FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第三部」
第96章

第1773回

 シャルロットはドアが閉まるなり、わっと泣き出した。一日にしては、あまりにも多くの出来事がありすぎた。かの女には泣くことしかできなかった。
 マウゴジャータはかの女の肩を抱き、ゆっくりとベッドに横たえた。
「一人になりたい?」マウゴジャータは、かの女に優しく訊ねた。
「ええ」シャルロットは泣きながら答えた。「・・・いいえ、ユーリに会いたい・・・」
「わかったわ。かの女を呼んでくるわ。わたしたちは、そのまま、いったん家に帰ります。付き添いはかの女に任せるわ」マウゴジャータはそう言って立ち上がった。「おやすみなさい、クリーシャ。確かに、4月9日って不思議な日よね?」
 シャルロットは泣き笑いして頷いた。
「おやすみ」アントーニも挨拶した。「いい夢を見るのは難しいかもしれないけど、ゆっくり体を休めるんだよ」
「あなたもね」シャルロットはそう返事した。
 二人が出て行ってから少し時間が経ったあとで、ノックの音がした。シャルロットが『どうぞ』と声をかける前にドアが開いた。
「入るわね、クリーシャ」ユーリアは涙声でそう言い、ゆっくりと入ってきた。かの女は、枕元に置かれたいすに座り、口を開いた。
「タデックが、挨拶をして帰ったわ。あす、あるエージェントと3年間契約することを決めたそうよ。世界一周の演奏旅行をしてくるんですって」ユーリアはそう言って、ポケットからハンカチを出して目元をぬぐった。「・・・それが、あなたの答えだったの? 彼とも結婚したくないって言ったのね? どうして?」
 シャルロットも涙をぬぐった。
「ライの喪に服するため? 彼はそれを喜ばないわ」ユーリアはたたみかけた。「今すぐ、タデックを呼び戻してちょうだい。あなたが一言言ってくれれば・・・」
 シャルロットは静かな調子で言った。「彼は、有名になりたかったんでしょう? この演奏旅行が終われば、彼の夢は叶うわ」
 ユーリアはぱっと立ち上がった。「違うわ!」
「彼は告白したのよ。有名になって、クリモヴィッチ夫妻のような家庭を築くのが夢だった、って。なのに、日々の生活にも困り、奥さまに子どもはいらない、と言ってしまったんですって。彼はそれを深く後悔しているって・・・」
 その言葉を聞くと、ユーリアははっとしたようにシャルロットを見下ろした。そして、ゆっくりといすに座った。
「タデックが、そんなことを言うはずはないわ」ユーリアは涙ぐんだ。「彼はもっと普通の幸せを夢見ていたはず。だからこそ、イレーナを選んだんだわ。そして、かの女と慎ましくても温かい家庭を作りたがっていたはず・・・」
 そう言うと、かの女は感情を爆発させた。
「わたしの両親が理想ですって? それなら、どうしてイレーナを選んだのよ? かの女は彼らとは正反対の、おとなしくてつつましい子だったのに!」そう言って、かの女は両手に顔を埋めた。
 シャルロットは、ユーリアの膝にそっと手を伸ばした。
「ね、ボレスワフスカ夫人の話をして? わたしは、かの女のことをほとんど何も知らないのよ」
 ユーリアはシャルロットの熱っぽい手を握りしめた。
「ごめんなさい。今度にして」ユーリアは涙声で言った。「つらいのはあなただけじゃないわ。わたしも、兄のように大切な人を失ったばかりなのよ。そして、今度は弟を・・・」
 シャルロットは沈んだ声で言った。「そうよね、わたしよりあなたのほうがライとのつきあいは長かったのよね・・・それに、タデックとも」
 ユーリアはシャルロットの手のひらをそっとなでた。「タデックはともかくとして、ライは幸せな人生だったはずよ。ただ、二つだけ気がかりなことを残して逝ってしまった。わたしは、彼に約束したのよ。彼の代わりにヤロスワフおじさまのそばを離れないことと、あなたがタデックと新しい人生を歩んでいくのを見届けると」
 そう言うと、ユーリアはシャルロットの手をぎゅっと握った。「3年後よ。彼が演奏旅行から凱旋してきたら、そして、そのときに彼があなたを諦めていなかったら、わたしは弟の夢が叶うように手を貸すつもりよ」
 シャルロットはかすれた声で訊ねた。
「でも、あなたは本当にそれでいいの?」
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ