年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第三部」
第104章

第1914回

 二人の足は、広場で止まっていた。火曜日の昼前で、広場は相変わらず閑散としていた。
「どうして、息子と一緒の車に乗らなかったんだ?」フリーデマンが出し抜けに訊ねた。
「あなたこそ」シャルロットは言った。
「わたしは、あなたに話をしたかった。子どもたちの前では言えなかったことを話すために」フリーデマンはそう言うと、シャルロットの方を見た。
「残念ながら、わたしのほうには、もう話すことはないわ」シャルロットは答えた。「だから、このあたりでお別れしましょう」
 フリーデマンは、まだ何かを言いたそうにシャルロットを見た。
 ちょうどそのとき、教会から一人の大柄な男性が出てきた。その男性は、二人の姿を見ると、はっとしたように足を止めた。次の瞬間、男性は、早足で二人に近づくと、大きな体を折り曲げるかのようにしてシャルロットの足下にひれ伏した。
「ほんとに知らなかったんです。どうか、許してください、ブローニャさん」彼は大きな声で叫ぶようにそう言った。
 シャルロットは真っ青になり、思わずフリーデマンを見た。
「広場の真ん中で、大きな声を出すものじゃない。それに、この女性はクリスティアーナ=コヴァルスカ夫人だ。人違いじゃないのか?」フリーデマンが男性に声をかけた。
 彼は顔を上げた。茶色の目が、フリーデマンをじっと見つめた。
「あなたは、<クラコヴィアク>のフリーツェックだ。だから、この女性は<クラコヴィアク>のブローニャに間違いない」
 フリーデマンはあきれたようにいった。
「前半は正しい。わたしは、確かに昔<クラコヴィアク>というグループにいた。だからといって、その結論に達するのは早いのでは?」
「<クラコヴィアク>のフリーツェックが、そんなまなざしで見つめる女性は、ブローニャしか考えられない」男性は頑固に繰り返した。そして、もう一度頭をこすりつけるようにした。「だけど、あなたがブローニャかどうかは、この際関係ありません。わたしは、あなたに謝罪したいんです。わたしを覚えておいでかどうか・・・わたしの名前は、アンジェイ=ピルニといいます。3ヶ月前、ここで、あなたに怪我をさせた者です」
 シャルロットはびくっとして、ピルニと名乗る男性から一歩下がった。
 逆に、フリーデマンは一歩前進した。そして、怒っている口調で訊ねた。「ちなみに、ピルニというのは、本名か?」
 彼は再び顔を上げ、「間違いありません」と答えた。
 シャルロットは顔を上げた男性をじっと見つめた。
「<誠実(ピルニ)>。名前負けしているとお思いでしょう。わたしもそう思います。いえ、自分の名前のような人間になりたいと、いつもそう思っていました。だから、あんなことをしたあと、ずっと苦しかった」男性は、苦痛に満ちた表情でそう言った。「病院であなたに再会したあと、わたしは決心しました。自首しよう、本当のことをすべて話してしまおうと。そして、その前に告解してきたところです」
 黙っていたシャルロットに、ピルニはこう言った。
「もし可能なら、その女性に謝罪してから自分の罪を償いなさい、と神父さまはおっしゃった。神に対する償いは終えました。人間に対する償いだけが残りました。ここであなたに会えたのも、きっと神の計らいに違いありません」
 フリーデマンは、ふん、と鼻を鳴らした。
「わたしは、チャルトルィスキー公爵の命令であなたを襲いました。公爵は、あなたをおびえさせるだけでいい、命は奪ってはいけないと言いました。そして、決して捕まるなと。それで、わたしは、誰もあなたに注目しなくなった瞬間を選び、後頭部をちょっと殴って・・・」
「ちょっとだと?」フリーデマンは気色ばんだ。「あれでは、傷害罪じゃなくて、殺人未遂で訴えられてもおかしくないんだぞ!」
 ピルニはしゅんとして下を向いた。
「・・・あれでも手加減したんですよ。それから、全力で走ってその場から逃げました」ピルニは小声で言い終えた。
 今にもつかみかかろうとしているように見えたフリーデマンを、シャルロットが止めた。
「ピルニさん」シャルロットは大柄の男の方に向き直った。「もう少し詳しくお話を伺ってもいいかしら? わたしには、一つだけ理解できないの。こういうお仕事をしているあなたが、どうして今回だけ罪の意識を感じたのかしら?」
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ