FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「日記」
備忘記録的なもの

ただいま自転車操業中。

きゃー、小説のストックがない。
締め切りが迫っているのに、小説が進まない。
なんだか、本物の小説家になったような気分を味わっている今日この頃です。
あれ? こんなに忙しくなるなんて。一時は900回を超えるストックを持っていたのに。


・・・というわけで、やっと101章の下書きが終わりました。どうやら、今月中は連載ストップはなさそうです。


第三部の下書きも、残すところあと4章分になりました。原作がある小説で、ちょっと広げすぎた風呂敷をたたむだけの作業(のほか、ほんのちょっとだけ第四部の種を仕込んで・・・はあるのですが)ですから、本来ならさくさくっと進められる作業内容のはず。うーん、まとまった時間があれば、こんなに苦労はしないんですが。


************************


ほかの人はいざ知らず、自分の場合は、本屋に行って手に取った小説本、最初に読むのは「あとがき」で、それからちょちょっとページをめくり返し、小説の最後を読みます。主人公が誰であれ、それまでどんな流れであったにしても、そんなことは気にしません。その小説が推理小説であってもです。

ふつう、犯人が誰かを知ってから推理小説を読む人間はごくわずかだと思いますが、自分の場合は、犯人が誰かが気になり出すと小説を落ち着いて読むことができません。ですから、ブログ小説の場合でも「この小説はミステリーです」と書かれているものは、できるだけ完結してから(最後の回を読んだあとで、最初から)読むようにしています。

(あんまり面白いので、完結前の小説に手を出して「これからどうなるのかな?」と興味を持って次の回を待っているブログ小説もいくつかはあるのですが・・・。作者さんには申し訳ないとは思うのですけど、普段はあまりそれをしません。小説が完結するまで、ひたすら雑記だけを読み続けたりします。・・・これを読んで思い当たる作者の方がいたら申し訳ありません。そんな事情からで、決して小説に興味がないわけではないのです。)

そんなこともあり、自分の小説のネタバレを結構書いてしまうのですが、余計なことなのかしら。

でも、うちの小説の場合、第150章がどういう終わり方をするのか見当がつく人は本当にわずかだと思いますが(・・・というか、現時点でそれがわかる人はわたしのオリジナル原稿を読んだ人だけだと思うのですが?)、シャルロットや、かの女を取り巻く人々が今後どういう人生を送るのかは、第二部を読んだ人なら概略はおわかりのはずだと思います。(小説の中で、すでにネタバレしてしまっていますから。)

いや、そこまでさかのぼらなくても、第101章まで読むと、よほど深読みをしない限り第105章(第三部の終わり)がどんな風に終わるのか、もうバレバレのはず。そう、101章を含む今後の5章は、シャルロットの再婚を不自然なものに感じさせないための部分と言っても過言ではありません。

第102章には、第100章で名前が出てきた<ルジツキー財閥>の当主が出てきて、タデウシに『わたしはきみを知らないが、きみはどのルジツキーの息子かね?』と皮肉を言う場面が出てきてシャルロットをはらはらさせたりしますが、全体的にはユーモア要素が乏しい章になります。第101章のように、一気に書き上げられるような楽しい話(読む方には”楽しい話”かどうかかなりあやしい?)ではないので、今度こそペダルをこぐ足が止まりそうな気がして恐ろしいです。

台風が近づいておりますので、更新作業も急ぎました。
(台風とどんな関係があるのだ?と言われると、話が長くなりそうなので省略します。)




【追記】本記事とはあまり関連しないと思って省略したのですが、リアル本屋(図書館)で本を選ぶときには、「あとがきを読む」→「小説の最後を読む」で、第一次審査終了。「いいかも?」と思った本は「ざっと読む(約3分くらい)」であらすじをつかんだ上で、主人公の名前がそれなりによければ買う(借りる)という手順を踏みます。いくらおもしろそうな小説でも、主人公の名前が「ポチ」では、さすがにじっくり読んでみようかな、という気持ちにはなれないかな?です。
(まあ、動物が主人公でなければ、「ポチ」はないとは思いますが、最近では「ヘラ」という主人公の小説を棚に戻したことがあります。ヘラという名前じたいはすてきな名前なんですが、「ヘラ、ヘラ」と呼ばれている箇所を読むと、どうも・・・。何万人いるかわかりませんが、全世界のヘラさん、ごめんなさい。・・・とかいって、うちの小説にも、ヘラさん、一人いたかも? でも名前の連呼はしなかったと思います。)
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  

~ Comment ~


なるほど

こんばんは。
後書きからというのはちょっと似ているかも。でも、小説の結末の方は読まないようにするかな。速読の真似ごとで、一度十分くらいで通読してから、安心して頭から読む、ってことはやります。だから日本語の本しか読まないのかもしれません。
でも、WEBで連載中の小説は、結末から読む事も、速読もできないんですよね。ううむ、たしかに。
私の今の感じでは「ええっ。本当にタデックと結婚しちゃうの?」という感じなんですが(だってヒーローは……みたいなかんじで)でも、先はちゃんと予想で来ていません。でも、大人しくついていこうと思っています。
サンドイッチが出てきた! と、小躍りしました。「母さんのイチゴジャム」あっという間に売り切れてしまったのが、関係ないのに妙に嬉しかったです。
#74[2014/08/10 03:07]  八少女 夕  URL  [Edit]

Re

おはようございます。
> サンドイッチが出てきた! と、小躍りしました。「母さんのイチゴジャム」あっという間に売り切れてしまったのが、関係ないのに妙に嬉しかったです。
はい、あのサンドイッチ(第一弾)が出てきましたです。第二弾が出てくるまでの間、ちょっとはらはらする展開になると思うのですが、以前日記に書いたとおり、サンドイッチは最終的に完食されますのでご安心ください(?じゃないですよね。)
> 私の今の感じでは「ええっ。本当にタデックと結婚しちゃうの?」という感じなんですが(だってヒーローは……みたいなかんじで)でも、先はちゃんと予想で来ていません。でも、大人しくついていこうと思っています。
>
シャルロットが誰と再婚するのかは、第100章連載中は黙っていようかなと思っています。(しゃべりたくてうずうずしていますが。ただ、101章まで進めば、日記の中で黙っていたとしてもばれてしまうと思います。)一つだけネタバレすると、本作品のヒーローと結婚するのではない、(あ、しゃべっちゃった)とだけ書いておきます。(だって、そしたら第四部は?・・・ってなってしまいますもの。本当に、影が薄いヒーローです。)
第三部、決して納得できる終わり方にはならないと思うのですが、これからもついてきていただけると幸いです。
コメントありがとうございました。
#75[2014/08/10 07:12]  cambrouse  URL  [Edit]














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ