FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第三部」
第101章

第1848回

 ポーランドでその曲が最初に演奏されたのは、ブローニャのための追悼演奏会でのことだった。そんな経緯もあって、《イスタール》は、特にワルシャワでは有名な曲だ。かつて《クラコヴィアク》を知っていた人なら、知らない人はいないくらいだった。
 シャルロットは、人々の表情を見ているうちに、もう一度涙ぐんでしまった。かつての自分が、これほど多くの人から未だに慕われているとは想像していなかった。いや、彼らは、亡くなった(はずの)人間を悼んでいるだけだ。もし、自分が生きていると知っていたら、この曲はこれほどまでには人々に愛されなかったかもしれない。確かに、リシャール=マティスの《イスタール》は、世界中---控えめに言ってもヨーロッパ中で知らぬものがないと思われるくらい人気のある音楽だ。ただ、一般的には、ロマンティックな響きの中間部のみが有名であり、他国では全曲を通して演奏されることが少ない曲だ。《クラコヴィアクのブローニャ》を知る人のみが、全曲を通して聞きたがるのだ。
 この人だかりの中で、ハンカチを目に当てているシャルロットが人目を引くことはなかった。隣に立っていたユリアンスキーが涙ぐんでいても、気にする人は皆無に近いはずだった。なぜならば、その場のほとんどの人たちが同じ反応を示していたからだ。オルガニストの足下にいる雑種の大きな犬でさえ、黙って頭をたれているだけだ。
 突然、犬がうなり出した。ほとんど同時に、シャルロットは前屈みになり、その場に倒れた。その場から黒いコートの男性が走り去っていったが、はじめのうちは、誰もその男のことを気にとめるものはなかった。何が起こったか、誰一人として気がつかなかったからだ。一部始終を見ていたのは、オルガンを演奏していた男(と、足下にいた犬)だけだった。
 シャルロットの体がぐらりとした一瞬前、ユリアンスキーは一度だけ何か不自然な音を聞いた。シャルロットがその場に倒れたとき、ユリアンスキーは、何者かがかの女の後頭部を何かで殴りつけたのだと悟った。彼が辺りを見回したとき、走っている男はもうかなり遠くへ行ってしまった後だった。
「奥さま!」ユリアンスキーは涙声で声をかけた。「奥さま、しっかりしてください!」
 オルガン奏者は足を止めた。音楽が鳴り止んだ後、その場は一度に騒然となった。
「ブローニャ?」初老の男性がシャルロットに声をかけた。かの女の隣にいたのが執事のユリアンスキーだと気がついたからだ。
「ドクトゥール=クルピンスキー」ユリアンスキーは思わずフランス語で声をかけていた。「誰かが、かの女を後ろから殴ったようです」
 タデウシ=クルピンスキー医師は、シャルロットに駆け寄り、最初に大きな声で名前を呼んでから脈を確認した。ユリアンスキーの手に血痕がついていたのを見て、頭を診察するため、束ねていた髪の毛を下ろした。シャルロットはそれでも意識を失ったままだった。
「どこか、患者を横たえられるような場所はないかな?」医者はそう言った。
 それを聞き、何人かの男性が、教会の方へ走り出した。しばらくして、若い司祭が教会から現れた。
「司祭館へ案内します」司祭はそう言うと、クルピンスキー医師の方へ視線を移し「タデックおじさま?」と声をかけた。
「やあ」医師は小さく手を振った。「すまないが、わたしの長年の患者のために、場所を貸してもらえるかな?」
「・・・この女性は、まさか、お亡くなりに・・・?」司祭の顔はこわばった。
 医師はにやりとした。「残念だが、まだあなたの出番は先のようだ」
 ユリアンスキーは、真っ青になって二人を見つめていた。《なんでこんなときにジョークなんか言えるんだ?》と言わんばかりの表情だった。
「さあ、エデック、ハンカチで傷をしっかり押さえているんだぞ」医師はそう指示し、近くにいた若者たちに「すまないが手を貸してくれ」と頼んだ。
 教会に近づくにつれて、合唱の音色がはっきりきこえてきた。合唱団が何を歌っているのか気づいた一同は、一様に顔をしかめた。特に、ユリアンスキーの顔は硬直したままだった。

《Requiem aeternam dona eis Domine
 et lux perpetua luceat eis.》

「《レクィエム》か? まったく気が早いことだ」医師は不謹慎な冗談を言った。 
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ