FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「年代記  第二部」
第20章

第370回

 シャルロットはバラ園の奥の方へ歩き出した。ユリアンスキーは、フリーデリックからシャルロットに目を移した。そして、彼はシャルロットの後を追いかけ始めた。
 その場はフリーデリックとスタニスワフだけになった。
「ピアノトリオができたとき、きみは12歳だったよね。きみは悩まなかったの、音楽の道を選ぶときに?」
「スターシ、ぼくには音楽以外なかったんだよ」フリーデリックが言った。「あのときには、もうそれがわかっていた。音楽なしでは、ぼくはぼくじゃないってね」
「今のぼくには、そう言いきるだけの自信がない」
「クラコヴィアクを見捨てるの?」
「いや、ぼくがクラコヴィアクに見捨てられるんだよ」
 フリーデリックは驚いた。「何てことを!」
「クラコヴィアクは大きくなっている。年々成長している。きみとブローニャがクラコヴィアクと一緒に成長しているのが、ぼくにはわかる。今までは、ぼくも、何とかついていけた。だが、ぼくは、いつか必ず振り落とされることがわかっている。振り落とされるのを待っているぼくより、フェリックス=オルシャンスキーの方がずっと才能があるのも、ぼくにはわかっている」
「なんて弱気なんだ!」フリーデリックが言った。彼は怒るべきだと思ったが、スタニスワフが正しいことに気づいていた。
 フェリックス=オルシャンスキーは、今では3人に合流し、ヴィオラやチェロを弾くことがあった。もともとシャルロットの付き添いでレッスンに顔を出していたのだが、いつの間にか指導者たちに気に入られ、<クラコヴィアク>の準メンバーとしてステージに顔を出すまでになった。彼がヴィオラを弾くと、子どもたちの弦楽四重奏団ができるので、クルピンスキーが強力に後押ししたのである。さらに、クルピンスキーは、彼に作曲の才能があることを見抜いて、期待していた。ただし、フェリックスは、作曲を学びたかったが、楽器の演奏自体は苦痛だったので、クラコヴィアクの三人と行動を共にすることを意識的に避けていた。メンバーとみなされるのもあまり好まなかったのである。それでも、彼がシャルロットと一緒にいることが多いのは、公爵夫妻からシャルロットの面倒を見るよう頼まれていたからである。
(ちなみに、音楽以外の場面では、エドゥワルド=ユリアンスキーがこの役割を果たしていた。)
「ぼくたちのクラコヴィアクがぼくを置いていくまで、ぼくはグループに留まっていたくはないんだ」
「つまり、きみは、ロシアに行きたいんだね?」
 スタニスワフは激しく首を振った。
「じゃ、どうするつもりなんだい?」
「それがわからないから、ずっと考えているんじゃないか」
 フリーデリックが言った。「結論は、自分で出すべきだ。自分自身の問題だからだ。ただ、ぼくにわかっていることは、きみがいないクラコヴィアクは、もはやクラコヴィアクじゃない、ということだけだ」
 スタニスワフは、遠くの方でバラを眺めているシャルロットの後ろ姿に目をやった。ユリアンスキーが心配そうにかの女を追いかけていた。スタニスワフの視線を追って、フリーデリックもシャルロットの方を見た。
「・・・わかったよ」ややあって、スタニスワフが言った。「フリーツェック、ぼくは決心した。クラコヴィアクに振り落とされるまでしがみついていることにする。4年前にぼくを選んでくれた先生方の期待を裏切りたくない」
 フリーデリックは嬉しそうな顔をしてうなずいた。そして、急に真面目な顔をした。「スターシ、きみにだけは話しておきたいんだけど、ぼくたちのクラコヴィアクの最初の脱落者は、たぶんぼくだ」
「どうして?」
「ぼくは、きみより先に大学に行くからさ」
 スタニスワフは驚いた顔をした。そこまでは考えていなかったらしい。
「ぼくは、18歳になったら、外国に行って勉強しようと考えている。ぼくは、音楽家になりたいから。いや、正確には、音楽家にしかなれない・・・かな?」
「ピアノを勉強しにかい? いいね」
 フリーデリックは何か言いかけたが、やめた。「だから、あと4年、がんばっていこうよ。ね、いいだろう?」
「あと4年ね」スタニスワフもうなずいた。「そうしたら、ぼくもロシアに留学することにするよ」
 シャルロットだけは、何も知らずに無邪気に歩き回っていた。
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  
*Edit
  ↑記事冒頭へ