FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第一部」
第1章

第17回

 メランベルジェを中心とする「マルタン派」は、彼の死により二つに分裂した。ルブランについた人たちとロジェについた人たちにである。
 ルブランとその仲間たちは「マルタン派」を受け継いだが、ロジェとその仲間たちは「地獄のオルフェ」というカフェに集合し、そこを本拠とした。一方、フランソワーズは中立を守った。メランベルジェがどちらの道も望んでいないと思ったからである。
 メランベルジェの遺志は、必ずしも弟子たちの見解とは一致しなかった。
 メランベルジェは、自分の後継者としてオーギュスト=ベローを指名したのだが、オーギュストは必ずしもオルガニストとして一番優れた弟子であるとは言えなかった。結局、聖マルタン教会のオルガニストにはルブラン自身が就任し、オーギュストはその地位から降ろされたのである。
 フランソワーズ自身も、みにくい後継争いに嫌気が差し、ブーローニュ=シュル=メールへ去っていった。
 こうして、オーギュスト=ベロー、フランソワーズ=ド=ラヴェルダン、エドゥワール=ロジェがいなくなった「マルタン派」は、もう昔の「マルタン派」ではなかった。
 結果的に後継者争いを勝ち抜いたルブランは、メランベルジェの伝記を書き始めた。伝記ができあがれば、メランベルジェは伝説的存在か、神に等しい人間にされてしまうであろう。しかし、もはやルブランに忠告できる人間は、グループには存在しなかった。ルブランとその仲間たちは、自分たちこそが正統的なメランベルジェの後継者だという誇りを持っていたのである。こうして、彼らは「メランベルジェ校」という音楽学校を作り上げ、その中にこもることになるのである。
 数年後、エドゥワール=ロジェの急死をきっかけにして、ブーローニュ=シュル=メールに作曲家たちの小さなサークルが誕生する。彼らは「6人組」あるいは、彼らの名前のはじめの文字を組み合わせて「FORCES(フォルス)(軍隊)」とも呼ばれた。この6人とは、フランソワーズ=ド=ラヴェルダン、オリヴィエ=ラントー、ラウール=ペリ、クリスティアン=ベロー、エティエンヌ=ヴァランタン、そしてその妻シモーヌ=アラン=ヴァランタンである。この中でメランベルジェの直接の弟子でないのは、エティエンヌ=ヴァランタンただひとりだけだった。
 こうして分裂してしまったメランベルジェの弟子たちは、同じメランベルジェ門下でありながらにらみあいを続けていた。そして、彼らは、その弟子たち(お互いの反対者たちから「レ=フォルス」「ルブラニアン」と呼ばれることになるが)まで巻き込んで、「宗教戦争」(「二十年戦争」とも呼ばれる)を始めてしまったのである。
 しかし、戦争の傍観者たちは、はじめから気づいていた。セザール=メランベルジェの正当な後継者は、フランソワーズ=ド=ラヴェルダンであった、と・・・。
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ