FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第三部」
第101章

第1857回

 シャルロットは、マルチン神父の言葉を思い出していた。彼は、フリーデマンに対し、自分とフリーデマンが結婚することが正しいことだと言い切った。二人が結婚できるように神に祈り続けると約束した。司祭の視点から見れば、そうすることが神の前に正しいことなのだと理解できる。客観的な事象から推測すれば、それが一番の解決策なのは間違いなさそうだ。彼は本気でかの女を愛しているし、二人の間に子どもも生まれた。今の彼だったら、娘たちのいい父親になれるだろう。間違いなく音楽的な才能の片鱗を見せはじめている子どもたちにとって、彼はいい教師になれるだろう。客観的に見れば、かの女がフリーデマンと結婚することは、誰の目から見ても最高の解決策に違いない。
 そう考えてから、シャルロットは自分の考えを否定した。
《都合がいいからという理由だけで結婚することはできないわ。わたしは、フリーツェックを愛していない。わたしたちは、もはや昔の二人ではないのよ。どうして、誰もそれに気づいてくれないの? わたしが結婚したいと思う男性は、ただ一人》シャルロットはそこまで考え、思い浮かんだ男性の名前がタデウシ=ボレスワフスキーではないことに気づいてぼう然とした。《・・・なんてこと! どうしてタデックではないの? わたしは、数時間前に彼のプロポーズを受けたばかりなのに!》
 かの女の脳裏に浮かんだのは、唇をゆがめて笑っている赤毛の男性だった。その事実に、シャルロットはショックを受けた。
 かの女は泣きたくなってきた。しかし、泣くわけにはいかなかった。そうしているうちに、頭が痛くなってきた。さっきの事件の後遺症が現れ始めたのかもしれない。耐えきれなくなって、シャルロットは小さくうめきながらつぶやいた。
「・・・いたい・・・」
 クルピンスキーは、シャルロットのうめき声で我に返った。
「・・・どうした?」クルピンスキーは、シャルロットがフランス語で痛みを訴えたので、フランス語で訊ねた。
「・・・頭が痛い・・・」シャルロットは自分がフランス語を使っていることを意識していなかった。無意識にフランス語で考え事をしていたようだ。だから、クルピンスキーの問いに迷わずフランス語で答えた。
「頭のどの辺だ?」クルピンスキーはそう言いながら、ゆっくりと診察を始めた。
 フリーデマンは慌てて涙をふき、心配そうにシャルロットを見た。マルチン神父も同じような表情でシャルロットを見ていた。
「・・・わたしは、やはり・・・助からないんでしょうか?」
「吐き気がするのなら、痛み止めの内服は無理だな」クルピンスキーは言った。「残念だが、しばらくの間、痛みに耐えてもらうしかないようだ。もう一度眠れればいいのだが、痛みが増したのでは無理だな」
 フリーデマンは自分が痛みに耐えているような表情を浮かべた。
「仕方がない。さっきの話の続きを聞かせよう。わたしの昔話を聞くと、少しは気が紛れるかもしれないからな」クルピンスキーはフランス語で言った。「・・・さて、どこまで話したんだったかな?」
「あなたのお友達が就職したところまでです」マルチン神父が答えた。「ですが、あなたはどうされたのですか? まさか、就職先が見つからなかったとか?」
 クルピンスキーは甥をにらみつけた。
「見つからなかったわけじゃない。見つけなかっただけだ」
「仕事がなかったことには変わりないじゃないですか」
 クルピンスキーは憮然として言った。
「仕事はあった。パリの病院でアルバイトをしていたからな」そして、彼はにやりとした。「・・・そう、ドクトゥール=ド=ラ=ブリュショルリーと初めて会ったのも、あの病院だったな」
 シャルロットはびっくりして目を見開いた。
「当時、わたしはまだ正式な医者ではなかった。彼も当時、ただの医学生だった。あとになって、あのときの少年が彼だったと、ブリューノから聞いた」彼は真剣な表情になった。「わたしの担当の患者は、彼ではなく、彼の父親だった。馬車から投げ出されて、瀕死の重傷を負っていた彼の父親は、最後に、その事故の当事者に会いたいと願った。病室に連れてこられたのは、自殺を図って馬車に飛び込んできた若い女性だった。まるでミイラのように全身に包帯を巻いていたが、とてもきれいな声の女性だと思った。その女性は、今にも死にそうな彼の父親の姿を見て、自殺を図ったことを悔いたのです。自殺を図ったのは自分なのに、なぜ彼が死ななければならないのかとかの女は泣きながら言った。死ぬべきなのは自分なのに。許してくださいと涙ながらに訴えた」
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ