FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「日記」
備忘記録的なもの

ネアンデルタール人?

本来は、この日記に書くべきことではないのですが(・・・というのは、この日記には、できるだけ小説には関係のないことを書かないように気をつけているつもりです)、この日記とプライヴェート日記の両方の読者がいない(はず?)ことを考え、今日は少し身の回りのことを書くことにしました。


ぜんそくの持病があることは一度書きましたが、けっこうストレスに弱い体質らしく、何かあると身体のどこかに変調をきたします。たいていは「耳鳴り」という形を取ることが多く、起きている時間のほとんどが耳鳴りとのおつきあいです。その状態は、スメタナの第一番の弦楽四重奏曲の最終楽章みたいな感じです。(あんなにすっきりした音ならいいのですが、実際はもう少し複雑な音がします。)
スメタナの音楽を御存知ない方のために簡単に説明すると、スメタナの第一番は、彼の半生を描いた音楽とされ、最終楽章には彼自身の「耳鳴り」を思わせる高い持続音がずっとなりひびきます。耳鳴りはともかくとして、大変美しい音楽なので、機会があったら一度は聞いてみることをおすすめします。

さて、初めてあの曲を聞いたとき以来、自分の耳鳴りに「スメタナさん」とあだ名をつけ、ずっとその名前で呼んできました。ベドジハ(=フレデリック)という洗礼名で呼んでもいいのですが、音楽史上にはほかにもフレデリックさんが一杯いますので、いつの間にか、名前の方ではなく「スメタナさん」と呼ぶようになっていました。

*ただ、耳鳴りの原因は本家本元のスメタナ氏とは違い、ストレス性のものですので、誤解なきよう。

いったん名前をつけてしまうと、ただの耳鳴りが無二の親友(?)的な存在に思えてきますから不思議なものです。これが不協和音だったら気になって眠れないところでしょうが、不思議なことに協和音なんですよね。それで、耳鳴りとは平和的共存をしながら生活していました。


ところが、この3月以来、体調がずっとすぐれません。原発問題を別としても、例年、この時期はぜんそくがひどいので体調の悪さはそのためだと思っていました。夜もあまり眠れず、睡眠不足状態が続き、耳鳴りの和音が変わりました。めまいがするようになったので、これはヘンだぞ?と思うに至りました。


最初に考えたのは「もしや、これって、更年期障害?」でした。
で、婦人科に出かけたのですが、「血液検査では、まったく問題ありません。更年期症状ではないと思いますよ。そもそも、更年期症状では、回転性のめまいは起こりません。耳鼻科に行かれてはどうでしょう?」と言われ、紹介状をもらって耳鼻科に行きました。
耳鼻科で詳しく検査をしたところ、「ストレス性のものに間違いがないので、まず睡眠を改善しましょう」とのことで、睡眠導入剤を処方されました。最初の日は一錠、次の日から二錠飲んで下さい、との指示にしたがって薬を飲んだのですが、一日目にはやはり眠れず、二日目には一日中眠気が続き、「2つでは多いのかな?」と勝手に判断し、三日目に1.5錠飲んで床につきました。


・・・やっぱり、勝手に判断するのは間違いでした。
1.5錠飲んで寝た晩、途中で目が覚めてしまい、「のどがかわいた」と思って起き上がったのはいいのですが、身体が思うように動かず、柱に頭をぶつけてメガネを壊してしまいました。
メガネが登場しましたが、実は、とんでもない近視でして、メガネがないと生活が全く成り立ちません。たとえば、パソコンの前に座ったら、ディスプレイをなめることができるくらい近寄らないと文字が見えません。まだ、実際になめたことはありませんけど・・・。

日中はコンタクトレンズがあるのでまだ何とかなるにしても、コンタクトレンズをはずしてしまうと恐ろしい世界が待っています。近眼の方ならおわかりだと思いますが。


たぶん、普段、ネアンデルタール人みたいな格好で歩いているんでしょうね。普通の人は、メガネから柱にぶつかることはないと思うのですが。
運が悪いことに、虫歯まで痛み出し、昨日はついに抜歯してきました。
かくして、昨日の夜は、両手の指の数よりも多い薬を飲んで寝る羽目になりました。


ようやく、壊れたメガネが戻ってまいりまして、平穏な日常生活に戻りつつあります。
スメタナさんも、ようやく普段の協和音に戻ってきましたので、次回耳鼻科に行くときには、薬の数が減るのではないでしょうか。


(こんな「闘病日記」的ものをアップしたりして、作者のイメージが崩れすぎないといいのですが。お目にかかったことがない読者の方が、私のことをメガネをかけたネアンデルタール人だと想像してしまうと考えると、不本意な気がします。いや、そもそも、そう考えるほうが、視力がよかったはずのネアンデルタール人の方々に失礼でしょうか・・・?)
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ