FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第一部」
第2章

第35回

 ナターリア=スクロヴァチェフスカは、クラリスの話を聞いてびっくりした。
「そう言われてみれば、あなたの目も青なのね」ナターリアが言った。「わたしの目の色と一緒。これは、<ザレスキー家のブルー>と呼ばれる色なのよ」
 ナターリアは、あらためてザレスキー家の歴史を語り始めた。
「もともとは、フランス革命から始まった話なのよ。1789年にフランスで革命が起ったとき、ルイ=シャルル=ド=ルージュヴィルという公爵が、グダィンスク・・・ダンツィッヒともいうわね・・・に亡命してきたのよ。彼は、グダィンスクでアリシア=コヴァルスカという少女に一目惚れしてしまったの。アリシアは、25も年上の公爵と結婚して、ルイ18世の時代にフランスに行ったの」ナターリアが言った。「数年後、かの女は、妹たちをフランスに招待したの。かの女の妹たちは、それぞれ子どもたちだけをフランスに送ったの。上の妹は、息子のマリアーン=ジグムント=ザレスキーとその妹に当たるアグニェシカ。下の妹は、息子のアレクサンドル=コヴァルスキー。3人は、その随行員たちを連れてフランスに向かったそうよ。結局、全部で何人だったかは、よくわからないんだけど。その歓迎パーティーの時に呼ばれた弦楽四重奏団のメンバーに、レオン=フランショームという名前の若いヴァイオリニストがいたの」
 クラリスにとって初めて聞く話ではなかったが、ナターリアがここまで詳しく話したことはなかった・・・とあらためて思った。もしかして、ナターリアも、自分をザレスキー一族だと思い始めているのだろうか、とかの女は思った。
「レオン=フランショームは、燃えるような赤毛に、グリーンの目をした青年だった。彼は、アグニェシカに一目惚れしてしまったの。そして、かの女の方も・・・。誰もそれに気づかなかったの、ただ、アレクサンドル=コヴァルスキー以外は。コヴァルスキーは、二人の仲を裂かなくてはならないと思ったのよ。かの女は貴族だったし、ポーランドには婚約者がいたの。その婚約者というのは、かの女のいとこだったんだけど。コヴァルスキーは、誰にも気づかれないうちに二人を別れさせなくてはならないと思ったの。そうしているうちに、ポーランドで革命が起ったの。兄妹は、ポーランドに戻らなくてはならないと思ったのよ」
 クラリス、アレクサンドリーヌ、リディアはそろってうなずいた。
「でも、アグニェシカの心は動いていたの。かの女は、レオンと一緒にフランスに残ってもいいと思うようになっていたのね。それに気づいたコヴァルスキーは、策を練ったのよ。彼らがポーランドに戻る日をアグニェシカだけには、一日遅く伝えていたのよ。その日付を知ったレオンは、その前日に二人で駆け落ちしようともちかけ、アグニェシカも同意したの。でも、その約束の時間にかの女は行けなかった。だって、本当の帰国日は、その約束の日だったんですもの。その時間には、かの女は、ほかの人たちと一緒に、ポーランドに向かう馬車に乗っていた、というわけ。コヴァルスキーの置き手紙で事実を知った彼は、その馬車を追いかけた。でも、彼は馬車に追いつけなかった・・・」
 ナターリアは、一息ついて続けた。「そして、ポーランドに戻ったマリアーンはコヴァルスキーの妹と結婚し、アグニェシカはいとこのウワディスワフと結婚したの。兄には二人の息子が、アグニェシカには娘が一人誕生したの。その娘というのが、わたしのおばあさま。祖母には、3人の子どもがいて、わたしは2番目の子どもリベルテの娘なの。わたしは、ザレスキー一族の人間については、ちいさい頃から祖母に聞いているけど、あなたがザレスキー一族だなんて聞いたことはないわ」
 クラリスはうなずいた。
「ただ、ひとつ、気になることはあるんだけどね」
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ