FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第三部」
第100章

第1842回

「夢か。うん。あれから、かの女の夢を何度見たことだろう? かの女と何度一緒に演奏をしただろう? そして、演奏だけではないことも何度もした・・・」マリアーンはそう言うと、夢から覚めたような顔をして真っ赤になった。「みなは、わたしの恋人は3Bだと言う。ブラームス、ベーゼンドルファー、そしてベルリン。しかし、Bから始まるもっとすてきな単語がいっぱいあることを、誰も知らないのかな?」
「うん、いっぱい知ってる」マレクが口を出した。「わたしが好きなことも、Bから始まるものが多いぞ。たとえば、ベー・・・」
「恋愛に関する単語の列挙を禁じる」ルドヴィークがあわてて口をはさんだ。「きみが話すと、せっかくの思い出話が品性の欠けたものになりそうだからね」
 マレクはむっとして言った。「・・・あとで、ゆっくりときみの趣味を伺うことにしよう。ルーディがいないところでね」
「いや、きみにだけは教えない」マリアーンはつぶやくように言った。その声は、誰の耳にも届かなかった。
 しかし、彼が何を言ったか察したタデウシは笑った。楽しそうな笑い声を聞き、マリアーンまで笑い出した。
 マリアーンは笑いながら言った。「品性の欠ける話はしないさ。わたしが好きだった女性の頭文字がBだったと言いたかっただけだ」
 それを聞くと、タデウシはびっくりしたようにマリアーンを見た。マレクも驚いた顔を見せていた。ただ、ルドヴィークだけはもう一度警戒するような視線を送った。
「その女性の名前は、誰にも教えない。とくに、マルクには」マリアーンは心得たように言った。「マルクに一生揶揄されたんではかなわないからな。こいつは、ものすごく執念深いんだ」
「でも、こっそり教えてくれよ? Bといったら、バルバラか? ベッティーナか? それとも・・・」マレクは追求の姿勢を見せたが、ルドヴィークににらまれて黙った。
「どちらでもないとだけ言っておこう」マリアーンが答えた。「この件は、それ以上のことは言わないよ」
 そう言うと、マリアーンはタデウシの方を向いた。
「わたしがかの女のことを好きになったことは、かの女の方は全く知らない。かの女とは二つ約束した。一つは、1934年に、もう一度一緒にリサイタルをするということ」マリアーンは一度言葉を切ったが、次に彼の口から出たのは<二つ目の約束>ではなかった。「・・・かの女は、リサイタルを行う頃には、自分は無名の存在になっているだろうともいっていた。かの女は、1920年に最後の演奏会を行ったあと、二度とステージには立たなかった。おそらく、世間はかの女のことを忘れ去ったか、伝説の人物として記憶されているか、そのどちらかだろう。あの約束は、果たされることはなかった。なぜならば、かの女は7年前にこの世を去ってしまったからだ。こうして、わたしの初恋は終わりを告げた」
 マレクはふうっと息を吐き出した。
 タデウシも下を向いた。
 話はこれで終わりかと思い、ルドヴィークは口を開きかけた。だが、マリアーンは唐突に話を続けた。
「・・・白状すると、実は、わたしの初恋の相手を、きみはよく知っているんだよ」
 タデウシはびっくりしてハンカチを目からはなした。
「そして、きみはその女性が嫌いだった」
 タデウシは『えっ?』という表情でマリアーンを見つめた。
「いや、本当は好きだったに違いないが、嫌いになろうとしたんだ。わたしにはわかっていたんだよ」そう言うと、彼は小さく頷いた。「かの女と初めて会ったとき、わたしたちは一緒にいた。かの女はきみのことをじっと見ていたが、きみはそれには全く気づいていなかった」
 タデウシはまだ顔中にクエスチョンマークをつけていた。
「あとになって、わたしはかの女に訊ねた。どうしてタデーばかりを見つめていたの、って。かの女は答えた。『わたしは彼を見つめていたんじゃないの。彼の声を聞いていたの。ポーランドが懐かしくて・・・』そう、かの女はポーランド人だったんだ。少なくても、当時のわたしはそう思っていた」マリアーンはそう言った。
 そして、彼は、もう一度言い直した。「わたしたちは、一緒に演奏をした。一緒に話をした。そして、二つ約束をした。一つは、将来一緒に演奏しようと。もうひとつは、その約束をタデーには話さないと」
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ