FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit

「年代記  第二部」
第18章

第327回

 ナターリアは、それから毎日3本のバラのつぼみを受け取った。3本とも赤いバラで、ブルーのカードが決まって添えられていた。そのカードには、いつも同じ言葉が書かれていた。


バラのようなあなたへ。アントーニ


 花束が届くのはなぜか、いつもかの女が留守のときだった。かの女はピアノを教えていて、いつも決まった時間に家を出た。花束は、いつもかの女が出かけた後すぐに届くのだそうである。60歳くらいの男性が持ってくるのだということだったので、かの女は、あの日馬車に乗っていたヴォイチェホフスキーという人が持ってくるのだろうと思っていた。
 コンサートから一月後、ナターリアはブルマイスターとの食事の約束をしていたので、いつもより遅めに家を出た。そのため、かの女は、門を出たところでチャルトルィスキー公爵とばったり会ってしまった。彼は、かの女を見ると赤くなった。
「こんばんは」かの女が声をかけた。
 彼は決まり悪そうに下を向いた。やがて、彼はピンク色になった顔を上げて、小さな声で言った。
「こんばんは、パニ=スタニスワフスカ」
「何かご用ですか?」かの女は優しく訊ねた。
「あなたに、バラの花を持ってきました」
「あなたが、こんなところまで、わざわざですか?」かの女は驚いて言った。「・・・まさか、いつも、あなたが・・・?」
 彼はますます赤くなった。そして、無言のまま3本のバラをかの女に渡した。
「ありがとうございます。・・・でも、なぜ、このようなことをなさるのですか?」
 彼は勇気を出して言った。「あの、夕食を一緒に・・・いかがですか?」
 かの女は残念そうな顔をして、優しく言った。「ごめんなさい。今日は、先約があるんです。先月から、ブルマイスター氏と夕食の約束をしているんです」
「そして、あなたは、彼と夕食をすることを・・・ずっと楽しみにしていたんですね?」
 ナターリアはゆっくりと首を横に振った。「いいえ。断り切れなかったんです。彼と一緒にいるのは、正直言って楽しいことではないのです」
「じゃ、わたしについていらっしゃい。決して後悔はさせませんから」彼は思いきって言った。
「でも、わたしは、彼と約束しているんです」かの女は優しい口調だったが、まるで彼を説得するように言った。
「パニ=スタニスワフスカ、あなたは、約束を守るかたですか?」
「ええ、守らなければならないときにはね」
「コンサートのとき、あなたはわたしとの約束を守りませんでしたよね。あの黒い服も、あの赤いコサージュも、わたしのためのものじゃなかった。でも、ブルマイスター氏のときには、約束を守るというわけですね」
 ナターリアは顔を赤らめた。
「今度も、約束を破ってしまいなさい。そんなつまらない約束なんか、忘れてしまいなさい。そして・・・」彼もさらに赤くなって続けた。「そして、わたしと一緒に来て下さい」
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。