年代記 ~ブログ小説~ 

「日記」
備忘記録的なもの

まだ結論は出ないのですが・・・

・・・やはり、このブログを一時休止しようかな、と思いました。
やめるというよりは、本体(小説ブログ)と吸収合併という形になります。


そもそも、ブログを二つ持ったのは、小説は古い順番に並べたい、日記は新しい順番に並べたい・・・ということを一つのブログで実現するのが不可能だったからです。小説テンプレートを使わなければよかったのかもしれませんが、普通のテンプレートで小説を発表するだけの技術を持ち合わせていなかったので、小説は今の形で発表し続けたかったのです。その途中、何度か日記を途中にはさめないものか、考え続けましたが、「今の形でいいや」と思うに至りました。


ところが、今度、カテゴリー別に記事を並べ替えることが出来るようになりました。
小説は中断中で、広告が出る状態になり、今、二つ(正確には三つ)を抱え込むのが大変になってきました。
たぶん、潮時なのかもしれません。


それこそ、合体させる準備をする時間を作るのが大変ですので、いますぐどうこうする予定はありません。
そう遠くない将来、ひとまとめにしようと思っている、という段階でしかありません。そのとき、このブログをやめちゃうかどうかはまだ決めていません(というか、piyoがくっついているので、piyoをやっているうちはブログを放置、ということになると思うのですが)。


もっとはっきりしたことが決まり次第、正式にご挨拶したいと思いますが、せっかく日記から表紙をはずしたのに、またワンクリック以上しないと日記が見られない状態に逆戻りすることになって申し訳ないと思います。
ただ、タイトルにも書いたとおり「まだ結論が出ていない」状態ですので、引っ越ししようと思ってもタイミングを逃して、「まぁ、このままでもいっか」で終わっちゃう可能性もあります。
人騒がせな記事を書いてしまって申し訳ありません。
いきなりお引っ越し、というのも迷惑だろうと思いまして、記事にしてみました。
関連記事
 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第一部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第二部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記  第三部
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 SIDE-B
総もくじ 3kaku_s_L.png 年代記 外伝
もくじ  3kaku_s_L.png データベース
もくじ  3kaku_s_L.png 設定
総もくじ 3kaku_s_L.png 更新
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ 3kaku_s_L.png 日記
  ↑記事冒頭へ  

~ Comment ~


NoTitle

そうそう、カテゴリーに入れてしまえば、
小説、日記と併用できます。私はずっとカテゴリー別に
やってます。
泣かなくていいよと、ボクに言っておきました。
そしたら、「お姉ちゃんが4年前に書いた、
『カラマーゾフの兄弟』の感想文をうつすから大丈夫」などと
ほざいていました。(笑)
長い小説と言えばいま、長いのを読んでます。
フランソワーズとクラリスは魅力ある人物です。
あの頃の女性作曲家たちは性差別もあって
能力があっても認められないことが多かったですよね。
クララ・シューマン、パタジェフスカ、ファニー・メンデルスゾーン、
ブーランジェ、シャミナード・・・とか。
いかん、仕事だ!(笑)
#263[2015/08/06 13:51]  エリアンダー  URL 

Re

> 泣かなくていいよと、ボクに言っておきました。
> そしたら、「お姉ちゃんが4年前に書いた、
> 『カラマーゾフの兄弟』の感想文をうつすから大丈夫」などと
> ほざいていました。(笑)
あ、それはやめた方がいいかもです。
同級生の男の子が、お姉ちゃんの読書感想文を写していって、担任の先生に『これ、ホントにおまえが書いたのか?』と言われて、『・・・実は・・・』と白状し、笑いものにされた、ということがありました。できのよすぎるお姉ちゃんを持つ弟も大変です。
そういえば、エリアンダーさんのところでも、『これ、ホントにおまえが書いたのか?』疑惑の話がありましたよね?
自分でちゃんと書きなさい、とボクにちゃんと教えてあげないと(笑)
コメント欄には書き切れなかったのですが、「戦争と平和」に限らず、上(中)下巻という長い作品の場合、下巻の「後書き」を読むと前半を読まなくてもあらすじがわかったりしますよね? 親切な本だと「これまでのあらすじ」がついているので、何とか感想文が書けちゃったりします。下巻を読んだなら大丈夫、感想文、書けますよ(たぶん)。
逆に、上巻だけ読んで感想文を書いちゃった友人の方がすごいと思いますが(校内読書感想文コンクールで金賞受賞)、彼女の話を詳しく書くのは差し控えさせていただきます。今、現役の小学校教師なので、彼女の生徒の手前、こういう話を暴露するのは・・・???
> 長い小説と言えばいま、長いのを読んでます。
> フランソワーズとクラリスは魅力ある人物です。
> あの頃の女性作曲家たちは性差別もあって
> 能力があっても認められないことが多かったですよね。
> クララ・シューマン、パタジェフスカ、ファニー・メンデルスゾーン、
> ブーランジェ、シャミナード・・・とか。
> いかん、仕事だ!(笑)
その後、ちゃんと仕事に戻られたでしょうか?(笑)
さて、不遇な女性の作曲家ナンバーワン?は、やはりルイーズ=ファランクだと思います。
上記の作曲家たちとは違い、生前は超有名人だったのに、亡くなったとたん忘却の彼方に・・・。
(19世紀の人間なのに、楽譜すらほとんど残されていないって、そんな・・・。)
どこかからまとまって作品が発掘されるといいんですけどね。
コメントありがとうございました。
なかなかお引っ越しに手をつけられずにおります。
#264[2015/08/06 22:55]  cambrouse  URL  [Edit]

NoTitle

ルイーズ・ファランク、どっかで見た名前。
本棚の「女性作曲家ピアノ曲集」を引っ張り出してみたら、
あった! ファランク「即興曲」の楽譜があった。
「非常に短い曲ですが、精神の凝縮を超越したさわやかさを感じます・・・」との
分けわからん評が・・・。(笑)
さわやかになろうと思ってyoutubeで「即興曲」を探したけどなかった。
交響曲などはたくさんあったのですが。
WIKIをみると、「ファニー・メンデルスゾーンやクララ・シューマンとは対照的に、
ファランクは女性作曲家として健全な自覚を抱いていたにもかかわらず、死後に
忘却の憂き目に遭った」とありますが、
この「健全な痔核・・・、じゃなかった自覚」ってどういう意味ですか?
ファニー・メンデルスゾーンやクララ・シューマンは自らの意志に反して
作曲から身を引いたのに、ってことを言っているのかな。
って・・・、スレから大きく話がそれましたね、すみません。
#265[2015/08/07 23:12]  エリアンダー  URL 

Re

> ルイーズ・ファランク、どっかで見た名前。
> 本棚の「女性作曲家ピアノ曲集」を引っ張り出してみたら、
> あった! ファランク「即興曲」の楽譜があった。
> 「非常に短い曲ですが、精神の凝縮を超越したさわやかさを感じます・・・」との
> 分けわからん評が・・・。(笑)
> さわやかになろうと思ってyoutubeで「即興曲」を探したけどなかった。
> 交響曲などはたくさんあったのですが。
あ、本当ですね。交響曲を聴いてみたいとずっと思っていたのですが、今はyoutubeという便利なものがあったことをすっかり忘れておりました。
「さわやかさ」・・・そうですね、彼女の作品を聴いた第一印象はまさにそれかもしれません。
楽譜は一つも持っていないのですが、「即興曲」弾いてみたいなぁ、と思いました。
> WIKIをみると、「ファニー・メンデルスゾーンやクララ・シューマンとは対照的に、
> ファランクは女性作曲家として健全な自覚を抱いていたにもかかわらず、死後に
> 忘却の憂き目に遭った」とありますが、
> この「健全な痔核・・・、じゃなかった自覚」ってどういう意味ですか?
> ファニー・メンデルスゾーンやクララ・シューマンは自らの意志に反して
> 作曲から身を引いたのに、ってことを言っているのかな。
> って・・・、スレから大きく話がそれましたね、すみません。
うーん。今度は国語の勉強ですか(苦笑)。
想像でものを申しますが、ファニー・メンデルスゾーンやクララ・シューマンの場合と、ルイーズ・ファランクの場合では夫(兄弟?)の知名度が全く違います。
自分だけかもしれませんが、ファランク夫人のご主人を「一般的な」音楽史の本で見かけたことはありません。
ファランク夫人の場合は夫や兄弟の七光り(を全く受けなかったわけではありませんが)というものの力を借りずに、自分の実力で作曲家としてキャリアを積み重ねていかなければなりませんでしたし、彼女はそれをやり遂げました。今で言うキャリアウーマンの先駆け?的な存在の人間だったわけです。ファニー・メンデルスゾーンやクララ・シューマンは、音楽院の作曲科教授を目指して作曲活動をしたわけではありませんから、彼女たちのもともとの方向性がまるっきり違ったのです。たぶん、wikiさん?は、それを言いたかったんじゃないでしょうか。・・・と思った次第です。
・・・この話、確かに、自分の記事本体ともエリアンダーさんのコメント欄の話とも、全く違う話になってしまっているので、ここではあまり深入りしない方が良さそうですね。
コメントありがとうございます。毎日暑いのですが、「さわやかな」音楽を聴いてお過ごしください。「三重奏曲」、イチオシです。
#266[2015/08/08 00:38]  cambrouse  URL  [Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#267[2015/08/09 08:58]     

鍵コメ様へ

わあ、ありがとうございます。あす、さっそく試してみます。
鍵コメ様のブログの方にもお礼を書いておきました。本当にありがとうございます。
(画像をダウンロードして持ち帰ってしまいましたが、著作権の問題?とか、ご迷惑をおかけするようなことがありましたら破棄します。あと、youtubeにアップしろ、というような無茶なことは言わないでくださいね。)
#268[2015/08/09 23:25]  cambrouse  URL  [Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#269[2015/08/10 21:58]     

鍵コメ様へ

・・・なんか、007の指令みたいですね。
さわやか、というよりは情熱的なんですね。
どうもありがとうございました。
大切に使わせていただきます。
#270[2015/08/10 23:09]  cambrouse  URL  [Edit]














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ