FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「日記」
備忘記録的なもの

・・・と思った。

第65章をあらためて読みながら、やや古典的なジョークではありますが、「石橋をたたいて壊す」というものを連想してしまいました。

あるところに、とても心配性なAさんという人間がいました。
ある日、AさんとBさんが歩いていて川にさしかかりました。その川には石でできた橋が架かっていました。
『丈夫そうな橋に見えるけど、もし渡っている途中で壊れてしまったらどうしよう?』AさんはBさんにたずねました。
Bさんは『あの橋は丈夫な石でできているから、壊れたりはしないよ』といいました。
それでも、Aさんはその橋が危ないと思いました。
Bさんは、手にしていた杖で橋をたたき、『ほらね、大丈夫だよ』といいました。そしてBさんは橋を渡ろうとしました。
Aさんは慌ててBさんを止め、ちょうどそこを通りかかったブルドーザーの運転手さんに、『その機械で橋をたたいてみて』とたのみました。ところが、運転手さんは、勢い余って橋を壊してしまいました。
二人の目の前で橋が壊れたとき、AさんがBさんにいいました。
『ほら、やっぱり大丈夫じゃなかっただろう?』



・・・客観的に見れば、こういう人間をさす四文字熟語を<針小棒大>というのでしょう。自分でも、妙なところが神経質だなと思わなくもありません。先日、何かの番組で、「ときどき自分の心配事を『・・・と思った。』という言葉で締めくくってみるように。そうすれば、自分がいかにちいさなことで悩んでいるのか気がつきます」・・・というのがありましたが、確かに、気がついてみると『(・・・)だったらどうしよう』と考えている自分がいます。


作者の思考回路がこうですので、当然作中の人間にそれが反映されるようです。今回、(現在進行中の)第65章を読み直して、作中人物たちが『もし、戦争になったらどうしよう』『もし、自分の気持ちが周囲に知られてしまったらどうしよう』・・・と悩む様子を見ながら、「あ~あ、やっちゃった・・・!」という気持ちでおります。もし、今この部分に手を入れたら、自分を含め、登場人物たちの悩みがますます深くなりそうな気がするので、こういう忙しい時期には余計なことを考えないことが一番かも知れません。
約100年後のわれわれは、1914年6月13日(および14日)という時期が第一次世界大戦が始まる直前の時期だということを知っています。同じ学校で学んだクラスメートたちが、夏休みが終わる前に敵味方に分かれるという事実をすでに知っています。普通はやっちゃいけないことかも知れませんが、たとえばフランス人とドイツ人であるフランソワとギュンターが、この会話から32年後に同じ場所にやってくるというようなことを、たとえさらりとではあっても書いておくのはネタバレとしてはやり過ぎなのかも知れません。ただ、32年後の再会のシーンの時、65章にこんなことを書き残していたことを、恐らく読者の方は忘れているだろうと思います。このときから32年の間に、第一次世界大戦ばかりではなく第2次世界大戦が起こっていますが、フランソワはコルネリウスに、ギュンターはシャルロットに影響を与え、4人は生きてこの公園に帰ってきます。なかなかすんなりと、はいきませんけど。
第65章のサブタイトルは<テンペスト>です。これは、担任の先生だったアルフレッド=ド=グーロワールがこのコンサートのために選んだピアノ独奏曲のタイトルであるのと同時に、戦争の予感を感じる彼の生徒たちの感情、アンブロワーズ=ダルベールの感情、そしてこの日の天候を暗示するタイトルです。久しぶりにミュラーユリュードの土地を訪れたシャルロットを見た研究所の人間たち、とくにアンブロワーズ=ダルベールはかの女の足が心配で必要以上につきまといます。その行為が、このあと一つの悲劇の元になります。ダルベールは、自分がきっかけで起こった事件のことで深く傷つきますが、その様子を見たシャルロットは彼が何かを隠していると確信します。シャルロットは、ダルベールが隠しているものが本当はなんだったかをとうとう気づきませんでしたが、周りの誰もがそれを知っています・・・。


この章が終わったところで、2枚目の目次が全部埋まります。何度か書いてきているとおり、ここで空ページの必要はありません。
そこで考えてみました。確かに、目次ページで、一つの章の途中でページが変わるのは親切ではないかも知れない。だけど、2ページにまたがるタイトルがあったとして、果たしてそれほど見苦しいものなのだろうか?と。
1ページ目から2ページ目に進むため、16もの空ページを作りました。2ページ目から3ページ目までには必要ないものですが、3ページ目から4ページ目に進むため10作らなければなりません。そのあとは・・・。


前回、「通常ブログ画面」へのナビゲーションを削除しました。でも、「ALL」までナビゲーションを削除してしまったら、もうナビとしての意味のほとんどを放棄したのと一緒ですよね。やっぱり目次は残しておきたい。だけど、「空ページ」が邪魔。これを、どこか目立たないところに移動させたいけれど、そのページにリンクしないような方法が思い浮かばない。せめて「Archives」の最初の行に空ページを持ってこないようにしたい。でも、空ページをどのへんに置いたらいいかわからない。作品の途中に置いたら、ナビの邪魔になってしまいます。だとしたら、茶色の三角ナビを消すくらいしか思い浮かばないけど、それの消し方がわからない。
・・・また、ここに戻ってきてしまいました。まさか、記事が1000を越すまでには、何かいい考えが思い浮かぶと思っていたのですが、たたかれる石橋よりも石頭なもので、あれから500話近く連載が進んだ現在に至っても、まだ試行錯誤が続いております。今回はとりあえず500記事だったので問題を先送りすることができますが、もし、このまま何も思いつかなかったらどうしよう・・・。


・・・と思った。


・・・しかし、あまり、問題の解決にはなっていないようですよね。
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  

~ Comment ~


こんにちは!Novelテンプレート管理人です。
のんびり構えておりましたが、記事数1000件超えも間近いとのこと、3p目の総目次、なるべく早目に着手致します…(^^ゞね。
ところで上の記事で触れられていた件ですが、
>せめて「Archives」の最初の行に空ページを持ってこないようにしたい
表紙の月別更新履歴の事であれば、先ほどnovel-Jf-Over500とnovel-R-Over500を、本来の表示とは逆順に表示されるように修正をかけておきました。但し、逆順表示はJavaScript有効の時のみですが…(^^ゞ
月別アーカイブ一覧は全記事一覧ページと同じく記事ページの表示順に連動しているため、全記事を古⇒新順に表示させる都合上どうしても古い更新月が上にきてしまうのですが、JavaScriptで逆順に表示させる方法をようやく見つけました
>茶色の三角ナビを消すくらいしか思い浮かばないけど、それの消し方がわからない。
カム様は空記事のナビを消してらっしゃいますが、そうではなく、空記事の前後の記事のナビ、カム様の場合
記事番1082の「ご注意・そして、作者からのお願い」のナビを消す必用があるかと思います。
#permanent .en_bg1082 .d_navi{display
空記事の存在?自体が煩わしい場合、とりあえずページは残ってもページ内の表示を全て消し去り空っぽにするという手もあります。
その場合は↓
#permanent .en2_cat62,#permanent .en_sub_block62{display
記事のナビを消す方法については以下の記事をご参照ください。
http://noveltemplate.blog26.fc2.com/blog-entry-518.html#d_navi
もしも、空記事部分をとばした時系列順のナビを表示させたい場合は、ちょっと面倒ですが、カスタマイズは可能です。
そちらの方がよいでしょうか?
#36[2012/02/14 14:13]  Novelテンプレート管理人  URL  [Edit]

Re

いつもお世話になっております。
たぶん、疲れているからもあるのでしょうが、ここ数日、お得意の「どうしよう・・・」ループにはまっておりました。考えがまとまったら、over1000テンプレート作成のお願いと、ご質問に押しかけようと思っていたところでした。
> ところで上の記事で触れられていた件ですが、
>
> >せめて「Archives」の最初の行に空ページを持ってこないようにしたい
>
> 表紙の月別更新履歴の事であれば、先ほどnovel-Jf-Over500とnovel-R-Over500を、本来の表示とは逆順に表示されるように修正をかけておきました。但し、逆順表示はJavaScript有効の時のみですが…(^^ゞ
自分でこの場所を指定しておきながら「一番上の行に空ページが来るのは嫌!」もなにもないのですが、改訂の結果この行が一番下になるとすれば、とりあえずこれだけでも空ページは気にならなくなります。「Archives」の一番最初に「2005年3月(=現在の空ページの日付)」があると、読者の方がとりあえずうっかりこれを指定してしまったら申し訳ないと、ずっと気にかかっていたのです。まあ、試しにやってみても何も出てきませんが、出てこないことでかえって気を悪くする方がいるかもしれませんし。
(・・・うーん。「いたらどうしよう」と書きかけました。危ない、危ない。)
> カム様は空記事のナビを消してらっしゃいますが、そうではなく、空記事の前後の記事のナビ、カム様の場合
> 記事番1082の「ご注意・そして、作者からのお願い」のナビを消す必用があるかと思います。
>
> #permanent .en_bg1082 .d_navi{display
>
・・・やっぱりこちらだったんですね。まずこれを試してみたいと思います。
> 空記事の存在?自体が煩わしい場合、とりあえずページは残ってもページ内の表示を全て消し去り空っぽにするという手もあります。
> その場合は↓
>
> #permanent .en2_cat62,#permanent .en_sub_block62{display
>
>
> 記事のナビを消す方法については以下の記事をご参照ください。
> http://noveltemplate.blog26.fc2.com/blog-entry-518.html#d_navi
>
>
> もしも、空記事部分をとばした時系列順のナビを表示させたい場合は、ちょっと面倒ですが、カスタマイズは可能です。
> そちらの方がよいでしょうか?
最後の二つの方法は、出来上がりのイメージが頭の中で思い浮かびませんので、実際に試してみます。
最終的に自分が本当は何をしたかったのか頭の中を整理してみて、ぶしつけなお願いに対するお礼を申し上げに管理人さんのブログにお邪魔をするか、あるいはけじめをつけてきちんと質問にまいりたいと思います。
本当にどうもありがとうございました。
あまりまとまった時間が取れないので、ちょっと時間がかかりそうですが、すこしずつ試してみます。
#37[2012/02/15 00:21]  cambrouse  URL 

Novelテンプレート管理人です。
申し訳ありません、3ページ目のJfタイプもPFタイプもPageTopを非表示にするクラス名が抜けておりました。
サイト内配布したテンプレは先ほど修正いたしましたので、再DLもしくはHTMLの以下の箇所に赤字の部分を追加してください。
<!--▼カテゴリー別タイトルリスト-->

<div style="display:none">
<ul>
<!--titlelist-->
~ 中略 ~ 

<!--/titlelist-->
</ul>
</div>

<div class="entry_all">

<!--category-->
~ 中略 ~ 

<!--/category_sub_end-->

<script type="text/javascript">
<!--
~ 中略 ~ 
//--></script>
<p class="back-top c_show hide_1p_<%category_no> hide_2p_<%category_no> co_num<%category_count> kara<%category_no>"><a href ="#pagetop" title="↑ページトップへ">PageTop▲</a></p>
<!--/category-->
 
</div>
<!--▲カテゴリー別タイトルリスト-->
<m(__)m><m(__)m><m(__)m>
#38[2012/02/20 16:20]  Novelテンプレート管理人  URL  [Edit]

NoTitle

Novelテンプレート管理人です。
申し訳ありません、PFタイプのHTMLに不具合がありました。
サイト内配布のHTMLは先ほど修正致しましたので、大変申し訳ありませんが、
再DLもしくは以下の個所の変更をお願い申し上げます。
メインテンプレート
<head>~</head>内の設定に赤字の部分を追加
<style type="text/css"><!--
~ 中略 ~
.co_num0,.tb_num0 {display

#permanent li.co_num0{display
--></style>
Over1000-2P と Over1000-3P
以下の赤字部分の</div>を削除
<!--▼▼▼▼ ヘッダー(タイトル部分)▼▼▼▼-->
<div class="header">
<noscript>カテゴリ別表示は、JavaScript を オン にしてください。</noscript>
[色:FF0000]</div>

</div>
<!--▲▲▲ヘッダー(タイトル部分)▲▲▲-->
毎度毎度、カム様が実際にカスタマイズしていただくまで、不具合に気づくことができず、
ほ~んとっに、申し訳ありません。
<m(__)m><m(__)m><m(__)m>
力の及ばぬ部分はアフターサービス?でカバーさせていただくつもりですので、
これに懲りずにまた何かありましたら、なんでもお申し付けくださいませ。
まずは取り急ぎお詫びとご連絡まで
<m(__)m><m(__)m><m(__)m>
#39[2012/03/02 13:49]  Novelテンプレート管理人  URL  [Edit]

NoTitle

Novelテンプレート管理人です。
毎度毎度申し訳ありません。<m(__)m>
実は、コメントを頂戴してから原因の究明にとりかかったのですが、難航しております。
Jタイプでは確か不具合はなかったんですよね。
一旦、Jfタイプのサブテンプレートの名前を
2ページ目をOver1000-JF-2P
3ページ目をOver1000-JF-3Pに変更していただけますか?
JfタイプのサブテンプレとPFタイプのサブテンプレ、両者の実際の表示ソースを照らし合わせて原因を探ってみます。
#40[2012/03/03 19:39]  Novelテンプレート管理人  URL 

NoTitle

不具合の原因、わかりました!
わかってみれば、お恥ずかしい限りの私メの初歩的なミスでした。
本当にご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。
サイト内配布のHTMLは先ほど修正いたしましたので、再DLもしくは以下の個所をご変更ください。
2ページ目と3ページ目のサイドメニューで空カテゴリも表示されていたので、それも合わせて修正しました。
-------------------------------------------
Over1000-2PとOver1000-3P
HTML内に以下の赤字の部分を追加
-------------------------------------------
<head>
~ 中略 ~
<style type="text/css"><!--
~ 中略 ~
li.karaEE,span.karaEE{display

--></style>
~ 中略 ~
</head>
<body>
~ 中略 ~
<div class="left_frm">
<div class="left_box">
<!--▼▼▼▼左フレーム ▼▼▼▼-->
<!--///////アクセスカウンタータグ全ページカウントする場合はココまで //////-->
<!--▼全記事一覧ページ-->
<!--category-->
<!--category_nosub-->
<h3 class="co_num<%category_count> kara<%category_no>"><!--/category_nosub-->
<!--category_parent-->
<h3 class="co_num<%category_count> kara<%category_no>"><!--/category_parent-->
<!--category_sub_hasnext-->
<h4 class="co_num<%category_count> kara<%category_no>"><!--/category_sub_hasnext-->
<!--category_sub_end-->
<h4 class="co_num<%category_count> kara<%category_no>"><!--/category_sub_end-->
<span class="c_hide show_1p_<%category_no> co_num<%category_count> kara<%category_no>">
<a id="aaa<%category_no>" href="<%category_link>" title="【 <%category_name> 】 目次" ><%category_name></a>
<script type="text/javascript">
var a = document.getElementById("aaa<%category_no>");
a.href = "<%url>archives.html#all<%category_no>";
</script></span>
<span class="c_hide show_2p_<%category_no> co_num<%category_count> kara<%category_no>">
<a id="bbb<%category_no>" href="<%category_link>" title="【 <%category_name> 】 目次" ><%category_name></a>
<script type="text/javascript">
var a = document.getElementById("bbb<%category_no>");
a.href = "<%url>?all&p=2&template=Over1000-2P#all<%category_no>";
</script></span>
<span class="c_show hide_1p_<%category_no> hide_2p_<%category_no> co_num<%category_count> kara<%category_no>">
<a id="ccc<%category_no>" href="<%category_link>" title="【 <%category_name> 】 目次" ><%category_name></a>
<script type="text/javascript">
var a = document.getElementById("ccc<%category_no>");
a.href = "<%url>?all&p=3&template=Over1000-3P#all<%category_no>";
</script></span>
<!--category_nosub--></h3><!--/category_nosub-->
<!--category_parent--></h3><!--/category_parent-->
<!--category_sub_hasnext--></h4><!--/category_sub_hasnext-->
<!--category_sub_end--></h4><!--/category_sub_end-->
<!--/category-->
<!--▲全記事一覧ページ-->
</div>
</div>
<!--▲▲▲左フレーム ▲▲▲-->
</body>
-------------------------------------------
Over1000-3Pの修正
以下のcat<%category_no>をtcat<%category_no>へ変更
-------------------------------------------
<h2>All Titlelist ~全記事一覧~</h2>
<div class="entry">
<!--▼カテゴリー別タイトルリスト-->
~ 中略 ~
<script type="text/javascript">
<!--

var list = document.getElementsByName('cat<%category_no>');
var elm; var s;
if(list.length > 0) document.write('<ul class="hide_1p_<%category_no> hide_2p_<%category_no> co_num<%category_count> kara<%category_no>">');
for (var i = 0; i < list.length; i++) {
elm = list.item(i);
s = elm.innerHTML;
document.write('<li>', s,'</li>');
}
if(list.length > 0) document.write('</ul>');
function nw2(u1,u2,u3,u4) {
var today=new Date();
var nt=72; var c=new Date(u1,u2-1,u3,u4);
if (today-c<3600000*nt) {
document.write('<span class="new">New</span>')}
}
//--></script>
#41[2012/03/04 13:19]  Novelテンプレート管理人  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ