FC2ブログ

年代記 ~ブログ小説~ 

「日記」
備忘記録的なもの

腐るほどの金の使い道(cambrouse編)

近頃、よくお邪魔するKU2さんのブログ(「話’-てんではなしにならない-」)で、「腐るほどの金の使い道」という記事を読みました。

そのネタが、このところずっと気になっていたので、同じタイトルで、トラックバック的な記事を書いてみました。
(ちなみに、KU2さんの「腐るほどの金の使い道」は、現在のところ「その1」と「その2」の二つの記事があります。)

昔から、といっても大学の… 2年生くらいの時からかな? 考えていた。腐るほどの金があって、それを使う。ただし、モノとして残してはいけない。だから土地買って家建てて… ってのはダメ。 …さあ、ゲームの始まり!
(「腐るほどの金の使い道 その1」より)



世界で最高のホールで、世界一のオーケストラで・・・ネタは、元記事ですでに使われているので、却下。
(でも、もしそれが可能だったら、某ホールで、サン=サーンスのオルガン交響曲を演奏してみたかった。もちろん、オルガンパートが私、ということで。)


さて、第二希望は、短足おばさんをやってみたいです。全国の中学校に、書類選考だけで大学院までの奨学金(生活費込み)を出す、というポスターを貼る、というもの。もちろん、奨学金は返済不要のものです。ただし、奨学生を決めるのはわたしなので、選考基準はいい加減なものになります。
応募書類は、生徒自身が書いた自筆の作文のみ。パソコン等で作った書類は不可。作文のタイトルは、ずばり「将来の夢」。
腐るほどお金があるので、奨学生の定員はなし。ただし、審査員の語学能力を考慮し、日本語で作文が書けない人は、残念ながら選考から外れさせて・・・しまっては身もふたもないから、日本語を学ぶための奨学金を出す、ことにします。
逆に、進学先は日本の学校かどうかは問いませんので、月でも火星でも、どこでも好きなところに留学してください。

こんな応募要領で、一体何人の希望者が集まるかはわかりません。それに、優秀な人を集めたいわけじゃないんです。だって、そこそこの優秀な人間だったら、ほかの奨学金がもらえるはずですから。


「成績が中の下だった誰かさん」よりも成績には自信がなかったので、お金もなかったけど奨学金にも縁がない学生生活を送りました。ただで学べる学校・・・というのがあればよかったのですが、そういうわけにもいかなかったし。

本当は、その「ただで学べる学校」を最初に考えたのですが、「モノとして残してはいけない」という縛りがあったので、箱物は作れませんでした。そうなると、「夢」にお金を出すしかないかな、と。
そうなると、若い人たちに奨学金を出すとか、出場者の年齢を60歳以上に絞って音楽コンクールをするとか、ブログ小説のみを対象とした文学賞を作るとか・・・あまりぱっとしない発想しか出てきません。我ながらなんて貧困な発想でしょう・・・。


・・・そんなことを考えると、腐りそうなお金?より脳みその老化による腐敗の方が心配になってきました。

そうだ、何歳になっても老化しない薬を作った人に全財産をあげる、というのはどうでしょうね?
(あとは、余暇に限り好きなだけ延長できるタイムマシンを発明してもらうとか。)
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  

~ Comment ~


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#166[2014/12/02 22:42]     

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#167[2014/12/02 22:53]     

腐るほどのお金が有ったら

焚火かなぁ。
#168[2014/12/03 21:14]  miss.key  URL  [Edit]

Re

> 焚火かなぁ。
どうせなら、その火で芋を焼いてみたいです。
・・・だけど、硬貨だと、何度で溶けるかな? 芋、ダメになっちゃうかな?
#169[2014/12/03 21:46]  cambrouse  URL 

インターネットで学べる完全通信式の大学を作り、講師をインターネットで募集して講義もテレビ会議、試験や卒論もテキストデータをネット送信、運営からなにから全部ネットですませば、理想の学校ができてしかも「もの」は残らない(みんな情報だから)、のではないかと思います(^_^)
#171[2014/12/07 22:38]  ポール・ブリッツ  URL  [Edit]

Re

> インターネットで学べる完全通信式の大学を作り、講師をインターネットで募集して講義もテレビ会議、試験や卒論もテキストデータをネット送信、運営からなにから全部ネットですませば、理想の学校ができてしかも「もの」は残らない(みんな情報だから)、のではないかと思います(^_^)
そんな学校があったら、ヤン=ウェンリーのような人なら喜びそうですけどね。軍事教練の実技ができなさそうだから(違)
腐るほどお金があるのだから、そんな学校が世界中にできそう。いや、近い将来、そんな学校ばかりになるんじゃないかしら。
勉強は好きだったけど、学校は嫌いだった。そんな学校ができたら、「今日は停電にならないかな」なんてことばかり考えそうな気がします。
うーん・・・当然、卒業証書も電子データですよね。毎月、給料明細を社内メールで読んで、「必要な方は各自プリントアウトしてください」という掲示板を見るのもむなしいと思ったのですが(しかも、データが社外に漏れたりして、ね。うちの会社の話じゃないけど)、何でも電子化というのもねぇ・・・。
ポール=ブリッツさんなら、そのネタでショートショートが書けそうな気がします。SFかホラーかわかりませんけど。(存在していたらごめんなさい。あまり数が多すぎて、まだ全部読んでいないんです・・・。)
コメントありがとうございました。
#173[2014/12/07 23:30]  cambrouse  URL  [Edit]














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ