FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第三部」
第91章

第1658回

 それは、ブロンドの髪、水色の目をした、知的な感じがする男性の肖像画だった。その表情は、どことなく---というよりは明らかにアンブロワーズ=ダルベールを思わせた。いや、赤毛でグリーンの目をしていたら、ダルベール本人だと思っただろう。
「・・・そう。この人だ」ライモンドが言った。
「これは、どなた?」シャルロットはそう訊ねたが、ライモンドがなんと答えるかわかるような気がした。いや、それ以外に考えられない。
 ライモンドは、シャルロットが期待した答えを返した。「この人は、アレクサンデル=コヴァルスキー伯爵だ」
 そして、こう続けた。「コヴァルスキー一族は、もともと貴族ではなかった。聞いたことがあるかどうかは知らないが、わたしたちの祖先は、貿易商だったそうだ。裕福になったあとで、一家の当主は、息子たちに高い教育を受けさせるようになった。そして、貴族たちの学友となった子どもたちが、姉妹たちを友人の貴族に嫁がせ、それによって自分たちも栄えるようになった。アレクサンデルは、貴族と結婚したが子どもがなかった伯母の一人の養子となった。義理の伯父が亡くなったあと伯爵にはなったが、生涯独身だったので、彼の弟の息子が伯爵家を継いだ。それが、わたしの曾祖父だ」
「生涯独身?」シャルロットが聞き返した。  
「うん。だから、彼とあの人とは他人のそら似だとは思うんだ」ライモンドが言った。「だが、本当にそっくりだろう?」
 シャルロットはうなずいた。彼は本当に知らないのかもしれないが、かの女は知っていた。いや、ザレスキー一族で<伝説>を知らない人はいない。アレクサンデルは、兄の婚約者だったアグニェシカ=ザレスカがほかの男性に恋をしたため、二人を引き離すために強制的にかの女をポーランドに連れ帰った。その際、アグニェシカの恋人を監視させるため、その男性のいとこを誘惑した。ふられた同士の二人は結婚したが、そのとき女性の方は妊娠していたという。その女性の子どもの父親は、アレクサンデル=コヴァルスキーだというのは、ザレスキー家・フランショーム家の人間なら誰でも---結婚前の子どもは例外かもしれないが---知っている事実だ。アンブロワーズ=ダルベールは、フランショーム家の人間特有の赤毛とグリーンの目以外はアレクサンデルの特徴を受け継いでしまったのだろう。だが、<当事者>ともいえるコヴァルスキー家の人間がそれを知らないとは。
 シャルロットは、彼が本当にその事実を知らないのかどうか聞いてみようと思った。「生涯独身、って、彼は女性にもてなかったのかしら?」
 ライモンドは少し考えた。「・・・あの人---ドクトゥール=ダルベールは、女性にもてなかったの?」
 シャルロットは眉を寄せて考え込んだ。「彼が女性と一緒にいるところを見たことはなかったけど、研究所には元々女性が少なかったし・・・」
「それに、彼はきみのことしか見ていなかった?」
 シャルロットは真っ赤になった。
「彼も同じだった」ライモンドが答えた。「彼には、生涯、ただひとりの女性しか見えなかったそうだ」
 そして、彼はつぶやいた。「・・・ザレスキー家の女性は、罪作りだよな・・・」
 シャルロットははっとした。
 ライモンドが言った。「コヴァルスキー家に伝わる伝説では、アレクサンデルが愛したただ一人の女性とは、アグニェシカ=ザレスカだったそうだ」
「でも、たしか、かの女は・・・」
「そう。かの女は、彼の兄の婚約者だった。親同士が決めた婚約だった。もし、彼の兄が本気にならなかったら、彼自身が兄に取って代わってもかまわないと思うくらい好きだったそうだ。だが、彼の兄はかの女に夢中だった。そして、かの女は兄弟のどちらにも興味はなかった・・・らしい。恋愛と結婚は別だ、と考えるあたり、かの女は本物の貴族の令嬢だったんだよね」ライモンドが言った。「そのかの女が、フランスで恋に落ちた。彼は、かの女が彼の兄と結婚するのは仕方ないと思っていた。なぜならば、かの女は婚約者を愛していなかったから。しかし、かの女が自分以外の誰かを愛することは、彼には許せないことだった。だから、彼は恋する二人の仲を裂いた」
 ライモンドはため息をついた。「だが、かの女が亡くなる間際に呼んだ名前は、フランスにいる恋人の名前だった。生涯独身で、かの女のそばにいた彼にとっては、残酷な話だった。かの女が亡くなった後も、彼はただ一人の女性もそばに寄せ付けずにこの世を去った。コヴァルスキー一族の男性は、みな、一途な恋をするんだよ・・・ほぼ、例外なく、ね」
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ