FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「日記」
備忘記録的なもの

12月21日の次の日の日記

こんな状態ではありますが、とりあえず12月21日を生き延びることができたようですので・・・。


12月7日夕方の地震(当地では震度4でしたが)のとき、会社の駐車場におりました。より正確に言えば、車のエンジンをかけようとしていたときでした。つまり、あの長い揺れの間、車の中にいたわけです。緊急地震速報の音を聞きながら。揺れがおさまったとき、最初に考えたのが携帯電話のことでしたから、ちっとも進歩していないことを証明したわけですが・・・。もちろん、電話が通じるはずはありません。余震がなさそうなことを確認してから車のエンジンをかけたのですが、そのときになって、「そういえば、今の地震、どの規模だったんだろう?」と思うに至ったわけです。


それにしても、<あの地震で何を学んだのか>という問いに対し、結局何も学んではいないのだということを思い知らされたわけですが、「できるだけ遠くに逃げてください。東日本大震災のことを思い出してください」というカーラジオを聞いた人たちが何をしたかというと・・・そうです、ガソリンスタンドに行列を作ったのです。おかげで、渋滞に巻き込まれてしまい、目的地に到着するのが遅れました。

(あのとき、スタンドの行列に一緒に並んだかと言いますと、答えはノーです。出かける途中でしたから。遅刻をしてはいけないと、そればかり考えていました。)

テレビが映るカーナビを買わなくてはならない。あのとき、そう思いました。ラジオをつけた理由は、地震に対する情報を仕入れるためであって、津波警報を聞くためではありません。だいいち、あのときには内陸部にいましたから、間違っても津波の心配はありませんでした。確かに逃げることも大切ですが---逃げるために正確な情報も必要ですが、ラジオを聞く人たちのほとんどにとって必要なのは津波のことではなかったはず。たぶん、テレビの音声をそのまま流していたのだろうなと思ったのですが、せめて一言アナウンスがあれば、必要のないラジオ放送を聞き続けることもなかっただろうと思うんです。

「△時△分ごろ起きた○○を震源とする震度○の地震(マグニチュード××の地震、でも可)で、○○に津波警報が出ています(以下省略)・・・」

これだけ聞けば、あとは各自で判断できるのでは?
何度も同じ警報を繰り返さずに、何度かに一度、こう言ってくれれば。
(これ、東日本大震災の時からずっと思っていたんですけど。あの日のカーラジオもあんな調子でした。内陸部の人間には、津波の情報よりも、停電で信号がついていないという情報の方が大事だと思うんですけど。あの日、地震の規模を最初に聞いたのは、午後6時か7時のニュースでした、テレビの。)


さて、その翌日の朝から、悲劇?がスタートしました。久しぶりに、あのめまいが帰ってきました。起きようとしても起きることができないんです。妙な揺れを長時間?感じたからか、「東日本大震災のことを思い出し」たからかわかりませんが。もし、後者だとすれば、相当なトラウマになっているんでしょうね。こうやってキーボードに向かっているのは、どうにか下を向いてもぐるぐると回らなくなったから、でもあります。このめまいが心理的な現象から起きるものだということが証明された?ともいえますけど、本人的には不快なことは間違いありません。


「人類滅亡」説には、1999年でもう免疫ができていますから、あまり真剣には考えてはいなかったのですが、そういえば、3月11日の地震の前にも、「3月10日に、前代未聞の大地震が来る」という噂があったことを急に思い出しました。
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ