FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第二部」
第20章

第358回

「サーシャ、いい加減にしなさい。わたしは、ホールの入り口で狙われたのだ」公爵が言った。「誰だって、自分の娘が出るコンサートなら、聞きに出かけるに決まってるじゃないの。そうは思わないかね?」
「そりゃそうです、ですが・・・」
 公爵は優しくレシェクを見つめた。「レシェク、もう行きなさい。こんなことに巻き込んでしまってすまない」
「公爵さま、わたくしは・・・信じて下さい・・・あなたを裏切るつもりなんて・・・」彼は目に涙をためていた。
「行きなさい」公爵は穏やかに言った。「もちろん、信じているよ」
 その日の夜遅く、3人の憲兵がチャルトルィスキー家にやってきた。ユゼフ=ユリアンスキーが公爵を呼びに行った。
 公爵夫妻は、粗い布に包まれたものを見た。憲兵の一人が布を開いた。レシェク=トマシチェックが、真っ青な顔をして横たわっていた。その顔は、生者のものではなかった。ナターリアは公爵にしがみついたまま気を失った。
「レシェク・・・」公爵は優しく声をかけた。それから、ユゼフ=ユリアンスキーに言った。「すまないが、トマシチェック夫妻を呼んできてくれないか?」
 ユリアンスキーが出て行くと、憲兵は、公爵に手紙を手渡した。宛名が自分になっていることを確認し、公爵は中を開いた。


親愛なるチャルトルィスキー公爵さま
 わたくしは、死ぬ決心をしました。あなたに疑われたからではなく、自分のしたことに対して責任をとるためです。わたくしは、結果的にあなたを裏切ってしまいました。ですが、それは、ポニァトフスキー伯爵さまが言われたように、誰かに買収されたからではありません。
 わたくしは、5年前、雨の中を傘もささずに通りかかった女性に一目惚れをしました。黒い髪をしたユダヤ系の女性でした。わたくしは、思わず、持っていた傘をかの女に渡しました。翌日、かの女は傘を返しに来てくれました。その後、かの女はほとんど毎日のように門の前を通るようになりました。わたくしは、午前11時30分頃になるのを、毎日楽しみにしていたのです。
 わたくしたちが話をするようになったのは、約3年前からです。そして、2年前、わたくしはようやくかの女にプロポーズしました。しかし、かの女には、クラークフ大学に行っている弟がいて、その弟が卒業するまで待って欲しい、と言われたのです。わたくしは、待つことにしました。かの女がわたくしを愛しているのが確かだと思えたからです。わたくしたちは、よく話をしました。そして、慰めあったものです・・・。
 先月初め、わたくしは、ガリツィアから帰ってきたというかの女の弟に初めて会いました。彼がわたくしの結婚に賛成してくれたことで、わたくしは彼に対していい印象を持ちました。わたくしは、彼に自分の仕事のことを話しました。今思うと、それが、あなたへの裏切り行為だったんですね。そのとき、お嬢さまのコンサートの話に触れたのです。
 わたくしの恋人の名前は、ミリアム=ジェルマンといいます。そして、その弟がオーレリアン=ジェルマンだったのです・・・。
 これが、わたくしの《裏切り》の真相です。わたくしがしたのは、ミリアムを愛したことだけでした。あなたを裏切るつもりなど、本当になかったのです。自分が知らないうちに犯罪者になりうることは、恐ろしいことです。わたくしはあなたが、そしてヴォイチェホフスキーさんが、わたくしを本当にかわいがって下さっていたことを知っています。それを裏切ってしまったことに対して、こうしてお詫びするしかなかったことをわかってください。
レシェク=トマシチェック


 そこへ、レシェクの両親が駆けつけてきた。母親のゾフィアは、息子の遺体を見るなり、駆け寄って激しく泣き出した。
「どうして、こんなことに・・・?」父親のミコワイがつぶやいた。
「許してくれ」公爵が二人に言った。「わたしが悪かった・・・」
 トマシチェック夫妻は、そろって公爵を見つめた。彼らは、公爵が泣いている姿を見て当惑した。
「許して欲しい」公爵は再度謝った。
 ミコワイ=トマシチェックはゆっくりとうなずいた。そして、彼は泣いている妻の方へ行き、肩をそっとたたいた。そして、彼らは、レシェクの遺体を自分たちが住んでいる離れに運んでいった。
 公爵は彼らの後ろ姿を見てつぶやいた。
「レシェク、おまえには、罪はなかったのに・・・」
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ