FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第三部」
第104章

第1908回

 シャルロットたちは、ユリアンスキーの運転する車で、最初にフリーデマンの教区にある教会、次にシャルロットがよく行く教会の順に向かったが、どちらの教会でも二人の姿を見た人は誰もいなかった。
 二人は車に戻らず、そのまま旧市街を歩き続けていた。子どもの頃、レッスンの帰り道によく通った道を、二人は黙りこくったまま歩き続けた。あのころは、二人きりではなかった。たいていは、あと二人の少年たちが一緒にいた。彼らは、手に楽器を持ったまま、言葉遊びゲームをしながら歩いたものだ。4人で歩かなくなって、もう20年たつ。しかし、辺りの景色はほとんど変わっていないように見えた。古い町は古いままで、自分たちだけが変わった。
 その町並みを抜けたところに、広場があった。いつか、シャルロットが暴漢に襲われたあの広場だ。シャルロットはそれに気づいて立ち止まった。フリーデマンも一緒に立ち止まった。そして、シャルロットの右手を掴み、歩き出すように無言で促した。
 平日の午前中だったためか、広場は閑散としていた。そんな彼らの横を、新聞売りの少年が駆け抜けようとした。フリーデマンは彼を呼び止め、新聞を一部購入した。
 シャルロットは驚いたようにフリーデマンを見た。
「もちろん、家出人が載っているとは思わないよ」フリーデマンは小声でそう言った。「ただ、今朝は新聞を読んでいなかったな、と思っただけだ」
 シャルロットは黙って頷いた。そして、手を離してくれたフリーデマンと微妙に距離を置いた。
 フリーデマンはくすっと笑った。そして、新聞の一面をさっと眺め、コートのポケットに突っ込んだ。そして、こう言った。
「やはり、ドイツでは、首相がヒットラーに交代したようだな。困ったことだ」
 そのニュースにシャルロットが無関心なようだったので、彼は話題を変えた。
「そうだ、せっかくここまで来たのだから、ヤンコフスキー神父に挨拶していかないか?」
「ヤンコフスキー神父さま・・・?」シャルロットは少し考え、「ああ、あのときの神父さまね?」と答えた。
「ああ」フリーデマンは短く答えた。
 そして、二人は教会へ向かって歩き出した。
 教会に入る前に司祭館を訪れると、なんとそこに二人の子どもたちがいた。シャルロットとフリーデマンがあぜんとして彼らを見つめると、ジークフリートの方はばつの悪い顔をして下を向き、逆にヴィクトールは憮然とした表情で二人をにらみつけた。
「どうしてここがわかったんですか?」ヴィクトールは二人の大人に訊ねた。「もしかすると、二人でここに来るようにと、誰かに言われたんですか?」
 シャルロットとフリーデマンは顔を見合わせ、同時に首を振った。
「ここならばれないと思ったのに」ヴィクトールが悔しそうに言った。
「まさか、こんなに早く見つかるなんて」ジークフリートも言った。
 フリーデマンは、ジークフリートに近寄った。さっと右手があがったので、シャルロットは慌てて止めた。
「だめ! まず話を聞いて!」シャルロットは彼の手を後ろから押さえた。
 ジークフリートは涙目になった。「殴ってみればいいんだ。ぼくたちは、何も悪いことはしていない」
「悪いことはしていない、だと?」フリーデマンはシャルロットを振り払おうとしながら怒鳴った。
 シャルロットは、フリーデマンを子どもたちから引き離した。そして、顔だけ振り返ってこう言った。
「いいえ、あなたたちは、一つだけ悪いことをしているわ。どうして、わたしたちを心配させるようなことをしたの?」
「どこに行くか知らせて家を出たら、あなたたちを心配させられないじゃないか」ヴィクトールがぼそっとつぶやいた。
 それを聞くと、フリーデマンは思わずにやりとした。しかし、彼はその表情をさっと引っ込め、怒っているふりをし始めた。
「つまり、わたしたちを心配させたかったんだ?」フリーデマンは低い声で言った。
 ジークフリートはちいさな声で言った。「あなたたちが迎えに来てくれるといいと思っていました。ぼくは、あなたたちが仲直りしてくれれば、と・・・」
「それ以上のことを望んでいます。どうか、みんなで一つの家庭を作ってください」ヴィクトールが言った。
 フリーデマンは怪訝そうに訊ねた。
「つまり、わたしに、あなたの父親になれ、と?」
 ヴィクトールは渋々頷いた。
「どうしてそう思う?」
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ