FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第三部」
第95章

第1754回

 同じ頃、タデウシ=ボレスワフスキーはレーベンシュタイン家にいた。
 レーベンシュタイン夫妻は二人ともそろって家にいた。彼らは、いつもと同じように彼を出迎え、居間に通した。
 テーブルに着くなり、ボレスワフスキーは口を開いた。
「何があったのか、説明して欲しい」
 ユーリアはボレスワフスキーの前に紅茶と彼の好きなクッキーを出した。しかし、ボレスワフスキーは真剣な表情を崩さなかった。
「きのう、楽屋に行かなかったことは謝る」ルドヴィークが口を開いた。「だが、ロビーで知り合いの女性が倒れているのを見たんで、病院に付き添わなければならなかった」
「コンサート成功おめでとう。わたしたちがあなたのもとに行くべきだったのに・・・」ユーリアが言いかけた。
「でも、二人とも来てくれなかった。わたしは、クリーシャに何か起こったのだと思った。パーティーを抜け出して、ロビーでの出来事を聞いた。そして病院に駆けつけた・・・」
 レーベンシュタイン夫妻は驚いたようにボレスワフスキーを見つめた。
「部屋に入ろうとしたとき、中から恐ろしい言葉が聞こえた」ボレスワフスキーの声がかすれた。「本当なのか? クリーシャはわたしのせいでひどい目に遭わされたのか?」
 レーベンシュタイン夫妻は何も言わずに下を向いた。
「・・・話をどこからどこまで聞いたんだ?」ルドヴィークがようやく口を開いた。「きみがどこまで聞いたのか知らないが、わたしたちは嘘は言わなかった、ひとことも・・・」
「あの男が、クリーシャを襲ったと。だから、かの女は行方を告げずに家を飛び出したまま帰ってこないのだと・・・」ボレスワフスキーは話した。「かの女は、寝言で『タデック、愛しているわ』と言った。そのタデックとは、どうやらわたしらしいと・・・」
「・・・聞いたのは、それだけか?」ルドヴィークは訊ねた。
 ボレスワフスキーは頷いた。「それ以上のことは聞いていない。怖くて逃げ出したからだ」
 ルドヴィークはほんの少しだけ頭を動かした。そうだ、あのとき、誰かが立ち聞きしていたのは間違いない。戸を開けたとき、人影がなかったから、立ち聞きした人間はそこまでしか話を聞かなかったはずだ。よかった、彼がそれ以上のことを聞かずにすんで。その先の会話まで聞いたら、彼はきっとすぐには立ち直れないくらいの打撃を受けたはずだ。
「さっき、病院に行ったら、かの女は男女二人組に連れられて退院したと聞いたんだ。きっときみたちのことだと思ったから、ここへ来たんだ。クリーシャは、どうなったんだ?」
 ルドヴィークは当惑したようにボレスワフスキーを見つめた。「男女二人組、だって?」
 ユーリアは、自分がしたことを、まだ夫に話していなかった。彼は芝居が下手ではないが、ずっと一緒に育ったボレスワフスキーが相手では、その芝居が通用するかどうかはわからない。かの女は彼に話しておかなくてよかったと思った。
「きみたちじゃないのなら、あの男が差し向けた人間なのか?」そう言うと、ボレスワフスキーははじかれたように立ち上がった。
 紅茶のカップを口に運ぼうとしていたルドヴィークの手が止まった。「あの男だと?」
「決まってる。あいつだ」ボレスワフスキーの表情には、固い決意があった。
「わかった。わたしも行く」事情を知らないルドヴィークが立ち上がった。「だが、心当たりは?」
「ない。だが、まずクリーシャの家に行かせて欲しい。きみが一緒なら、かの女の夫も会ってくれるのではないだろうか?」
 ルドヴィークは頷いた。「わかった」
 そう言うと、ルドヴィークは壁に掛かっていた半乾きの外套の方に向かった。
 ルドヴィークは外套を羽織りながらユーリアの方に戻ってきた。そして、かの女を優しく抱きしめながら言った。
「ちょっと出かけてくる。きみはここで待っていて欲しい」
 ユーリアは口を開きかけたが、ルドヴィークは強い口調で言った。「いいか、ここで待っているんだぞ。約束できるね?」
 ユーリアは仕方なく頷いた。「無理はしないでね」
「ああ、わかっているとも」ルドヴィークは妻の額に口づけして、かの女を離した。
「ライの所へ行く。あとは、彼と相談して決めるよ」
 そして、彼らは居間から出て行った。
 
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ