FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第三部」
第90章

第1647回

 シャルロットがいつまでも青年の後ろ姿を見つめていたので、ライモンドは訊ねた。
「・・・知り合い?」
 シャルロットはこっくりとうなずいた。
 ライモンドは小さくため息をついた。「わたしも、どこかで彼に会ったことがあるような気がする。初対面のはずなのだが・・・」
 少し考えてから、彼はこう訊ねた。「ミューと同じ赤毛。あの人は、フランショーム一族だよね?」
「ええ」シャルロットは答えた。
「彼は、ミューにはあまり似ていないんだな。髪の色は同じだが、共通点はそれだけだよね」ライモンドは考え込んだ。「・・・そうだ、うちにある古い肖像画の一つに、あの人に似ている人がいるんだ。他人のそら似、だろうな。いつか、その絵を見せてあげよう。きみもきっと驚くに違いない」
 そう言うと、彼は青年の後ろ姿を見つめていたシャルロットに声をかけた。
「行こう。いつまでもここにいるわけにはいかない。わたしたちは、人目についてはいけないんだよ」
「・・・そうね」シャルロットはそう答え、動き出したライモンドの車いすの後ろについた。
 出口に近いところで、二人は向こうからやってくる二人組の男性に気がついた。ブロンドの髪をした方の青年---スティーヴンは、二人に気づくと駆け寄ってきた。
「やあ」スティーヴンが声をかけた。
「出発前に、ヴィトールドに挨拶したいと思ってね」ライモンドが答えた。
 シャルロットは、スティーヴンの後ろからやってくる青年に気づくと、下を向き、口に手を当てた。かの女はさりげなく唇のまわりの包帯を、口が隠れるように直した。スティーヴンはその動きに気づき、黙ってうなずいた。
『絶対に、声を出すなよ』スティーヴンの顔にはそう書いてあった。シャルロットは黙ってうなずいた。
「それより、どうして戻ってきたんだ? 忘れ物か?」ライモンドはそう訊ねた。
「・・・ちょっと、気になることがあってね」
 そう言うとスティーヴンは振り返り、連れが追いつくのを待ってからこう言った。
「紹介しよう。彼は、コルネリウス=ド=ヴェルクルーズ。ミューのお兄さんだ」
 その言葉を聞くと、ライモンドの顔に驚きがうかんだ。
「かの女はクリスティアーナ=デュラス---コヴァルスカ夫人になったんだっけ・・・?」
「いや、残念ながらまだだ」ライモンドが答えた。
 スティーヴンは、コルネリウスに向かって紹介を続けた。「・・・看護師で、あの火事の時、この男性を救出した女性だ。だが、ひどいやけどをして、まだ包帯を取ることができないんだ。とても美しい声を聞かせられないのが残念なのだがね」
 シャルロットはコルネリウスに軽く頭を下げた。コルネリウスは、シャルロットの手の方に目を落とし、手の包帯に気づくと小さくため息をつき、頭を上げた。そして、シャルロットに倣い、軽く頭を下げた。
「初めまして。コルネリウス=ド=ヴェルクルーズです」コルネリウスは優しい口調で挨拶した。
 シャルロットはコルネリウスの表情を見て、ショックを受けていた。彼のまぶたが腫れている。信じられない。彼は泣いていたのだ! 自分は、彼に対し、ひどい裏切りをした。彼が自分を恨んでいることは考えられた。だが、まさか、自分の死をこれほどまでに悼んでいるとは思わなかった。かの女は、包帯を下げ、彼に本当のことを話したいという誘惑に駆られた。だが、それはできない。今、自分が生きているということを誰にも話してはいけないのだ。例外はない。
 でも、こんなに近くにいるのに。言葉を交わすことも、手を触れることもできないなんて・・・。
 コルネリウスは、目の前の女性が動揺していることに気づいていた。そして、自分自身も動揺していることに。彼はいつものポーカーフェイスに戻ろうとしたが、この女性には効果がないだろうとも思った。こんな気持ちにさせる女性は、これまでにたった一人しかいなかったのだが。だが、その女性は、もうこの世にはいない・・・。
 不思議だ。この女性の持つ雰囲気は、自分が愛した唯一の女性に似すぎている。
「・・・そして、この男性はライモンド=コヴァルスキー。ヴィトールドのまたいとこだ」
「ライモンド=コヴァルスキーです。はじめまして」ライモンドはコルネリウスに握手を求めた。
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ