FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第三部」
第98章

第1805回

 ギュンターはにやりとした。
「駅で---この雑踏の中で行う挨拶にしては、やりすぎじゃないのか?」
 シャルロットはくすくす笑ってから答えた。「そこまでやって、というつもりはなかったのよ。ただ、握手しようと思っただけなのに」
「きみが、紳士の挨拶を求めたんじゃないか」ギュンターはぶつぶつ言った。
 シャルロットは、スカーフを首からとって、ギュンターの涙をぬぐった。まるで、ちいさな子どもに対するようなやりかただったが、ギュンターはスカーフを奪い取り、もう一度ひざまずいてスカーフにキスし、それを自分のポケットにしまった。
「貴婦人からの贈り物、ありがたく頂戴いたしました」
 ユリアンスキーは目を丸くしてその動作を見つめていた。シャルロットは、そんな彼に言った。
「この方が、同級生のブレンデルさんよ。国籍はドイツだけど、4分の一だけポーランド人なの。奥さまはポーランドの出身よ。これから何度も我が家を訪れることがあると思うから、失礼がないようにしてちょうだいね」
 そして、ギュンターに言った。「彼は、我が家の執事のユリアンスキーさんよ。小さい頃からわたしの学友兼ボディーガードを務めているの。さっきは、あなたがわたしに何らかの危害を加えようとしていると誤解したみたいなの。少し乱暴だったかもしれないけど、どうか許してね」
 シャルロットの言葉に、ギュンターは無言でユリアンスキーに頭を下げた。
「先ほどは、大変失礼なことをいたしました。申し訳ございません」ユリアンスキーはそう口にしたが、まだ彼に警戒心のようなものを抱いている様子が伺え、ギュンターはその謝罪に対して頷くにとどめた。
 ギュンターは気づいてしまっていた。さっき、自分とシャルロットを引き離そうとしたとき、彼の目に宿っていた影に。彼は、自分がかの女に何らかの危害を加えようとしていると思って引き離そうとしたのではない。あのときの彼の目は、危険な人物から主人を守ろうとしているボディーガードの目ではなかった。あれは、この世で一番愛している女性からほかの男を引き離そうとする恋人の目だ。ギュンターは、初対面なのに、ユリアンスキーがその女主人をどのように思っているかを見抜いてしまっていた。ユリアンスキーの謝罪が上っ面だけのものであることも。
「アンシクロペディー」シャルロットは、たしなめるような口調で言った。「そんな態度を取るべきではないわ」
『こいつは、ちゃんと謝っていないんだぞ。それなのに、わたしだけを責めるのか?』ギュンターはそう言いたいのをぐっと飲み込み、「わたしは、何があっても、この女性に危害を加えることはしないよ。この場で誓おう」と答えた。
 二人の男性の無言の戦いには気づかず、シャルロットは言った。
「まあ、誓いというものは、簡単に口にするものではないわ。だいたい、あなたが守るべき女性は別にいるはずでしょう?」
 ギュンターは小さく頷いた。
 シャルロットは、まるで自分の息子にするように、ギュンターの膝についているちりを払った。
「さあ、まずホテルに案内するわ。念のため、3週間の予約を入れておいたわ。荷物を置いたら、わたしが選んだ家を下見しましょう」シャルロットは、ギュンターを車のところまで案内した。
 ホテルに到着し、フロントにいた男性に名前を告げると、思っても見なかったトラブルが起きていた。
「ブレンデルさまのご予約は、あすからになっておりますが?」
 シャルロットは驚いた。何度も予約を確かめたはずだったのに。
 どんな部屋でもかまわないから、一日だけ泊まれるところはないかと食い下がったが、どの部屋もいっぱいだった。支配人が出てきて、ほかのホテルの予約も確認してくれたが、どこもいっぱいだった。
「仕方ないわ。今晩だけ、うちに泊まってください。十分なおもてなしはできませんが、お客様が泊まれる部屋くらいならあります」シャルロットはギュンターに言った。それから、不満そうな表情を浮かべて立っていたユリアンスキーに言った。「こうなってしまったのはわたしのミスなんだから、償いをさせていただかなくては」
 ユリアンスキーは黙って頭を下げた。
 彼自身、自分の感情に戸惑いを感じてはいた。これまで、シャルロットが連れてきた男性たちは何人もいた。その中に、シャルロットが結婚相手だと見なす男性たちもいた。彼らを見ても、これほどの嫉妬心が起こったことは一度もなかったのに、今回だけはなぜこんなに不快なのだ? しかも、この男性には妻がいるというのに?
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ