FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第三部」
第101章

第1862回

 シャルロットは顔を上げるまえに、ハンカチで目のあたりをふいた。
「これは、1919年に、彼が亡くなる直前に作られた曲です。つまり、彼の最後の作品なんです」フリーデマンが続けた。
「・・・クルピンスキー教授が、亡くなられていたの?」シャルロットは勢いよく顔を上げた。
 フリーデマンは遠い目をして頷いた。
「この曲は、戦死したマーチェクのために作曲されたものであると同時に、彼自身の弔いの音楽なんです」
「それでは、これを作曲したとき、彼は自分の死期を悟っていたの?」
 フリーデマンは首を横に振った。「たぶん、モーツァルトと同じ心境だったんじゃないかしら。レクィエムにのめり込んでいくうちに、自分の魂も天国に向かってしまったんじゃないかな。そう思うと、最後のユニゾンがしっくりくると思わないか?」
 そう言うと、彼はシャルロットから視線をはずして話し出した。
「<クラコヴィアク>が解散したあと---厳密には、恩師ステファンスキー教授の死後、彼は引退を決意したそうだ。晩年、というにはあまりにも早すぎる年齢だったが、彼は音楽院を辞め、故郷のケーニヒスベルクに戻った。だが、戦争になって、もともとドイツ系ではなかった彼は、ワルシャワに戻ってきた。一人息子のマーチェクは軍人となり、ドイツ方面の戦線へ招集された。予備役軍人だった彼は、警備のためにワルシャワに残った。そんな彼の唯一の楽しみは、教会でオルガンを弾くことだったそうだ。こうして、彼は、ピアノの白鍵を使った7つの調からなるミサ曲を作曲し始めたそうだ。最初の曲はハ長調、二番目の曲はニ長調、三番目の曲はホ短調、ついでヘ長調、ト短調、イ短調、ロ短調・・・と曲が作られた。後半が短調になったのは、たぶん、戦争の影響だろう。暗いニュースばかりだったし、戦時体制で、生活は決して明るくはなかった。彼は、だんだん、から元気を出す気力をなくしていったんだろう。そして、一人息子のマーチェクの死。彼は、レクィエムを作曲しようと考えた。だが、彼は、自分のレクィエムに変ロ短調を選んだ。有名なレクィエムにニ短調が多いのとは一線を画したわけだ。たぶん、彼の頭の中にあったのは、ショパンの葬送行進曲だったんじゃないかな。最後がユニゾンだから、厳密にはショパンの模倣だったわけじゃないけどね」
 シャルロットは頷いた。
「彼は、静かに曲を終えることを望んだ。曲には後奏がない。合唱のディミヌエンドだけだ。しかも、ユニゾンのね。彼は、曲の終わりの音を、全部同じ音にした。短三和音でも、ピカルディー終止でもない。人生の終わりは、希望でも絶望でもない。ただ、静かに消えていくのみ。いかにもクルピンスキー教授らしいと思わないか?」
 そう言うと、フリーデマンはそっとシャルロットの両手の上に手を重ねた。
「ブローニャ」フリーデマンは優しく呼びかけた。「どうか許して欲しい」
「許すと答えたはずよ」シャルロットも優しい口調で答えた。
「仲直りして欲しいんだ」フリーデマンが言った。そして、恥ずかしそうに笑った。「できれば、結婚して欲しいと申し込みたいが、あなたには、すでに心に決めた人がいる。わたしは、あなたに友情を求めたい」
 シャルロットは優しいまなざしを彼に向けた。
「友情だけでいいの?」
「できれば、もっとたくさん望みたい。あの頃のように、フリーツェックと呼んで欲しいし、きみと呼ばせてもらいたい。だが、贅沢は言わない。せめて、友達でいて欲しい」
 シャルロットは小さく頷いた。
「あなたがわたしの友達でいてくれるつもりなら、わたしは、あなたとの友情を再開することに異存はないわ。わたしたちには、たくさんの思い出があり、わたしはあなたが好きだった・・・」
「好きだった?」フリーデマンは思わず口を出した。
「ええ、あなたは、いつでもわたしの友達だった。いいお兄さんだった。あの頃の関係でいたいのなら、あの頃のようにきみと呼んでもらってもかまわないし、あなたをフリーツェックと呼んでもかまわないわ」
 フリーデマンはシャルロットの手をぎゅっと握りしめた。
「あくまでも、あなたが友達でいるというつもりなら、という条件付きよ」シャルロットは釘を刺した。
「それでも、十分だ」フリーデマンは答えた。
 そして、彼は出し抜けに立ち上がった。
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ