FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第三部」
第96章

第1768回

「・・・なぜだ?」フリーデマンはやっとの事で言葉を口にした。
 シャルロットは冷たい視線を彼に向けた。「まさか、この場で説明を求めるつもりなの?」
 フリーデマンははっとしてシャルロットを見た。その表情がさっとくもり、彼は黙って一礼した。
 ドアの方を指さしたシャルロットに、彼は言った。
「言い訳はしない。謝罪もしない。それをしたら、自分のこれまでの人生をすべて否定することになるからだ。わたしは、きみへの愛のために生きてきた。そして、これからどんな人生を歩もうと、決してきみのことを嫌いになることはない」
 彼はそう言って病室から出て行った。彼の口からさよならの言葉は出なかった。
「・・・わたしの目から見て、あの男はそんなに悪い選択でもなかったんだがな・・・」ライモンドはつぶやいた。「ほんとうに、考え直す気はないのか? 彼は本気だったんだぞ」
 その言葉に、ユーリアは鼻を鳴らした。「あなたは、彼の味方なの?」
「わからない。わたしは彼を知っているが、この人のことはよく知らないんだ」ライモンドは言った。
「わたしはこの人のことは知っているけど、彼のことはよく知らないわ。そして、この人はいい人よ」ユーリアは言い返した。
「いい人、か・・・」ライモンドはつぶやいた。そして、彼はボレスワフスキーの方にもう一度視線を移した。「なぜだろうね。わたしには、あなたが別の女性と一緒にいる情景しか見えない・・・そして、ブローニャが別の男性と・・・そうだ、彼だ・・・」
 ライモンドの意識が混濁したようだ。シャルロットはライモンドの手を握りしめた。
「幸せだった・・・ごめんね・・・」ライモンドの唇からは、次の言葉は出なかった。
「ライ!」シャルロットは彼にすがりついて、そのまま気を失った。
 クルピンスキー医師は、最初にライモンドの、次にシャルロットの脈を取った。
「男性の方は、ご臨終です。奥さまの方は、もう一度入院の必要があるようですね」そう言って、彼は立ち上がった。彼は、呼び鈴を鳴らし、やってきた看護師に今の話を伝えた。看護師は急いで部屋から出て行った。
「退院して、その日のうちに戻ってくる患者は、そう多くはありません。少なくても、わたしはこれまで二人しか知りませんがね」そう言うと、クルピンスキー医師は立ち上がり、<家族>がライモンドのそばに駆け寄るのを見守った。いつの間にか、部屋にはモジェレフスキー夫妻も入ってきていた。
「あなたがたには、引き続き患者の世話をお願いしなければならないようですね」そう言って、彼は部屋からモジェレフスキー夫妻とタデウシを連れ出した。
 廊下に出ると、クルピンスキー医師は3人に言った。
「ブローニャは妊娠している・・・と推定される。だから、大事を取って入院を継続させようと思う。今度のことで、流産しないよう、あなたたちも気を配ってください」そう言うと、クルピンスキー医師は声を潜めてタデウシに訊ねた。「・・・子どもの父親は、本当はあなたなんでしょう?」
 タデウシは驚いたように医師を見つめた。
 クルピンスキー医師は小さな声で笑った。「ブローニャのことは、小さい頃から知っている。かの女を見ていれば、あの男性---コヴァルスキー氏とかの女が<偽装結婚>をしていたことは一目瞭然だ。そのかの女が妊娠しているとすれば、子どもの父親が彼だということはあり得ない。かの女とフリーツェックの間にも、昔のような愛情はないようだ。だから、彼も父親候補からはずす。ブローニャが愛情を込めて見つめる男性は、あの中にはたった一人しかいなかった。それは、亡くなった男性ではなかった」
 そう言うと、彼はタデウシの肩をぽんとたたいた。
「だが、父親の方のコヴァルスキー氏には余計なことを言わないことだ」クルピンスキー医師は続けた。「コヴァルスキー氏も、わたしの大事な患者だ。彼も、もうそう長くはない・・・せめて、生きている間は、生まれてくる子どもが亡くなった息子の子どもだと思わせてあげたい」
 彼らのそばを、担架を持った看護師たちが通り過ぎていった。医師も、彼らのあとについて病室に戻っていった。
 3人の表情は凍っていた。シャルロットの子どもの父親がフリーデマン氏だということは明らかだったからだ。
 しばらくの沈黙のあと、タデウシは穏やかな口調で言った。「子どもの父親は、コヴァルスキーさんだ。ドクターはああ言ったが、わたしでないのなら、ほかには彼しか考えられない。だから、フリーデマン氏にはこの件は伏せるよ」
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ