっとひそめた。「なにも、奥さま自らがそんなことをなさらなくても・・・」
「彼らも寂しいんですよ。特に一番下の坊ちゃまは、つい最近までお母さまを独り占めなさっていたんですもの」看護師は赤ん坊に笑みを見せながら言った。
 マリーはその動作を見ると、心配そうに看護師のそばに行った。「あらあら・・・。ちょっと貸して」
 そして、マリーは赤ん坊を受け取り、慣れた手つきで抱いた。子どもはたちまちぐずるのをやめた。
 看護師は感心したようにマリーを見た。「さすがですね」
 マリーはにっこりした。「あなたも、じきに慣れるわ」
 そのとき、部屋の片隅でことん、というような小さな物音がした。二人はドアの方を見た。かの女たちの視線はゆっくりと部屋を一周した。特に変わったことはなかった。ただ、カーテンが風に揺れているだけだ。
「窓を閉めましょう」看護師は言った。そして、かの女は鎧戸を閉め、鍵をかけた。
 戻ってきた看護師に、マリーは言った。「さあ、もう一度子どもを抱いてみて」
 しばらく二人は子どもの抱き方の話をした。それから、マリーは部屋に来た理由を思い出した。
「・・・仕事に戻らなくては」マリーは出し抜けにそういった。「今日は、お子さまが生まれたので、お祝いのために全員に半日休暇が出ているの。おまけに、だんなさま方までが、祝杯をあげに出かけられて、今ほとんど人手がないのよ。それで、何人かだけは、奥さまのお許しをもらって、半日休暇を24時間遅らせてもらうことにしたのよ。それで、今日は、小間使い役に戻ったというわけ。これから、奥さまの部屋の片付けをして、ベッドの準備をして・・・。こんな仕事をするのは、もう5年ぶりだわ。昔のように、シャルロットお嬢さま、と声をかけてしまいそう」
 そう言って、マリーは笑った。「わたし、こういう仕事の方が好きだったわ。責任のある仕事なんて、疲れるだけで、しょうに合わない。わたしは、お義母さまとは違う。わたしは偉くならなくてもいい。自分の手に乗るだけの幸せがあればいいの。わたしには愛する夫とかわいい子どもたち---本当の子どもは一人だけだけど、奥さまは全員を<わたしの子どもたち>と呼んでいいとおっしゃってくれるの---がいる。奥さまは、ジェルマンをも自分の息子さんたちと同じように愛してくださっている。奥さまは彼も、ご自分のお子さんたちと同じように高い教育を受けさせようとしておられるように思えるの。だけど、わたしは、いずれはジェルマンにも、自分の手に乗る以上の幸せを求めないように教えるつもり。人間は、自分にふさわしい大きさの器を持って生まれてくるものよ。彼にも、彼にふさわしい器がある。もし、その器以上に何かを入れようとしても、器からこぼれ落ちてしまう。幸せもそんなものじゃないかしら。わたしには、愛する家族がいて、わたしたちは、みんなに愛されている---そう、屋敷中のみんなが、わたしたちを愛してくれる。それが幸せでないのなら、何が幸せだというの? わたしにはそれでじゅうぶん。それ以上のことなんか望まない。わたしは、間違っているかしら?」
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ