FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「日記」
備忘記録的なもの

気長な話

今日発表分の「年代記」第828回は、こんなフレーズで終了しています。



 そこに、ノルベール=ジラールが立っていた。彼は、何か思いつめたような真剣な表情をしていた。そして、ひどく緊張したような素振りで二人に会釈した。
「ヴィクトール、シャルロットと話があるんだけど、いいかな?」
「話は終わったよ」ヴィクトールが答えた。「ただ、かの女は、少し具合が悪いようだ。サヴェルネ教授のところまで送っていってもらえるかな?」
 シャルロットは断わろうとして口を開きかけた。
「わかった」ノルベールが答えた。「話がある、シャルロット。歩きながらでいいから、ぼくの話を聞いて欲しい」
「かの女は、具合が悪いんだから、複雑な話をするんじゃないよ」コンサート=マスターが後ろから声をかけた。「たとえば、愛の告白なんかしちゃだめだよ」
 ノルベールは彼をにらみつけ、シャルロットの手からヴァイオリンのケースを取ろうとした。
「・・・ノルベール、これだけは、誰の手にも渡せないのよ」シャルロットが抗議するように言った。「これは、ヴァイオリニストの心なのよ」
 ノルベールは手を引っ込めた。
 二人は歩き出した。
 建物の外に出たとき、ノルベールは口を開いた。(「年代記」第828回 より)



この次に来る台詞は、「実は・・・白状するが、第829回がなかったんだ、どこをさがしても・・・。すまない」9月13日の日記参照)ではないことだけは確かです。
ついでにいえば、コンサートマスターが忠告する「愛の告白」でもありませんが・・・。




あれ以来、せっせとタイトルを一つずつ前倒しするという気長な作業に取り組んでいます。
どうせだから、誤字脱字を直しておこうと思い、丁寧に一話一話を読みながらタイトル訂正作業を続けております。
そんな調子なので、ようやく第63章まで終わりましたが、バックナンバーを100ページずつ見てもやっと6ページ目に入ったところです。(つまり、まだ600残っている、ということですけど。)
気長な作業ですが、読み返してみて、あらためて「うちの小説って、こんなに暗い話だった?」と思います。まだ、死者が二名出たばかりなんですけどね・・・。
このあたりでまいってくるなんて、ちょっと、うつ気味なんでしょうかね?



タイトルをひとつずつ前にする作業を続けているうちに、今ごろになって気づいたのですが、一つ少なくなるということは、1000ページにさしかかったところで、また空ページを作る作業をしなければならないということ・・・ですよね?と気がつきました。別に意識していたわけではなかったのですが、1ページ目が終了したのが第477回。今回は、タイトルが3つ増えていますので、1000-(500-477+3)=974ということで、第65章がちょうど第974回で終了だ!と喜んでいたのですが、今回の作業で、第973回が終了回となります。ということは、第65章の話数(=19)と同じ数の空ページが必要?!・・・。
えっ? うそでしょ・・・?



ちょっと絶句してから考えました。
計算違いです。
こんな簡単な計算もできないくらい、頭が混乱しておりました。
空ページの数は1です。
(第974回目だけが2ページ目ですから。)


そんなめちゃくちゃな計算をしている間に、とりあえず第973回までたどり着くのが次の目標でしょうかね。
どちらにしても、気長な話です。
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ