FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第三部」
第97章

第1792回

 ルドヴィークは黙った。
「クリーシャは、ただ、時を待っているだけなのかもしれないわ。いつか、本当のことを明かして、かつての婚約者と結婚できる日が来ることをね」
 ルドヴィークは言い返した。「だが、子どもに父親が必要なのは、今だ」
 シャルロットは声が震えないように気をつけながら言った。「子どもにとって、両親はいつまでも両親だわ。親離れをするときが来ても、親の元を離れたとしても、それで両親が必要なくなったのかと言えばそうではないわ。家庭には父親と母親が必要だ、というのも確かだけど、愛し合っていない両親の姿を見せられるくらいなら、必ずしも両親がそろっている必要はない、と子どもだって考えると思うわ」
 ルドヴィークはまた顔をしかめた。「もしかして、きみは、再婚しない言い訳をしているのか?」
「相思相愛の二人にはわからないことはたくさんあるわ」シャルロットはため息をついた。「あなたは、誰かに妻を持つように強制されたことがないから、そんなことが言えるのかもしれないわ。そうよ、当主の妻として、跡継ぎの男の子を産まなければならない、フランショーム一族の当主夫人になる女の子を産まなければならない、ってプレッシャーをかけ続けられる苦労なんて、あなたにはきっとわからない。だから、テレーニャをスターシェックと結婚させたい、なんて言えるんだわ」
 ルドヴィークはさっと青ざめた。
「きつい言い方になってごめんなさい。だけど、本当のことよ」
 ルドヴィークの声が裏返った。「・・・まさか・・・まさかとは思うけど・・・きみとヴィテックは・・・」
 シャルロットの目に涙が浮かんだ。かの女は、あの言葉だけで、ルドヴィークにすべてが伝わったことに気がついた。ルドヴィークの目にも涙があふれていた。
 ユーリアは夫の手を優しく握りしめ、「そうだったらしいわ」とささやいた。
「知らなかった・・・何も知らなかった・・・」ルドヴィークはぽつりと漏らした。「いや、考えられなかった」
 シャルロットもユーリアも黙ってルドヴィークを見つめた。
「彼も苦労したんだろうな」ルドヴィークは一息ついて、堰を切ったように話し出した。「わたしたちは、何の責任もないから、《娘が一人しか授からなかった》ですんでいる。一人だけかもしれないが、我が家に子どもがいることに感謝していた。だが、きみとヴィテックはそうじゃなかった。息子が生まれれば、今度は娘を・・・とプレッシャーをかけ続けられた。わたしには、そんな重責が想像できない。子どもをもうけることが義務でしかなかったら、あの行為は《愛を確かめ合う》などという甘いものじゃなかったはずだ。義務のためだけに、毎日のように抱き合うなんて・・・そんなこと・・・。そんなときの女性の立場を想像することはできないが、種馬としかみなされなかったヴィテックはさぞつらかっただろうな。それだけは理解できる」
 それを聞き、二人の女性は驚いたたようにルドヴィークを見た。
「だが、同じ立場にいたライにはわかったはずだ。だからこそ、彼はきみに結婚を無理強いしなかったんだな。彼の妻になるというのは、きみにとっては前と同じことの繰り返しだ。ライのために、男の子を・・・できれば女の子も・・・生まなければならない立場に逆戻りする。きみは、たぶん、ヴィテックで懲りていたはずで、そんな思いをするためにライと再婚したくはなかったんだろう? 彼は、きみのほうから自分を求めてもらいたかったんだ。それで、彼はきみを待ち続けた。それほどまでに、彼はきみを愛していた」
 シャルロットは、ユーリアの肩にすがって泣き出した。
「わかった。この話は保留にしよう。きみの再婚も、テレーニャの婚約の件も」ルドヴィークは優しく言った。「ただ一つ、はっきりしていることは、きみがかつての婚約者を選ぶとしても、タデックやフリーデマン氏を選ぶとしても、今度の結婚は、きみにとって何らかの義務は生じない。じっくりと愛をはぐくんでいけばいいよ。フリーデマン氏はともかくとして、タデックは優しいやつだ。きみが望まないことを強制するとは思えない」
 ルドヴィークはかの女の肩をぽんとたたいた。
「悪いが、今の話をタデックに話すよ。そのうえできみを選択するか、きみを諦めるかは彼に任せるよ。ただ、きみは知らず知らずのうちにタデックを愛している。きみもそれを自覚するといい」
 その言葉を残して、レーベンシュタイン夫妻は演奏旅行へと旅立っていった。
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ